誤嚥性肺炎から我が身を守る、その予防法は?

肺炎から身を守るための知識

誰にでもある肺炎になるリスク

高齢になり、体のはたらきが低下してくるのは自然なことです。そんなときに、長生きを妨げる大きな壁、それが誤嚥性肺炎です。

これは、とても恐い病気なんです。肺炎が死につながるケースはとても多いんです。高齢者の肺炎対策は日常的な健康課題なんですね。

まず、肺炎を引き起こすきっかけとなる、「嚥下障害」と高齢者に多い「誤嚥性肺炎」についての理解を深め、日頃の健康管理をしっかりしましょう。

嚥下障害と誤嚥性肺炎

嚥下障害は年齢とともに起こりやすい

私たちは食物を口から食道へ送るときに嚥下という動作をしています。簡単に言うと、食べ物がきたときに、気管への入り口にふたをするわけです。

この動作は非常に素早く行われるので、ふつうは気管へ物は入らないのですが、そのタイミングがずれると、気管に入ってしまいます。

まあ、通常なら、物が気管に入っても、むせて、奥へ入ることを防ぎます。ところが、高齢になって気管に入った異物を吐き出す力が弱くなると、誤嚥になります。

結果、誤嚥によってものが肺へと到達してしまい、それにより炎症が起きてしまうわけです。
誤嚥にも、自覚のある誤嚥と、寝ているときに起こる無意識の誤嚥があり、肺炎につながるのは後者です。

年齢を重ね、飲み込む力や異物を吐き出す力が衰えてくると、無意識のうちに不顕性誤嚥を繰り返し、どんどん肺炎のリスクが上がっていきます。

早期発見も重要

まわりの人が「食事中のむせこみ」、「常に喉がゴロゴロ鳴っている」、「唾液が飲み込めない」、「食事に時間がかかる」といった、嚥下障害が進んでいないかどうか確かめることが重要ですね。

また、「食欲がない」「元気がない」「脱水症状(舌や皮膚が乾いている)」など、誤嚥性肺炎の症状の特徴が見えたら、すぐに治療に入ることも大切だと思います。

誤嚥性肺炎を予防するために

日頃から誤嚥を防ぐ手立てをする

1.口腔を清潔に保つ

歯磨きやうがいをして、口の中を清潔に保つことで口の中の細菌を減らし、誤嚥性肺炎の大きな原因を取り除くことができます。

適度な湿度と温度の口腔は細菌にとっても居心地のいい場所です。歯磨きやうがいを怠るとすぐに細菌が繁殖するそうです。

そのためには、歯磨きをしっかり行ない、口のなかの細菌を繁殖させないこと、さらに肺へ入れないことが重要なんですね。

2.胃液の逆流を防ぐ

胃液が気管に入ると、気管の壁が冒されて、炎症を起こします、そこへ最近がくると、感染症がにつながります。、

寝たきりの状態は避けたほうがいいでしょう。食後2時間ほどは座って身体を起こしていることで、逆流を防止できるそうです。

3.嚥下を改善する

嚥下の反射をよくする予防薬であるアマンタジンや、咳反射を改善するACE阻害薬などの薬も嚥下障害を改善してくれます。

大きな効果が期待できる口腔ケア

唾液内に含まれる菌が肺炎を引き起こしやすい

気管での細菌感染が起こるのは次のような経過をたどります。

1.呼吸の力が衰える

まず、加齢とともに呼吸が浅くなって、酸素を十分取り込めなくなってきます。

2.抵抗力が弱まる

細胞が弱って、病気に対する抵抗力が低下し、気管や気管支にウイルスや細菌が入ることで起こりやすくなるといわれています。

口腔ケアが気道感染予防に役立つ

要介護レベルの高齢者になると、まわりの人の支援なしでは健康維持は図れません。まず、口腔衛生状態を良好に保つことが重要です。

不顕性誤嚥は生活の質を著しく低下させますが、結果としての肺炎の発症率は、口腔ケアを実施した人と口腔ケアを実施しなかった人を比べると、およそ40%減少させたそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする