誤嚥性肺炎かもしれない、その症状とは?

誤嚥性肺炎の兆候や発見法

風邪?少しずつ弱っていく体

「肺炎」と聞くと、激しく咳込んだり、高熱が出たり、また、濃い痰が多くなって呼吸が苦しくなる、という印象を持っていると思います。

実際の場面に会うことがほとんどないので、知られていないのが、誤嚥性肺炎の症状なんです。

「風邪です」と言われて薬をもらってもなかなか治らない、その後だんだん元気がなくなっていって、よく調べたら誤嚥性肺炎だった、ということもよくある話なんですね。

実際、高齢者の場合、外に出る症状が軽いのにも関わらず、肺炎が進行しているなんてことも結構あるそうです。

とにかく、典型的な症状や自覚症状が出ないこともよくあることなので、発見が遅れることにならないためにも、周りの人がいち早く異常に気付くことが大切なんですね。

誤嚥性肺炎とは

体のはたらきの低下が引き起こす病気

誤嚥性肺炎は、いろいろな条件が重なることで引き起こされますが、知っておかなければならないポイントは次の3点です。

1.嚥下障害を自覚できない

食べ物や唾液、逆流してきた胃液などが気管に入ってしまいます。そして、それを咳によって排出できない状態です。

2.口腔内の菌が侵入する

入ってきた唾液に含まれる菌が、炎症を引き起こすことで肺炎になります。

3.進行が遅い

初めのうちは、自然に治ったりしても、気管壁が弱っていて、再発しやすく、ゆっくり進行するので、風邪などと間違いやすく、手遅れになることもよくあります。

嚥下ミスとは異なる嚥下障害

むせて気管から排出する反射機能も弱くなる

要介護レベルの高齢者になると、体全体の衰えと同時に、嚥下能力、咳き込む力も弱ってきます。

外からわかる症状が軽くても、実は病気が進行していることもあるわけです。病気の進行を表現する力も弱っているわけです。

そのため、いつもと違う変化には常に敏感に反応することが大切なんですね。

1.食事中の症状

食事に時間がかかったり、食べる量が減ったりします。また、食べ物の好みが変わったり、水分を避けたがるようになります。

2.食後の症状

しわがれ声になったり、食後に痰が増えたりします。痰に食べたものが混ざっていたり、口の中に食べたものが残っていたりします。

3.その他

常に喉がゴロゴロと鳴っていたり、濃い痰が出たら要注意です。また、体重が減り、尿が減ったりします。

こういった症状が更にひどくなると、重度の呼吸不全になってしまい、手遅れになります。

おかしいな、と思ったら専門医へ

きちんと検査すれば、早期発見できる

一般の内科では、風邪と間違えて診断されてしまうことがよくあります。特に高齢者では誤嚥性肺炎の可能性を考えて対応する必要があるんですね。

そのためには、専門医による、炎症反応についての検査と胸部レントゲン写真の撮影が必須なんです。

また高齢者の場合は普段の生活で、肺炎とは無関係のような次の症状が見られる場合でも、肺炎の可能性があるので、すぐに検査してもらってください。

・元気がなくなってきた
・食事の時間が長くなってきた
・食後に疲れてぐったりしてしまう
・ぼーっとしていることが多くなった
・失禁するようになった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする