てるてる坊主の意味と起源や由来、その歴史とは?

てるてる坊主の意味

古くから合った伝統行事?

江戸時代の書物に、てるてる坊主のことが残っているそうです。そこには、「ノッペラボウで吊るし、晴天になったら目鼻をつけてお祀りした」と書いているそうです。

ということは、江戸時代にはもうすでにてるてる坊主は一般庶民に浸透していたということになるのでしょうか。

ちなみに、てるてる坊主は照る照る法師だったそうです。これは日照りを願う僧侶が男でだったということからきているんですね。

てるてる坊主の起源

もとは中国から伝わってきた

てるてる坊主の元になる考え方は、中国の「掃晴娘=さおちんにゃん」という伝説が起源だといわれているんです。

この掃晴娘は、まるでほうきで雨雲を払うように、晴れにしてくれたという伝説なんですね。

掃晴娘の伝説

ある年に中国で猛烈な大雨が街を襲いました。雨は長く降り続き、人々は困り果てていたんです。

そんなとき、晴娘が天に向かって雨がやむように願ったそうです。すると、天から「おまえが東海龍王の太子の妃になれば、この雨を止めてやろう」という声がします。

そこで、晴娘が天に上って妃になる決意をしたところ、晴娘の姿はその瞬間に消え、大雨がやんだというのです。

このことから、長雨が続くと、紙で作った晴娘の人形を吊るすようになったそうです。

てるてる坊主の由来

日本では、男に変わった人形

中国から伝わったといわれる起源では晴娘という女の子が主役です。しかし、日本のてるてる坊主は女の子ではなく坊主=男になってしまいました。

これは、お坊さんが天候の祈祷をする役目を担っていたからと言われています。

この掃晴娘の伝説が伝わったのは平安時代だそうです。そのこと、僧侶は呪術的な力をもった祈祷師でもあったんですね。

てるてる坊主の歴史

てるてる坊主の歌詞

この歌がなければ、てるてる坊主のことは忘れ去られていたかも知れませんね。しかし、この歌詞にも、深い意味があるようです。

<てるてる坊主>

作詞・浅原鏡村、作曲・中山晋平

てるてる坊主 てる坊主
あした天気にしておくれ
いつかの夢の空のよに
晴れたら金の鈴あげよ

てるてる坊主 てる坊主
あした天気にしておくれ
わたしの願いを聞いたなら
あまいお酒をたんと飲ましょ

てるてる坊主 てる坊主
あした天気にしておくれ
それでも曇って泣いてたら
そなたの首をチョンと切るぞ

てるてる坊主を作ったときは、顔を描かないのが約束だったそうです。そして、次の日晴れが訪れたら顔を書いて、お酒と一緒に感謝を込めて川に流したそうです。

これが、てるてる坊主の歌の2番の

わたしの願いを聞いたなら
あまいお酒をたんと飲ましょ

という部分になっていたというわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする