癒しの猫カフェで猫を抱っこしたい

猫の行動を見ているだけでもいい

猫を抱っこできるかどうかはともかく

猫を抱っこしたら、ほんと、ふにゃふにゃしてるし、体温はほんのりと高め。かなりの確率で癒されるでしょう。

猫カフェによっては、たくさんの猫が気ままに遊んでるなかで、お客に甘えてきたりしてきます。そして、ちょっと猫を抱っこしてみることができるところがあります。

猫カフェにおけるマナーや注意

猫カフェとは猫を見たり猫と触れ合うことができる飲食店

猫カフェの経営者は、第一種動物取扱業における「展示」という登録をしていなければなないのです。

このルールのおかげで、猫カフェという猫にとって快適な職場が実現したわけです。

猫カフェに関する法律

どのタイプの猫カフェでも共通していることがあります。それは、午後8時~10時までの時間帯で1歳を超える成猫を展示する場合は、猫のストレスレベルを高めないため「1日の展示時間が12時間を超えない」、「休息できる設備に自由に移動できる」などの条件を満たさなければならないとなっています。

これは2016年6月1日から施行された「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令等」によって義務化されているんですね。

猫カフェの基本ルールはどんなもの?

猫たちにストレスを与えないためのルール

これらのルールがない店はモグリですね。まあ、店ごとに微妙な違いはあるんですが、だいたい共通している部分は次のような感じです。

ペット同伴では入店してはいけません。お酒に酔った状態では入れません。猫アレルギーの人は必ず医師の維持を受けることが必要です。

それから、猫を無理やり抱っこしてはいけません。えさや飲み物は許可した物だけです。そして、食事中の猫には触ってはいけません。

特定の猫を独り占めすることはやめてください。写真を取るときにフラッシュはダメです。寝ている猫は無理に起こしてはいけません。

他にケガさせられても、自己責任だとか、猫を追いかけてはいけないとか、小学生の入店は事前確認が必要だとかです。

それから、まず禁煙だと言うことです。

猫に好かれるコツがある

すぐに結果を出そうと思わす、ゆっくり付き合って

猫たちと仲良くなりたかったら、まず、基本的なつきあいかたのコツは知っておいた方がいいでしょう。少なくとも嫌われることだけは避けられると思います。

1.急な動きをしたり、上におおいかぶさる威圧的な動きを避けて、猫の目線になって接する
2.無理に追い掛け回さないで、猫が安心できる距離を保つこと
3.低い声や大きな声は猫が怖がるので、高めの声で優しく話しかけること

どうですか。猫の立場に立てば当たり前のことですね。

猫カフェは、かわいい猫と触れ合いたいという、人間の欲を満たす事だけを考えがちですが、実際は、猫という生き物を尊重しなければいけないところです。

というわけで、猫の心や体にダメージを与える行動は禁物なんです。猫カフェに行くなら、マナーを守って、こころおきなく猫と触れ合いたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする