誤嚥性肺炎にならないために、その原因を探る

誤嚥性肺炎とはどういった病気か

飲み込みの悪さから起こる肺炎

誤嚥性肺炎とは嚥下という飲み込みのしくみが悪くなり、、本来食道へ行くべきものが誤って肺の方に食べ物やつばなどが落ちてしまい、そのために起こる肺炎のことです。

高齢者や脳梗塞の後に起こりやすいみたいですね。その主な症状は、咳・たん・発熱・呼吸困難・意識障害などだそうです。

症状が出た経過をさぐっていって、その後、画像検査や細菌検査、血液検査などをもとに診断します。

治療には抗菌薬を用いることになるそうです。しかし、重症の場合には酸素吸入や人工呼吸器管理をするそうです。

嚥下のしくみ

ほんの少しのずれが障害に

私たちはふだん食物を口のなかで噛み砕きます。それを舌を使って口の奥に送り込みます。そして、その後嚥下をします。これが通常の食事の流れです。

この嚥下というのは、、口の奥の天井の部分にある、軟口蓋という部分が鼻腔を塞いで、気管のふたである喉頭蓋が閉じるんですね。

これを瞬間に行うことで、口のなかのものが気管や鼻に入り込むことなく、食道から胃へと送り込まれるという早業を行っているんです。

タイミング調整を行う働きが低下

老化や脳梗塞などの障害によって、その早業に不具合が起こる、それが嚥下障害です。それによって、謝って、食物が気管や肺の方へ入ることを「誤嚥」と言うんですね。

誤嚥性肺炎の原因物質

飲食物以外のものを誤嚥していた

高齢者の誤嚥には、食物以外のものが二つ考えられているんだそうです。

1.細菌を含む分泌物

口の中の細菌を含んだ唾液などを誤嚥する場合です。口の中の咽頭や喉頭の粘膜に細菌の巣ができてしまい、その細菌を含んだ唾液や痰などの分泌物を誤嚥してしまうんです。

2.胃食道逆流

消化液を含んだ食物を誤嚥してしまいます。睡眠中に、胃食道逆流によって胃の内容物がもどってきたものを誤嚥してしまうわけです。

この場合、酸や消化液を含んでいるので、化学的に気道粘膜を損傷してしまい、肺炎が起こりやすくなるといわれています。

知らず知らずのうちに起こる誤嚥とは?

少しずつ肺炎へと近づいていく

健常者では、唾液や食べ物が気管に入ったとしても、むせることでそれを排出することで肺の方へ行くのを防ぐことができます。

しかし、高齢者は気管に入った異物を吐き出す力が弱くなり、むせることができずに、誤嚥したものが肺へと到達してしまいやすくなるんですね。

自覚している誤嚥と自覚のない誤嚥

食べ物や飲み物が原因となり、本人が自覚している誤嚥は顕性誤嚥というんです。しかし、知らないうちに唾液が気管に入ってしまう誤嚥のことを不顕性誤嚥といいます。

実は、高齢者の誤嚥性肺炎の7割以上は不顕性誤嚥が原因だといわれているんです。そう、知らず知らずのうちに肺炎を発症するわけですね。

このように、年齢を重ね、飲み込む力や異物を吐き出す力が衰えてくると、無意識のうちに不顕性誤嚥を繰り返し、どんどん肺炎のリスクが上がっていくわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする