クリスマスプレゼントの由来と現代での意味は?

クリスマスにはプレゼント、のわけ

クリスマスプレゼントに秘められたその思いを知ろう

クリスマスが近くなると、子どもたちはどんなプレゼントをもらえるのかワクワクしているでしょう。

また、恋人同士はプレゼント交換にドキドキしながら、クリスマスの夜を待ちます。

子どもの頃は親や「サンタクロース」からクリスマスプレゼントをもらうんですよね。

そして、大人になると、恋人や夫婦の間でプレゼントを贈りあったり交換したりするわけです。

クリスマスプレゼントは当たり前?

いまや、当然のようにクリスマスにはプレゼントを贈っているわけですが、これって、なぜでしょう?

もともと、クリスマスのプレゼントは、本来、子供に贈るものであって、恋人同士や夫婦の間で贈るようになったのは、その延長線だということです。

というわけで、最近は子どもは親や「サンタクロース」からクリスマスプレゼントをもらい、大人になると、恋人同士や夫婦の間でプレゼントを贈り合ったり交換したりするようになったわけです。

クリスマスの由来はキリスト生誕祭

キリストにプレゼントする?

大きなお祭りになると、その由来にはさまざまな説が出てきますね。クリスマスも世界で祝うお祭りです。もちろん、クリスマス自体はイエス・キリストの生誕祭ですね。

伝説では、イエス・キリストが生まれた時、三人の占星術師がお祝いにやってきて、この三人からの黄金などの贈物が、クリスマスプレゼントの由来だと言うことになっています。

さらに、聖書にある次の文です。
イエス・キリストいわく、「わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである。」(マタイによる福音書 25章40節)

ようするに、困っている人を助けたり、誰かに優しくすることは、イエスに対してしていることと同じなんですね。

このことから、人に優しくしたり親切にすることは、イエスに贈り物をしていることと同じなんだという考えが定着していき、クリスマスプレゼント、という習慣になっていったとも言われています。

サンタクロース伝説の誕生

北欧の伝説と融合した「サンタさん」

4世紀の小アジアに実在したカトリック教会司教、聖ニコラウスの伝説が残っています。それは、困った人たちへ贈り物をしたことなんです。

ニコラウスは、貧しい人や子供達を助けたことで多くの人に慕われ、後に聖人とされて聖ニコラウスと呼ばれたんですね。

それが、歴史の中で、聖ニコラオスはカトリック教会によって、クリスマスのお祝いと結び付けられるようになったそうです。

北欧には昔から、クリスマスにはソリに乗った妖精が贈り物をくれるという伝説があったそうです。

その伝説と聖ニコラウスの逸話が融合しました。そして、現在の、ソリに乗って大きな袋を抱えた姿のあのサンタ・クロースが誕生したわけですね。

聖ニコラウス伝説とは?

ある一家があまりの貧しさから、その家の三人の娘を過酷な仕事に出さなければならなくなりました。

その一家に同情したニコラウスが真夜中にその家を訪れ、一家の屋根にある煙突から金貨を次々と投げんだのですね。

その金貨は、たまたま暖炉に干してあった靴下の中に入り込んだわけです。翌朝、一家は目が覚めると靴下に入っている金貨に大変驚いたというわけです。

ニコラウスが投げ込んだ金貨のおかげで、娘たち三人は窮状をまぬがれた、という話なんですね。

この逸話から、サンタクロース・煙突・靴下といったものが広まっていったと言うことなんです。

恋人同士のクリスマスプレゼント

日本だけが特別なクリスマスナイト

どうして恋人にクリスマスプレゼントをあげるのようになったのでしょうか。今や、日本のクリスマスではあたりまえのようになりましたね。

これも、いつの間にかそうなっていった、というよりも、宣伝やうわさがひろまって、そういうことがいいんじゃないという、クチコミが広まるような要素があったのではないかといわれています。

クリスマスはロマンチックなイベントですから、ただ、デートするだけでなく、そこにプレゼントが加われば、二人の距離が一気に縮まるということなんですね。

結局、クリスマスは大事な人やお世話になっている人へ、プレゼントを渡す日ということにもなっていったわけですね。
す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする