体がだるい、節々が痛い、風邪?花粉症?その見分け方

風邪かなと思ったら花粉症だった

どこまでも不愉快な花粉症

花粉症の原因となるのはもちろん花粉ですが、日本ではなんと50種類以上もの花粉が花粉症を引き起こすと言われています。

花粉症を引き起こす花粉は一年中飛んでいるそうですが、その中でも、最も害の大きいのがスギの花粉で、花粉症の人の70%が、スギによるそうです。

風邪だと勘違いしている症状

花粉症の症状と似ているのが風邪です。というのは、風邪も花粉症の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまりと主な3つが起こるんすね。

では花粉症と風邪、どのように見分ければいいのでしょうか?

まず、花粉症について知ろう

3つの症状が起こるわけ

花粉症の3大症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりですね。これは、花粉という異物が鼻に入ることによって起こる過剰反応です。

異物に対する防御機能が過剰に反応してしまい、アレルギー症状を引き起こしてしまうわけです。

1.くしゃみ

花粉が鼻の粘膜にあるアレルギー細胞を刺激して、ヒスタミンが出て、鼻粘膜表面の神経を刺激してしまい、くしゃみが出るのです。

なかには、夜10時くらいにヒスタミンが過敏に反応してしまって、夜に症状がひどくなる人もいるそうです。

2.鼻水

くしゃみが起こると、反射的に鼻水の分泌が盛んになるそうです。とくに、朝起きた時に鼻水がでるという人が多くいるんですね。

これを、『モーニングアタック』といい、寝ているときに吸い込んだ花粉の蓄積や、床に落ちた花粉が部屋に舞うことで起こるそうです。

3.鼻づまり

鼻づまりは、ヒスタミンが鼻の血管を刺激して、血管が拡張して、そのために循環障害を起こしてしまって起こります。

また、ヒスタミンと一緒にロイコトリエンという物質も分泌されます。これによって鼻水、鼻づまりが悪化していまいます。

風邪と花粉症の症状を比較

人によって、花粉によって症状は違う

まず、発症期間が違います。花粉はシーズン中ずっと続きますが、風邪はひいたときだけの1週間程度です。

くしゃみは花粉症では連続して何回もでますが、風邪の場合は立て続けては出ません。

鼻水のようすは花粉症は透明でサラっとしていますが、風邪の場合は症状が進むと黄色っぽく、粘りけが出てきます。

鼻づまりは花粉症の方が重症になることが多いようです。

花粉症はほとんど発熱しませんが、風邪の方はしばしば高熱を出すこともあります。

のどや関節の痛みは風邪の方がきついですが、花粉症でも痛みを感じることがあります。
花粉症では場合によっては目、鼻、喉などかゆみを感じますが、風邪でかゆみが出ることはありませんね。

一体、どの医者で見てもらうべきか

症状に合わせた受診も効果的

さて、三大症状、どの医者が適当なんでしょうか。いくつかの診療科にまたがってしまいそうな症状です。

基本的には、次の4つの診療科ではそれぞれの視点を持って、しっかりと花粉症を治療してくれます。

1.耳鼻咽喉科

鼻水、鼻づまりがひどい場合は、耳鼻咽喉科で診てもらいます。痰が絡んできたら、耳鼻咽喉科を受診すれば、鼻や喉の奥までしっかり診てもらえるでしょう。

2.アレルギー科

アレルギー症状があるものの、何のアレルギーか不明な場合です。アレルギー科は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど、全ての症状がでているときに、より詳しく診てもらえます。

3.眼科

目のかゆみがひどい場合に、眼科を受診します。ときには目のこすりすぎで、眼球に傷がついたり、充血してしまった場合にも、細かく診てもらえますね。

4.内科

症状があまりつらくない段階では、内科を受診します。内科は他の科よりも医院数が多いので、通院しやすく、花粉症の症状を総合的に診てもらえます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする