健康な生活は歯の健康から、8020運動の重要性について

8020運動が始まったわけ

高齢化社会を豊かなものにするため

1989年(平成元年)から当時の厚生省や日本歯科医師会の呼びかけで始まった運動で、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」というものです。

これは、20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われていることから「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いが込められていると言われています。

高齢になっても豊かに楽しく過ごすためには、いつまでも自分の歯で、自分の口から食事をとることが最も大切なことなんですね。

そういう意味から、診療所や地域などでいろいろな口の健康の増進をすすめる活動をおこなっているわけです。

ここで「80」は男女の平均寿命を表します。また、「20」は硬い食べ物も満足して食べるために必要な歯の本数を表しているそうです。

年々向上している達成率

結局、一人一人の意識

8020達成率は、運動開始当初は7%程度だったそうで、80歳での平均残存歯数は4~5本にすぎなかったということです。

それが、2005年(平成17年)には、80歳~84歳の8020達成率は21.1%に伸び、85歳以上でも8.3%にまで伸びてきているそうです。

年代別の歯が20本以上ある割合

1993年のデータと2011年のデータの比較したものを紹介します。これをみると、明らかに歯の保有本数が増えているのは分かります。
【35~44歳】
1993年・・・94.9%   2011年・・・99.4%
【45~54歳】
1993年・・・82.9%   2011年・・・95.1%
【55~64歳】
1993年・・・58.7%   2011年・・・81.3%
【65~74歳】
1993年・・・28.9%   2011年・・・60.4%
【75~84歳】
1993年・・・10.6%   2011年・・・40.2%
【85歳~】
1993年・・・2.8%    2011年・・・17.0%

歯を失う原因のトップは歯周病

歯を大切にする意識を高めよう

歳を取って、歯を失ってしまう原因で最も多いのが歯周病だそうです。この病気は生活習慣病と言われ、初期の状態の人も含めると成人の約80%以上がかかっているといわれています。

日頃の仕事の忙しさに任せて、暴飲暴食を繰り返したり、不規則な生活を続けていると、その日常の生活習慣の乱れが歯周病につながることになるわけです。

8020運動の達成者は非達成者よりも生活の質であるQOLが良好に保たれると言われ、社会活動意欲も高いという調査結果もあります。

また、高齢になって残っている歯の本数が多いほど、寿命も長くなるという調査結果もあるそうです。

今、注目される予防歯科

歯のメンテナンスも個人の自覚から

歯を守るには個人個人の自覚が大事になってきます。歯肉炎の予防も個人の意識の高さにかかっていると言っても過言ではないのですね。

歯磨きなど毎日の手入れもとても重要ですが、口の中の衛生指導などを行ってくれる歯科医院に定期的に通うことも重要だと認識されるようになってきました。

歯の健康への意識が高いアメリカやヨーロッパでも歯を残す取り組みが続けられているそうです。

その中でもスウェーデンがもっとも顕著で、70歳の平均残存歯数が「21本」と大きな効果が発揮されています。

それができているのは、予防歯科という概念が浸透しているからなんですね。そのあたりのことで、日本との違いがいくつか見えてくるそうです。

・「予防歯科」という考え方を知っている
スウェーデン・・・59.6%   日本・・・20.9%
・「予防歯科」に取り組んでいる
スウェーデン・・・69.3%   日本・・・26.2%
・歯科医師に対する苦手意識
スウェーデン・・・2.6%    日本・・・14.0%
・歯みがき以外のケア(デンタルフロスやデンタルリンス)への取り組み
スウェーデン・・・68.3%   日本・・・48.7%

実は、スウェーデンも最初から予防歯科への意識が高かったわけではないんですね。1970年代にそういったことが国家プロジェクトとしてスタートしたそうです。

現在では歯が生える前の0歳からケアを行っているということで、このような取り組みが功を奏しているわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする