卒業旅行で思い出づくり、どこが一番楽しめる?

卒業までのカウントダウンの思い出づくり

かしこく楽しく、絆づくり

学園祭シーズンが終わって、卒業テストが終わったらいよいよ、卒業旅行の時期です。

さあ、行こうと思って予約を取ろうと思っても、いい宿はもうすでに予約でいっぱい。だいたい、12月には予約しておかないと、素敵な宿は取れないようです。

また、最近の外国人の旅行ブームでますます宿が取りにくくなっているのが現状。その当たりも見越して、まずやるべきは「予約」です。

ホテルにも卒業旅行用プラン

ホテルや旅館も卒業旅行に合わせた、宿泊プランを用意していますよ。大部屋プランやグループ特典などを活用して、安くて楽しい旅行を計画しましょうね。

卒業旅行で深まる友情

アクティビティではしゃいだり、おいしいものを食べて温泉でゆったりしたり学生仲間とのお思いでは格別です。

スナップ写真もいっぱい撮って、学生生活最後の思い出や友達との絆づくりを卒業旅行に残しましょうね。

卒業旅行人気ベスト4

内容をみて、他のコースにも生かそう

1.東京ディズニーリゾート

楽しい思い出づくりで、ずっとナンバーワンの地位を維持しているのが東京ディズニーリゾート。

個人で行くよりもグループ旅行に合ったプランがたくさん用意してあるので、それを検討した方がいいでしょう。

学割にあたるキャンパスデーパスポートがあります。これは、入園料が安くなるだけでなく、ディズニーランドとディズニーシーのどっちに行くかを当日に選べます。

入園窓口でのパークチケットへの交換は不要です。そのままパークに入って、思いっきり遊ぶことができます。

交通手段も学生ならではです。往復航空機を利用すると、割引がありますね。空港とつなぐバスが無料で乗れたりします。

新幹線の日帰りプランも要検討ですね。ホテル代を浮かせて、他に回そうという人にはぴったりかも知れません。

もっと安く、そして、思い切り楽しみたい人には、夜行バスプランがオススメですね。無駄な出費を抑えて、なおかつ楽しみは増やそうという欲張りプランです。

2.九州

九州地方は、数多くの温泉が人気です。特に大分県「由布院温泉」「別府温泉」と、熊本県「黒川温泉」が人気です。

自然美と情緒豊かな町の散策、個性豊かな温泉など、ロマン豊かな温泉旅が思い出をふやしてくれます。

今まで感じることができなかった貴重な体験が、九州の旅にはたっぷりあります。五感を満たす、素敵な旅が待っていますよ。

北の福岡から南の鹿児島まで、広い九州には遊びのスポットがいっぱいあります。自然や温泉、歴史スポット、グルメ、テーマパークまで、九州には旅の魅力が満載ですよ。

さらに、グルメもたっぷり楽しめのがる九州です。卒業旅行のシーズンの九州は気候も穏やかで過ごしやすいので、外せませんね。

3.沖縄

冬から早春は沖縄の穴場シーズンなんですよ。それでもとっても過ごしやすいんです。夏に比べて観光客もぐんと減るので、ゆっくり観光できますね。

沖縄では、1月から2月にかけてが桜のシーズンになるので、一足先に桜を「花見」できるのもうれしいですね。

最近の人気スポットとしては、古宇利島。ハートの形をした岩「ハートロック」や古宇利大橋ドライブも気持ちいいですよ。

石垣島も、少しちがった沖縄が楽しめます。高速船で離島観光、赤瓦のコテージにみんなで泊まるのも楽しいでしょう。

宮古島は海がとってもキレイです。まさにリゾートという言葉がぴったり。話題のおしゃれカフェや絶景スポットなどもいっぱいです。

4.北海道

寒いイメージのある北海道ですが、施設の暖房設備が発達しているので、けっこう屋内はとっても快適なんです。

冬の札幌や小樽では、イルミネーションイベントがあちこちで開催されます。白い雪の街が美しくライトアップされ幻想的ですね。

ウインタースポーツを楽しみたい人には最高。スキーやスノーボードをとことん楽しんで、アフタースキーで思い出を作りましょう。

ぜひ、本場のスープカレーを堪能してください。冷えた体をスパイシーなスープカレーがぽかぽかと温めてくれるんです。

卒業旅行の予算を立てる

まず、検討しておきたいのは交通費と宿泊費

卒業旅行の額の多くは、交通費と宿泊費が占めるものです。旅行先によっては交通手段の選択で全く値段が変わるので、かしこい卒業旅行にするにはここから検討します。

まず、行き先が遠い場合は「航空機」、中距離の場合は便数の多い「列車」になるでしょう。しかし、LCCの活用や新幹線の自由席の活用など、学生ならではの節約も大切です。

また、出発時間や列車を限定すると、運賃が安くなる「限定列車プラン」なんてものもあるので、何となく、予約するんじゃなく、しっかりと情報を集めましょう。

予約サイトの活用は必須

宿泊地に関しては、予約比較サイトの活用などで、業者任せにせず、自分の手で予約する方が圧倒的に安く済ませることができます。

そして、節約できた分で、皆でグルメを楽しんだり、現地の食材をワンメニュープラスしたりして、もっと楽しい思いでに変えていけばいいんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする