ひな祭りの花、桃は咲いてないのになぜ?

旧暦の3月3日は桃は満開

現在は温室咲きの桃で桃の節句を彩る

桜が咲く前の3月下旬から4月頃にかけて、ピンクの花が咲き誇る風景を見たことありますね。あの風景はだいたい実桃といって、ほかにも赤、白の桃に花もあるんですよ。

花の大きさは3~4cmくらいです。花の形も一重咲きや八重咲きなど、バリエーションがありるんです。

先ほども言った、実桃は、桜に似た一重のものが多くて色もピンクです。花桃は八重桜に似ています。

花の色が艶やかで、それを楽しめる桃は、女性を象徴する存在として古くから愛されてきたんだそうです。

桃の漢字の兆は妊娠の兆し

花の色から生まれた桃色という色名

桃が「もも」と呼ばれるようになったのは、桃の実が赤いことからきているそうです。赤く燃えるような色なので「もえみ(燃実)」が転じて「もも」と呼ばれるようになったそうです。

中国で生まれた桃の花

桃は2500年ほど前から中国で栽培されていたそうです。古来からさまざまな書物に桃の記録が載っています。日本には弥生時代以前に伝わったことそうです。

桃の花は、厄払いや魔除けの力を持ち、長寿をもたらすといわれているんです。そのパワーに人々が救われたという多くの伝説が伝えられているそうです。

桃の花を上巳の節句に供えるのも、桃の花の持つ生命力の象徴としての面からです。そして、桃をひな祭りに飾る習慣が続いているんですね。

五節句のうちの1つ「桃の節句」

もとは季節の変わり目に備える食べ物

節とは季節の変わり目の事です。陰暦の二十四節気を補助するものとして定められています。

その、節のうちでも、特に気候が変わりやすい節目を五つの節と定めて、これを無事に過ごせるようと無病息災の厄祓い日とした風習からきているんですね。

五節句は1月7日の人日(別名:七草節句、白馬の節会)、3月3日の上巳(別名:桃の節句)、5月5日の端午(別名:菖蒲の節句)、7月7日の七夕(別名:星祭)、9月9日の重陽(別名:菊の節句)の5つの節句のことを言います。

節句は、宮中の行事で、天皇などに対して、節に出された料理を節供(せっく)と呼んだところから来ているそうです。

ひな祭りは上巳の節句

ひな祭りの起源は旧暦で上巳と呼ばれる3月3日に、みそぎ払いのため水辺で身を清め、季節の植物を食べる曲水の宴という風習からきていると言われています。

さらに、その頃は桃の花が盛んに咲くことから、上巳の日は別名「桃の節句」と呼ばれるようになったんですね。

雛人形の由来はちょっと怖いかも

人形は災いを引き受ける身代わりになった

平安時代に、貴族の子女が「ひいな遊び」をしたという記録が残っているそうです。その遊びの中で、紙などで作った人形と道具を使って遊んだところからきているんですね。

その後、人形は、季節の節目の行事における身代わりとしても使われたんです。紙人形に厄を移し、身代わりとなった人形を川へ流して災いを遠ざけるんですね。

各地で行われている「流しひな」は、この風習の名残といわれているんですね。

ひな人形は江戸時代に飾り雛経へ

江戸の中期、元禄時代のころには、人形を使った季節の風習が庶民にも広たっていたそうです。そして、次第に豪華なひな人形が作られるようになったんです。

しかし、江戸後期には贅沢を規制する幕府方針が出ます。そして、小型で細密な雛が作られるようになります。そして、庶民向けの段飾りも生まれたそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする