年末の大掃除はいつから始めたらいい?

掃除の終了日を決めておこう

そこから逆算して、計画する

もちろん、必要なのは、「いつから始めるか」の開始日ですよ。これがなかったら、たぶん、押送時は成立しないんじゃあないですかね。

でも、年内の終わらせたかったら、いくつかのことをきちんと決めておかないと、結局、もうこれは、いいや、とやらずに済ませてしまうことになるかも知れませんね。

ふつう、31日の大晦日はゆっくりしたいじゃないですか。だから、大掃除は30日までが理想じゃないかなと思うのです。

どこをキレイにするかを書きだす

普段掃除していないところを一覧表にする

何となくやっていくと、ダラダラとしてしまったり、やり残してしまったりします。だから、やるところを羅列して、順番を決めなければなりません。

普段からこまめに掃除している場所は、結構キレイですから、大掃除では特にやらなくても構わないかも知れません。

要するに、ふだん手が入っていないところをキレイになることで家全体がキレイになるわけです。

効率の良い方法を考える

掃除には順番がある

上から下に向けてする

ほこりなどの汚れは上から下へ落ちますね。だから、下を先に掃除してしまうと、上の汚れが落ちてきて、二度手間になってしまうわけです。

天井やシーリングライトの方から掃除します。そして、汚れを下に落とし、最後に床ふきをすれば、掃除は一度で済みますね。

奥から外に向けてする

外の方から掃除を始めてしまうと、汚れがどんどん入ってきてしまい、これも二度手間です。

まず家の奥から順番に掃除していきます。そして、外を最後にすれば、家の中と周りもキレイにできるわけです。

すなわち、汚れを奥から順に外に集めて、最後には外でまとめて処理するんですね。

キレイな我が家で気持ちよく新年を

大掃除は新年を迎える準備

大掃除をしっかりして、キレイな我が家で新年を迎えると、とても気持ちがいいものですね。

また、大掃除の途中で、結構汚れた場所が見つかったり、見えていないところがキレイになることでうれしくなったりします。

計画的に始めると、そういうところまでしっかりと取り組めるので、安心です。

さあ、今年は計画的に大掃除を進めていきましょう。そして、余裕をもって終わらせて、気持ちよく新年を迎えようではありませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする