3月の誕生石、アクアマリンの意味と由来は?

3月の誕生石は3つある

アクアマリン以外にコーラル(珊瑚)、ブラッドストーン

アクアマリンはラテン語で「水」を意味するアクアと、「海」を意味するマリンが合わさっている言葉だそうです。

その呼び名通り、穏やかで美しい海のような宝石です。突き抜けるような透明感がとても魅力的です。

その魅力は、フランス王妃であったマリーアントワネットがダイヤとともに愛してやまなかったと伝えられているそうです。

アクアマリンは癒し効果が高く、古代ローマでは永遠の若さの象徴や不老の護符などとされてきたそうです

また、アクアマリンは持ち主に健康と歓び、富を与え、幸せな家庭を約束するといわれてきました。

アクアマリンの宝石としての詳細

宝石言葉は、聡明・沈着・勇敢
宝石目の由来は、ラテン語でアクア=水 マリン=海からきています。
和名は、藍玉です。
おもな産地は、ブラジル・マダガスカル・インド・ロシア・スリランカです。
硬度7.5、比重2.69、結晶系は、六方晶系です。

月の女神の伝説

エメラルドと同じ種類

ローマの伝説では、海の精の宝物が、浜辺に打ち上げられて宝石になったといい伝えられているそうです。そのことから月の女神『ディアナ』の石とされています。

ディアナは太陽神アポロン妹、勇敢で活動的な女神で、深い透明感のブルーは、どこか凛とした雰囲気をもっています。

日本では藍玉といわれてきました。エメラルドの仲間です。アクアマリンもエメラルドもベリルという種類の鉱石に分類されるそうです。

アクアマリンの青さは、そのベリルに含まれている鉄分によるものだそうで、加熱するとより一層、青味を増す特徴があるんだとか。

ブラジル産のアクアマリンが高級品

アクアマリンの産地では、ブラジルやアフリカが有名ですが、ブラジルで採掘されるものは、濃い青色が多いため特に高級品とされているそうです。

原石はほとんど緑色味を帯びたブルーのために、エンハンスメントという品質改良が施されているのだそうです。

またアクアマリンは、二色性をもち、無色と青色を示すので、見る角度によっては青色をではなく無色に見えることがあります。

宝石に込められた意味

癒し効果抜群の安らぎの石

アクアマリンは持ち主の精神面に働きかけます。そして、淀みや滞りなどをまるで水が洗い流していくようなイメージで、心の浄化を行ってくれるそうです。

心のエネルギーが綺麗になることで、イライラが解消され、心の余裕を持てるようになると言われているんですね。そのことから、癒しの石としても知られているそうです。

また、アクアマリンは、持ち主が無意識のうちに抑え込んでいた感情を、自然に表現できるようにしてくれるんだとか。

そして、自分の心をクリアにしていくことで、人の気持ちがわかるようになる、と言われています。そのことから、幸せな結婚を象徴する石として有名になったんだそうです。

アクアマリンとエメラルドの違い

青だとアクアマリン、緑だとエメラルド。

アクアマリンとエメラルドはベリルという種類の鉱石に分類されますが、同じベリルでありながらまったくイメージが異なる宝石です。

エメラルドにはキズのない石はほとんど産出しませんが、アクアマリンは無傷のままで大きな結晶が産出し、産地も別です。

アクアマリンは夜の女王

アクアマリンはの夜の照明の中にあると、さらにその輝きを増すといわれます。そのことから、中世ヨーロッパでは夜会用の宝石として重宝され、夜の女王と呼ばれたそうです。
また、月の光を受けて輝く、ともいわれ、幻想的な特性から、別名「人魚石」とも呼ばれてきたそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする