2in1PCでパソコン・タブレットの世界が広がる

機動性を損なわない圧倒的な軽量

タブレット、パソコンどちらも完璧

スマホにしろ、タブレットにしろ、機動性では申し分ありません。しかし、パソコンでないと困る仕事があるんです。

また、それも、ウィンドウズでなければならないという場合もあったりします。

そんなときに本当に重宝するというか、もう後へは戻れないくらいインパクトがある商品だと思います。

価格によって異なるスペック

使用目的に合わせた選択が重要です

比較的高価格の機種

処理性能が早く、タイピングもしやすくなっています。そのために、ストレスなく使えることは間違いないでしょう。

比較的低価格の機種

2in1PCの選び方

CPUの種類や能力から選ぶ

2in1PCで使われているおもなCPUは、現状「Atom」「Core m」「Core i」の3タイプがほとんどです。

CPUの名前の後につく数字が大きくなるほど、性能が高くなると言うことなんです。

メインメモリーの容量から選ぶ

メインメモリーが2GBしかない機種は複数のタスク処理を行うと、動作が一気に重くなります。

また、2in1PCはメモリー増設に対応していないことが多いので、初めからメインメモリーを4GB以上搭載したモデルを選ぶべきですね。

ストレージの容量から選ぶ

普通のノートパソコンであれば、ハードディスクがふつうですが、2in1PCは、軽量コンパクトのために「eMMC」や「SSD」が採用されています。

これもメインメモリと同様に、増設は不可能なので、はじめから32GB以上の機種を選ぶべきです。

画面のサイズや解像度から選ぶ

大きい方が見やすいのですが、その分、本体も大きく重くなってしまうので慎重に選びましょう。

携帯性重視なら10.1インチや11.6インチ。動画視聴をするならば12インチや12.5インチが適当なサイズだと思います。

その他の選ぶための視点

サイズ、重さ、バッテリーの駆動時間などを総合的に考えて選んでいったらいいでしょう。

持ち運びや携帯性を重視したら、サイズはコンパクト、さらにバッテリーの駆動時間はできるだけ長い方が使い勝手はよくなります。

どんな種類があるのか

大きく分けたら3つに分けられる

1.コンバーチブル型

キーボード部分と液晶部分は分離せず、タブレットにもノートPCにもなります。

現在、コンバーチブル型の2 in 1 PCは、ノートブックやタブレットの形状以外にテントモードや、スタンドモードというスタイルに変形できます。

一つ難点として上げるなら、重い点でしょうか。キーボードも一緒に持っているわけですから、手で持ちながら使うのは適していません。

2.セパレート型

キーボードと液晶が分離する2 in 1 PCです。レバーをスライドすると、液晶キーボードを分離します。合体するときは液晶をキーボードに差し込みます。

このタイプの難点は、ファンレスの液晶側にCPUがあることです。そのためにCPU性能が少し劣ると言うことです。
3.タブレット+純正カバー型
専用のキーボードカバーが付いていますSurfaceシリーズが有名ですね。

専用のキーボードカバーはマグネットで装着します取り付け・取り外しはとっても簡単ですね。

難点としては、スタンドを出す操作にやや手間がかかることです。タイピングしにくいと感じる方も多いみたいです。

2-in-1PCが役に立つ場面

用途に応じて、柔軟に使える

タブレットと違って、キーボードも使えるので、仕事の効率が格段にアップします。また、ノートパソコンより圧倒的に省スペースなので、ひざの上でも作業できます。

テントモードにすれば、タブレットのよさを生かして、キッチンなど、狭いスペースで使用ができます。レシピの検索などが考えられますね。

また、完全にタブレットにすれば、読書やネットサーフィンが簡単にできます。タッチやスワイプを使って、アプリやゲームに使えますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする