2月は如月、その呼び名の由来と時期は?

日本の月の名前は 旧暦で呼ばれていたもの

二十四節気に基づくものが多い

それぞれの月の名前は季節の節目にあたる二十四節気を元にしていることが多いんですね。これは、時候の挨拶でおなじみのものだと思います。

きさらぎは衣更ぎの読みで、その意味は、草木の更生、生まれ変わることだそうです。着物をさらに重ね着る意とするのは間違いだということです。

また、字そのものは中国におけるの2月の異名、「如月(じょげつ)」に由来しているといわれます。

旧暦の読みがそのまま残っている

今よりももっと春に近い

如月は、もともと旧暦の2月のことを意味します。しかし、これは、太陽暦である新暦では3月頃になってしまいますね。

理由は旧暦は月の動きを元に決めますが、二十四節気は太陽の動きを元にしているからです。季節感はこの二十四節気が正しいので、どうしてもずれます。

旧暦の如月は秋分を含む新月から新月の月をさすことになるんですね。だから3月末頃から4月末頃になるわけです。

きさらぎと呼ぶ由来

漢字は中国由来のもの

日本でこの漢字が「きさらぎ」と読まれるようになったのにも、いくつか 由来があるんです。

よく言われているものには

衣更着

寒さがぶり返し、衣を更に着る月であるから

生更ぎ

春に向かって草木が生き返り、芽吹く季節であるから

気更来

陽気がさらに増す季節だから

来更来

お正月に迎えた「春」が、更に春めいてくるから
などがありますが、最も品格のある説は2番目の「生更ぎ」だそうです。

2月の如月以外の別名もある

日本語の豊かさを示す一例

2月には如月以外にも 異名があります。本当にたくさんあるのですが、一部分だけになりますが紹介しておきます。、

・仲春(ちゅうしゅん)
・建卯月(けんうづき)
・梅見月(うめみつき)
・木目月(きのめづき)
・木芽月(このめづき)
・雪消月(ゆきげしつき)
・小草生月(おぐさおいつき)
・草木張月(くさきはりづき)
・初花月(はつはなつき)
・雁帰月(かりかえりつき)

どのなまえも春の訪れを感じさせるもので、何となくおしゃれに感じますね。

たとえば、「仲春」は旧暦の春(1月・2月・3月)の 真ん中を意味する言葉だそうです。
また、「雁帰月」の「雁」とは、カモ科の水鳥。越冬した雁たちが、シベリアへと帰っていく季節を表しているわけですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする