キラーコンテンツの意味とことばの使い方

キラーコンテンツってなんだろう

直訳すれば「驚異的内容」

キラーコンテンツは、それぞれの分野で大きな影響を与えるキッカケとなった商品やサービス、情報のことを表現した言葉だといえます。

この「キラーコンテンツ」という言葉は、ふだんの生活の中でさまざまなシーンで使われています。

しかし、ビジネスの世界でいうキラーコンテンツは、ちょっとばかり意味が違っているというのが現状なんですね。

コンテンツ・マーケティングはなぜ流行

Webマーケティングや集客としてのキラーコンテンツ

ここで重要なのは、コンテンツ・マーケティングというものをどれだけ理解しているかなんです。

まず、有益な情報を含んだコンテンツを多く蓄積したサイトは、Googleの検索結果の上位に表示されるようになります。

そういった、優良なコンテンツの蓄積によって、新しいユーザーの目にとまるチャンスが増えることになるわけです。そして結果として新規ユーザーを獲得することができます。

蓄積された記事のなかで、見込み客に対してもっとも魅力的な情報を与えて、最終的に顧客獲得につながる記事がキラーコンテンツなんですね。

コンテンツマーケティングの利点

広告費を抑えて、集客へつなげることができる

コンテンツを作成することだけなら費用はかかりません。これが広告と大きく違う点です。

もし、顧客の欲しい情報を分かりやすくまとめるだけなら、人件費のみで済むわけです。

これによって、広告費が抑えられると同時に、営業効率もアップします。しかし、1つの難点は広告のようにすぐに効果が表れないことです。

コンテンツサイトの効果を検証できる

そのコンテンツサイトが顧客獲得につながっているかどうかが分析できます。これもコンテンツ・マーケティングの特徴の一つなんですね。

どのような人が訪れたのか、どんなキーワードで訪れたのか、どのページに訪れたのか、などを分析することができるんです。

その分析結果を見て、より効果的な戦略を考え直すことができるのもこれもコンテンツ・マーケティングの利点です。

ネット以外の商品やサービス

現実に成功した自分自身がキラーコンテンツ

ビジネス全体に言えることですが、商品やサービスとはその人自身でもあるのですね。

したがって、自分がやりたいことやできることをしっかりと表現できな蹴れ葉、相手にそれを伝えることはできません。

したがって、自分自身がしっかり認識するためには、自分の今までの人生を一つ一つ見つめ直す作業が必要になるわけです。

今一度立ち止まって、自分のやりたいことに向かう方向を確認する作業がとても重要になります。

そして、自分が戦える領域を分析して見つけることが大切です。つまり、マーケティングをしっかりすることでより独自の商品を見つけられると言うことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする