癒しのペットとして人気のメダカの種類

メダカブーム到来か、大人気に

川にいたはずの淡水魚メダカ

昔から、日本ではメダカは水のきれいな小川や水田にすんで、古くから親しまれてきたものです。

それが、最近は絶滅危惧種といわれ、小川でも滅多に見ることができなくなってきたそうです。

飼育することが当たり前の魚に

飼うだけでなく、ふやすともできます。水温が高ければ、1年中産卵が見られるなど、とても育てやすい魚なんですね。

メダカは元々丈夫な魚です。容器と、水、メダカの隠れ場所になるような流木や水草などと、エサがあればメダカは飼えます。屋内でも屋外でも飼育できるんです。

また、メダカの寿命は1~2年と言われますが、人工的に飼育すると、長いものでは、4年以上生きることもあるそうです。

泳ぎは不得意なメダカ

静かな流れや、水田を好む

野生のメダカは、東北以南の全国の川や小川、田んぼなどに棲息しています。そんなメダカですが、近年では急激に減って、見つけることすら難しくなってきています。

メダカの学名「オリジアス・ラティペス」といいます。意味は、水田に住む幅広いヒレを持つ魚といったことのようです。

メダカは流れの弱い温かい水域を好みます。あまり泳ぎが得意でないので、強い流れを嫌うのです。

小川や河川でも流れの弱いところで群れているんです。特に繁殖を迎える季節には稚魚が流されないような水田などに集まります。

自然環境下ではあり得ないような急激な水温変化には対応できません。しかし、季節の移り変わりなどによる水温の変化くらいなら対応できます。

自然環境下でメダカは水草や昆虫、植物性プランクトンや動物性プランクトンなど、なんでも食べるようです。

この食性の広さはメダカの環境適応力の強さになっていて、今まで生き抜いてきたのでしょう。

ニホンメダカも複数種

細分化すれば、10種類に

ひと昔前までニホンメダカは分類学的には1種類だけといわれていたそうです。

しかし、最近の研究の結果によって、青森県から京都府の日本海側に分布するのが北日本集団。それ以外が南日本集団というふうに、別の種類ではあるとわかったそうです。

さらに南日本集団も、棲息しているエリアごとに細分化されています。

東日本型、東瀬戸内型、西瀬戸内型、山陰型、北部九州型、大隅型、有明型、薩摩型、琉球型の9種類の地域型です。

これらはすべて、分類学的にはニホンメダカと呼ばれます。硬骨魚網ダツ目メダカ科で10種類以上のメダカがあるそうです。

これらのメダカは東アジアから東南アジアにかけて広く分布しています。ニホンメダカはその中で最も北に分布しているメダカだということです。

品種改良が繰り返されて多様化したメダカ

近年、メダカは人の手により品種改良が盛んに行われてきたんですね。それによって、現在のメダカ人気につながっていくわけです。

今、ショップなどで販売されているメダカの種類はとても多く、体型から色合いまでビックリするような状態です。

多様化したメダカのいろいろ

品種改良が生み出した、すごいメダカたち

黒メダカ

野生にもともといるメダカです。色が茶色っぽい地味な見た目のメダカですね。たくさんいる品種改良されてきたメダカたちのルーツです。

現在は環境破壊などで、絶滅危惧種に指定されています。逆に品種改良されたメダカよりも希少価値の高いメダカだとも言われているそうです。

さらに品種改良した、色がさらに黒い黒メダカもいます。とても丈夫な性質を持っています。

ヒメダカ

黒色素を持たない種類のメダカで、オレンジ色っぽい色です。歴史は古く、昔から元祖品種改良メダカとして親しまれてきました。

青メダカ

体全体が青みがかった、とてもきれいな色のメダカです。照明によってとてもきれいな青メダカが見られます。原種にとても近い種類です。

白メダカ

色素が欠乏しているメダカで、野生のメダカの原型をほぼそのままに、色のみを品種改良させたものです。歴史もとても古く、江戸時代からすでに観賞魚でした。

アルビノメダカ

アルビノとは、先天性のメラニン色素欠乏です。見た目で白メダカと似ていますが、違いとしては目が赤いのが特徴です。あまり丈夫ではないとか、病気になりやすいそうです。

楊貴妃メダカ

楊貴妃って世界三大美人からきています。見た目は体全体が朱色で、金魚のような色のメダカです。婚姻色が出るころには完全に朱色になります。

メダカブームの火付け役となりました。色が赤いメダカのほとんどは、この楊貴妃メダカから派生した種類です。

琥珀メダカ

体の色が琥珀色のとてもきれいなメダカです。尾ヒレが鮮やかなオレンジ色になるのも特徴的です。なお、体の色は濃い色のものから薄い色のものまで色々です。

幹之(みゆき)メダカ

背中が光り輝くメダカです。この背中の光に長さによってランク分けされているそうです。値段も違うそうです。

黄金メダカ

体が黄金色に輝く、見た目が美しいメダカです。水槽で飼育する場合には、とてもきれいな色を横から楽しむことができます。

ヒカリメダカ

背ビレと尻ビレが同じ形をしており、とても長く大きいのが特徴です。また尾ビレも三角形ではなく、ひし形をしています。

ダルマメダカ

別名「縮みメダカ」と呼ばれています。突然変異で産まれたメダカです。丸っこい形をしています。メダカ飼育の上級者向けのメダカです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする