青春18切符とは?その買い方使い方

のんびりと列車の旅を楽しみたい

これ以上のオススメ切符はない!

みなさん、「青春18きっぷ」って知ってますか?名前から考えても、どうしても若い人のための割引切符というイメージですよね。

でも、これが、結構、年配の人や、自由な旅を楽しみたいという年齢を超えた利用者がたくさんいるということ、ホントなんですよ。

何せ、何処まで乗っても、切符一枚だけだし、それも、5日分セットになっているし、片道料金が1200円以上なら、得する計算です。

ただ、利用方法をしっかり把握しておかないと、後で、あれ、しまった、なんてことにもなるので、割引を最大限活用して、ゆっくり鉄道の旅を楽しみたい人は「青春18切符」利用しましょう。

鉄道ならではのゆったりとした「旅」

根強い人気がある定番切符

正式には「青春18きっぷ」です。「切符」がひらがななんですね。この切符、根強い人気があるそうです。

JR全線共通で、日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席、さらバス高速輸送システムおよびJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りできるんです。

青春と言っても年齢には何の制限もありません。逆に、高齢の方がゆったりと旅行されると言うこともかなり多いと聞いています。

一人での5日間の旅行にも使えるし、5人グループでの日帰り旅行にも使えます。

「青春18きっぷ」の発売時期と利用期間

春季

発売期間は2月から3月までで、利用期間は3月1日から4月10日あたりまでです。

夏季

発売期間は7月から8月までで、利用期間は7月20日から9月10日あたりまでです。

冬季

発売期間は12月いっぱいで、利用期間は12月10日から1月10日あたりまでです。

「青春18きっぷ」のの値段

11,850円(おとな・こども同額)です。

「青春18きっぷ」の発売箇所

全国のJRの主な駅、JRの旅行センターや主な旅行会社で発売しています。

「青春18きっぷ」の使い方

5回分1枚の切符ですが、いくつかの使い方が可能になっています。
・一人で5日間使う(5日間連続した旅や、5回に分けての日帰り利用)
・5人グループで日帰り旅行をする。
・3人のグループで日帰り旅行をする。のこりの2回分は、2人で日帰り旅行をする。

「青春18きっぷ」の注意点

・1回分で、こども2人は利用できない
・グループ利用の場合は、同一行程でしか利用できない

「青春18きっぷ」の使い方

自動改札機は通れません。駅員がいる改札口で、切符を見せると、利用記録の為のハンコを押してくれます。一度ハンコをもらえば、その日はその切符を駅員に見せるだけで大丈夫です。

利用できないパターンもある

特急や急行列車、新幹線は乗車券も必要?

「青春18きっぷ」は時期が決まっているのでその期間しか使えないと言うことはわかっていただけましたね。

もう一つ、しっかりとわきまえておかないと、地方に行って少し残念なことになります。
それは、特急や急行の利用はできないということです。もともと、「青春18きっぷ」のは、普通運賃だけで乗れる列車のため切符なんですね。

もし特急(新幹線含む)・急行列車、グリーン車に乗車する場合は、特急券・急行券・グリーン券等必要なきっぷのほかに、さらになんと、「普通乗車券」を別に買わないといけないと言うことなんです。

ようするに、「青春18きっぷ」は何の意味もないことになり、へたすると、元が取れないことにもなります。

要するに、時間の制約がない、のんびり旅には「青春18きっぷ」は最適だけど、欲張って、早く行きたいなと思う人にはとんでもない無駄な切符になるんですね。

「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」とは

北海道新幹線の特別切符

奥津軽いまべつ~木古内間、道南いさりび鉄道 木古内~五稜郭間ともに片道1回乗ることが出来るオプション券のことです。

発売期間をは「青春18きっぷ」利用期間の最終日までです。北海道新幹線と道南のローカル線「道南いさりび鉄道」の旅行に使えるということですね。

この、「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」はあまり得のように感じないですが、飛行機やフェリーで北海道に行って、帰りは新幹線で帰るというパターンでは安くなるみたいです。

これは、「青春18きっぷ」で新幹線に乗れるという特例中の特例です。この券を使用する場合、よく使用方法を研究したほうがいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする