小豆粥が小正月に食べられる由来と作り方

正月を迎えるために清める

新しい年に神様をお迎えするにふさわしくする

小豆粥って食べたことありますか。じつは、小豆には邪気を払う力があると言われてきたんです。

そのために、各地にこの、「小豆粥」の風習が残っているわけです。かつては年越しの朝と小正月の15日に炊いて、これを神様にお供えしたというものだそうです。

地方によって小正月だけに小豆粥を食べるところもあるそうです。さらに、小豆の数によって豊凶を占ったりする風習もあるそうです。

かなり昔から伝わる行事

小豆の赤い色が魔除けの色

小正月の朝の小豆粥は、有名な「枕草子」にも記載があるんですね。ということは、かなり古い時代から続くものだということなんです。

小豆粥は、邪気を払い、一年の健康を願って食べるということになります。これは小豆の赤い色が魔除けの色として使われてきたことに由来するそうです。

中国から伝来した風習

1月15日に小豆粥が食べられた起源は、中国・六朝時代にさかのぼります。そのころ、中国では正月後の15日に小豆粥が食べられていたという記録があるそうです。

また、古来中国での宮中では、ただの小豆粥に、7種類の穀物を入れて粥にして食べていたそうです。

小正月とはどんな日か?

大正月と小正月

小正月は今でこそ、1月15日ですが、本来は旧暦からの日にちになります。旧暦は太陰暦なので、正月である1月1日は新月になります。

したがって、小正月は最初の満月という意味を持つ日なんですね。そこで、いろいろな行事が行われるようになったわけです。

元旦から松の内までを大正月と呼ぶこともあり、そのときは、歳神を迎える大掛かりな行事です。

それにたいして、小正月は豊作祈願や家内安全といった家庭的な行事になるそうです。

成人の日も深い関わり

ハッピーマンデーで崩れた由来

成人の日が15日になったのには、本当は深い意味があります。それは、むかし、男子が成人になったときにおこなう元服の義が、江戸時代までは1月15日だったと言うことです。

現在の新暦では暦と月の日は一致しません。旧暦では、小正月は必ず満月だったわけで、その年の初めての満月の日に、男子が大人としてスタートを切った日なんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする