内臓脂肪と皮下脂肪の違いとは?

内臓脂肪は内臓のまわりにつく脂肪のこと

男性の方が内臓脂肪がつきやすい

内臓脂肪は、血行のいい内臓のまわりにつくので、つくのも早いですが、分解されるのも早いのです。

男性は、どちらかと言えばすぐ取り出せるエネルギー源として皮下脂肪よりも内臓を蓄えやすい傾向になるそうです。

体脂肪率が同じなら、女性よりも男性の方が内臓脂肪が多いのです。中年男性のあのおなかも、内臓まわりに脂肪が付きやすいことと深い関係があります。

内臓脂肪がメタボの原因

生活習慣病に深い関わり

内臓脂肪は体内で悪玉物質の量を増やします。そして、糖尿病や脳梗塞、高血圧などの生活習慣病の危険性を増やすのです。

男性の方が内臓脂肪が多くなるので、女性に比べて生活習慣病にかかりやすいというデータもあるのです。

ところで、内臓脂肪は代謝によって分解されやすいという性質があるので、運動や食事制限によって比較的簡単に落とすことができるという特徴があります。

皮下脂肪は女性らしさと関連

減らしにくい皮下脂肪

皮下脂肪は皮膚の下の皮下組織につく脂肪です。皮下脂肪は体の表面に近いので、皮膚をつまむことでわかります。そして、肥満度を確かめることもできます。

皮下脂肪は内臓脂肪に比べると代謝が悪いのがふつうです。ようするに分解されにくい性質があるわけです。

また。女性は遺伝的に、女性ホルモンの作用によって男性に比べて皮下脂肪が付きやすい体の仕組みになっています。

赤ちゃんを産む体に必要な皮下脂肪

皮下脂肪の部分にエネルギーとして使われなかった栄養が一時的に蓄えられます。これは、貯蔵エネルギーとしても重要なのです。

体の各所の脂肪に比べて、皮下脂肪はかなり多いので、妊娠して太るのは、生まれてくる赤ちゃんのエネルギーを蓄えているということになります。

体脂肪が増えるわけ

体重よりも減らすべきは体脂肪

肥満は体重が増えた、ということをいうのが普通です。おなかが出るのも、贅肉が増えるのもその体重増加と無関係ではありません。

しかし、生活習慣病という側面から見れば、肥満は「体脂肪が必要以上に増えた状態」を言うそうです。

体脂肪は、年齢とともに増加します。それは、基礎代謝量、呼吸や心臓の拍動など生命の維持活動のために最低限必要となる消費エネルギーが減少するからなんです。

基礎代謝量のうち、もっとも大きな割合を占めるのは筋肉です。肝臓などの内臓も結構多いです。加齢によって筋肉が減少してしまい、基礎代謝も減少します。

それに気づかず、若い頃と同じように食事をしていたらどうなるでしょう。結果、カロリー過多となり、それが体脂肪となって蓄積されてしまいます。

若い頃と体重があまり変わらない人も、気をつけないと、筋肉量が落ち、代わりに体脂肪が増えて、体重だけが同じということになりかねません。

また、食事を抜くなどの不規則な食生活を繰り返すと、体の方が食事から得たエネルギーを脂肪分として蓄えようとする仕組みがあるのです。それがまた、体脂肪を増康子とになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする