七五三のお参りのときの服装は?

子どもは前撮りが普通

写真スタジオでレンタルが便利

子どもの服装については本当に気を遣う必要がないかも知れません。幼稚園の服や何かの発表会の服みたいなフォーマルな服で十分だと思います。

それより、悩むのは親の服装じゃないでしょうか。男性は、グレー系のスーツがあればそれで問題ありません。女性の場合は、やはり、神社へ参る以上は、派手なスーツは考えもの。かといって、和服を着る程のものでもないですね。

七五三の由来も知っておこう

江戸時代に定着した七五三

男の子が最初に袴を身につける「袴着」という儀式があって、それが七五三の原形だそうです。女の子は髪を伸ばし始める3歳頃が「髪置」といいます。そして、7歳頃に大人用の帯をつける「帯解」になるのだそうです。

11月15日というのは、旧暦ですから、今の人は違うのですが、なぜか、そのままの日にちですね。そして、3歳、5歳、7歳で行うのが慣例になったのは江戸時代のことだとか。
でも、それも、昔は数え年です。だから現在では2歳、4歳、6歳にあたるはずなんですが、なぜか、満年齢で七五三をしていますね。

というように、形式が昔と違って伝わっていたりしますし、あくまでも、近世以降の行事だと言うことで、縛り付けられずに、おおらかに取り組んだ方がいいかもしれません。

やらなかったら縁起が悪いことがある?

宗教の悪い面が出てしまう

江戸時代に11月15日に3歳5歳7歳と定着したわけですが、それまでは、子どもの成長を祝った風習は地域によって様々だったはずです。もちろん、身分や地域によっても、年齢も日にちもまちまちだったでしょう。

そういうわけで、今の時代に、5歳でやらなかったから縁起が悪い、なんてことは絶対にないはず何ですね。また、地域によっては、男の子は7歳でお祝いをする、という風習の所もあるそうです。

迷信じみた話はイヤですが、なぜか、科学万能の時代にあって、何歳にお参りしないと縁起が悪いという考え方は少し疑問です。あくまでも、成長の節目として、厳粛にお祝いをするというふうに考えるべきでしょう。

子どもの成長の節目を祝うのが現代の七五三

服装に対する考えは自由

昔は子どもが小さい時期になくなることも多く、無事育ったお祝いという考えが根強かったわけです。だから、お祝いの意味合いが本当だと思います。

ということは、きれいな晴れ着を着せるということも、こだわる必要がないのはわかるような気がします。

スーツやドレスもOK

華やかな着物姿の女の子やりりしい羽織袴姿の男の子が目立つわけですが、それは、そうでないといけないという、固定概念が幅をきかせているからです。

七五三のように昇殿して祈祷していただく正式な参拝の場合は正装になるわけですが、それが和服と決まったわけではありません。和洋、いずれでも、正装であればよし、というのが本当だそうです。

スーツやドレス、ワンピースなども構いませんが、正装の場合のスーツやドレス、ワンピースの色や種類などにはある程度決まりがあるそうです。

ただ、大概の神社では七五三には神様に失礼にならない服装でくるようにと言っています。ようするに敬意を表す服装であれば七五三で男の子がスーツ、女の子がドレスやワンピースという洋装でもまったく問題はないわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする