ピロリ菌の除菌でがんリスクが減らせる

胃がんの原因、ピロリ菌が主犯

なんと、60歳以上の半数以上がピロリ菌保有者

ピロリ菌を保有していたら、すぐにがんになるのかというと、そういうことはありません。しかし、多くの人が胃にさまざまな影響を与えています。

ストレスや胃酸が原因とみられていた胃炎や胃潰瘍などの原因が、1983年にピロリ菌が発見されてから、胃炎や胃潰瘍、さらに胃がんに関わっていることがわかってきたんです。

すなわち、ピロリ菌から毒素が発生し、それによって、胃の慢性的な炎症を起こし、胃粘膜が受けたダメージのために、胃酸によって粘膜が傷つきます。

そういった過程で潰瘍ができ、さらには、感染者の約1割の人が胃がんにかかりやすくなっている、といわれています。

ピロリ菌について知っておこう

現状は半数が保菌している

ピロリ菌は、ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)が正式名称です。人間の胃粘膜に感染し、強酸化の環境で生育する細菌なんです。

現在、日本人は2人に1人がピロリ菌に感染していると見られており、感染が確認された場合は除菌治療を受けることが望ましいとされています。

感染の原因は明らかではありません。ただ、口からの経口感染や、糞便から口へと移る糞口感染が多いといわれています。

また、感染している人から小さいお子さんへ口移しで食べさせたり、不衛生な環境での飲食で感染したり、さらに、ペットから媒介することもあるようです。

小さい子供ほど免疫力が低いので感染しやすいわけです。また、大人になってから感染することはあまりないそうです。

最近では、感染者は減少傾向にあります。しかし、一度感染すると菌はほぼ一生住み続けます。

ピロリ菌にも種類がある

東アジアのピロリ菌は強力

ピロリ菌にもいくつかの菌種があるそうです。東アジア株と呼ばれる日本のピロリ菌は欧米のピロリ菌に比べて毒素の産生量が多いのです。

したがって、他のピロリ菌と比較して胃がんを発症させる力がとても強い菌だといわれています。

そういうわけで、ピロリ菌の菌種が異なるの、海外のデータを日本に当てはまることはあまり適当ではないと言われています。

すなわち、日本、朝鮮半島、中国やシベリアの東部など東アジア株のピロリ菌が多く感染する地域では、除菌による胃癌予防効果が認められるんですね。

しかし、その他の地域ではピロリ菌自身の毒性が低く、胃癌リスクが低いので除菌による効果は認められないと言うことになるそうです。

ピロリ菌除菌は保険がきくのか?

条件に合わないと高額になる

ピロリ菌の感染検査や除菌治療は保険適用の対象です。しかし、保険診療で受けるためにはいくつか条件があるんですね。

まず、内視鏡検査を受けて早期胃がんやピロリ菌が原因の慢性胃炎がみつかることが条件です。

また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療中か治療経験があったり、胃MALTリンパ腫や特発性血小板減少性紫斑病にかかっていたら、保険診療で検査や除菌治療が可能になるんです。

もし、そうでない場合には全額自己負担の自由診療になってしまいます。お医者さんによく相談して進めたほうがいいと思います。

ピロリ菌検査の流れ

一次除菌

2種類の抗菌薬と胃酸の分泌を抑える薬を加えた3種類の薬を、1日朝晩2回、7日間服用します。

そこで除菌が成功したかどうかは、約6週から約8週後に行う検査で判定します。失敗した場合には二次除菌を行います。

二次除菌

抗菌薬を変更して、再び除菌治療を行います。薬の使い方、検査などは一時除菌と同じです。

三次除菌

二次除菌で除菌できなかったときに選択できる診療です。ただし、全額自己負担の自由診療になります。

2回の除菌治療が失敗している場合は、体内のピロリ菌が多くの薬に耐性を持ってしまっている可能性があります。そこで、新しい薬や服用期間の延長のことを検討します。

逆流性食道炎のリスク

除菌治療終了後に、胸やけなど逆流性食道炎の症状が起こるケースがあります。

これは、除菌治療で服用する薬には胃酸の分泌を抑えるものがあるため、低下していた胃酸の分泌が服用をやめたとたん正常に戻ることが原因といわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする