歯周病にならないために、その原因を探る

歯周病は歯周ポケットから進行する病気

歯周ポケットを作らない日頃からのケア

歯周病は、歯周ポケットという、歯と歯ぐきのすき間にできる溝が広がることで起こるんです。

ふだんの歯みがきが正しくできていないと、歯周ポケットが広がっていき、そこに細菌が住む汚れがたまっていきます。それが歯ぐきの内部で炎症を起こすわけです。

歯周病は気づかないうちに進行する

歯周病なんてまだ自分には関係ない、などと思っている人が、実はそうではないと言うことが現実なんです。

ある調査によれば、30代以上の約8割が歯周病になっている言われているんですよ。

こうなると、自分は大丈夫なんてことはまずないと言っていいでしょう。また、自覚なしに進行する、というのも歯周病のこわいところなんです。

歯を失う原因の第1位が歯周病

歯周病は痛みがなかったり、見た目の変化がほとんどないといったことのために、ケア意識が薄くなりがちなんですね。

しかし、実は歯を失う原因第1位のこわい病気なんです。さらに、全身症状にもつながる恐ろしい病気でもあるのです。

歯周病になる原因とは?

誰の口にもいる歯周病菌

口の中が清潔に保たれていないと、歯や歯とハグキの境目の歯肉溝に細菌の塊である歯垢=プラークがこびりつくことになります。

その歯垢の中にいる歯周病菌は、嫌気性の細菌です。嫌気性とは、酸素を好まない性質でそのために歯周病菌は居心地のよい場所である歯肉溝にすみついて増殖するわけです。

その歯周病菌は多少の差はあってもすべての人の口の中にいます。ところが、すべての人が歯周病にかかっているというわけではないんですね。

歯周病が発症するかどうかの差は、歯周病菌と、歯周病菌から身体を守ろうとする防御機能とのバランスだといわれているそうです。

同じように、防御機能がはたらいても、口の中が不衛生で歯周病菌が多ければ、歯周病を発症しやすくなるわけです。

また、歯みがきをしっかり行っていても、身体の防御機能が低下してしまうと、歯周病を発症してしまうことになるわけです。

歯周病を起こす2つの要因

1.直接的原因

歯肉炎や歯周炎など、歯周病の直接的な原因は何でしょう。それは、歯垢=プラークです。

歯垢は生きた細菌の塊です。先ほども書いたように、歯周病菌は嫌気性の菌であるために歯と歯ぐきのすき間にできる歯周ポケットにいます。

直接的な原因は、この歯垢中の細菌が出す毒素によって、歯ぐきに炎症が起きてしまうものです。

2.間接的原因

これは、リスクファクター=危険因子と呼ばれるものになります。口腔内の環境や生活習慣に、間接的な原因となるリスクファクターが潜んでいるんです。

そのために歯肉炎のケアでは、適切なブラッシングで歯垢を取り除くことと、リスクファクターを少なくしていくことの両方が必要になるんですね。

・お口のトラブル

口の健康に悪い習慣などを放置しておくと、歯周病などを引き起こしやすくなります。

・歯石

歯磨きを怠ると、みがき残した歯垢が約2~3日で石灰化してしまい、歯石へと変化します。

この歯石が一度ついてしまうと、歯みがきでは落とすことができなくなり、歯ぐきの炎症へとつながってしまうのです。

・歯並び

歯並びが悪いと、歯みがきが不十分になってしまって、そこから歯垢がつきやすくなります。

・歯に合わないかぶせもの

むし歯治療などでかぶせものが合っていない場合に、まわりに歯垢がつきやすくなります。

・口呼吸

口で呼吸することが癖になっていると歯垢ががたまりやすくなります。

・歯ぎしり

歯ぎしりは歯や歯ぐきに強い力がかかってしまい、そこから炎症が起こりやすくなるそうです。

もっと強力な歯周病の原因群

歯周病以外にも危険がおよぶ

生活習慣によるもの

歯周病の原因を考えたときに、生活習慣がその裏に存在することは多々ありますね。ふだんの何気ない生活習慣が歯周病につながるわけです。

喫煙

喫煙は、血管が収縮して、歯ぐきの血行が悪くなってしまいます。それによって、歯周病への抵抗力を弱めてしまうわけです。

ストレス

ストレスが多い毎日が続くと、食習慣や歯みがきの習慣に影響を与えます。また、ストレスが原因で体の抵抗力が弱まって、歯周病が悪化することも考えられます。

食生活

不規則な食生活や栄養バランスの欠いた食事が原因で、歯や歯ぐきに悪影響が生じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする