依存症とは?病気の種類と症状の特徴、一人では難しい治療と社会復帰

依存症がなぜこわい病気なのか

自分をコントロールできなくなる病気

依存症は、一言で言えば、特定の何かに心を奪われてしまい、頭でやめようと思っても、やめられない状態になってしまうことだそうです。

依存してしまう代表的なものが、アルコール、薬物、ギャンブル等ですが、この特定の物質や行為、プロセスを、やめたくても、やめられない状態です。

依存症で一番問題になるのは、本人や家族が苦痛を感じていないかということと、生活に問題が生じてないか、という点になります。

依存症では、欲求がコントロールできないのですが、本人はその自覚がなかったり、気づかなかったりします。したがって、気持ちだけでコントロールできません。

まわりがいくら根性論で本人を責めたてても、なんら問題が解決ないどころか、叱責や処罰によって、むしろ状況を悪化させてしまうといわれています。

依存症の種類

3つの依存症と合併症

1.物質依存

物質を摂取することによって、快楽や刺激が得られて、それに対して依存するものです。。アルコール、たばこ、薬物がこれにあたります。

2.行為・プロセスの依存

なんらかの行為や過程で得られる興奮や刺激を求めてしまい、その行為や過程に執着、依存するものです。ギャンブル、パチンコ、買い物、盗癖、ネット依存、性癖などです。

3.人との関係への依存

人との人間関係に依存します。ただ、歪んだ人間関係です。そこで人とのつながりを求めようとするものです。女性依存、男性依存、DV、ストーカーなどがあたります。

4.クロスアディクション

人によっては2つ以上の依存を合併してしまいます。これをクロスアディクションと言います。1つの依存を抑制したために、別の依存が起こると言ったことがよくあります。

身体や心に悪影響

生活の優先順位が狂ってしまう

私たちは、生活の中でいろいろなことに優先順位をつけ、それらを選んで生活しているのです。

例えば、食べること、寝ることや大切な人と楽しく過ごすことを優先的に選択して生きているといったことです。

しかし、依存症になると、 脳がごほうびを求めて働いてしまうので、正しい選択ができなくなります。

そうなると、優先順位がおかしくなり、睡眠や食事を削ったりといったふうに健康な生活で選んでいたことよりも依存している物や行為を優先するのです

さらに、飲酒や薬物、ギャンブルなどのために仕事を休んだり、借金したりするといったことも起こり始めます。

周りの人の生活に悪影響

問題は誰かが困ること

依存症に共通することは、家族との不和、生活リズムが狂う、体調がくずれ、お金を使い果たす、などの問題があっても、やめられない状態に陥っているということです。

依存症のことを考えるときに気をつけなければならないのは、そのことによって本人や家族が苦痛を感じているかどうかです。

依存対象のことを大事にしすぎると、自分や家族の生活に不都合が生じていきます。それは、依存行為の繰り返しによって、脳の状態が変化してしまっているのです。

家族や周囲の人との関係よりも、飲酒や薬物使用、ギャンブルなどを優先してしまうので、嘘をついたり、借金をしたり、事実を隠したりしてしまいます。

ただ、依存症は病気なので、専門の相談機関や医療機関に頼ることで、徐々に解決に向かっていく、そんな問題だといわれています。

ただ、本人に病気という自覚がなかったり、認めなかったり、そして、家族も誰にも相談できず、問題の尻拭いにばかり目が向くことになるのです。

依存症は、本人の意思では治せません。適切な対応を怠ると、症状が悪化するのはざらです。

本人の代わりに借金を返済したりして、そのような生活によって、家族もだんだんと生活に狂いが起こってしまうわけです。

なぜ自分の意志でやめられないのか

鍵をにぎっている脳

依存症において、脳はどんな仕組みで働くのでしょうか。アルコール依存症の場合なら、こんな感じです。

アルコールが体内に入ると、脳に侵入し、脳の中で神経細胞の情報伝達の働きに影響を与えることになります。

アルコールや薬物では、脳内にドーパミンという物質が出ます。これは、快楽物質と呼ばれ、中枢神経が興奮して、それが快感やよろこびを生み出します。

脳はこの感覚を、ご褒美というふうに認識してしまい、ご褒美を求める回路が脳内にできてしまうそうです。

脳にご褒美を求める回路ができあがって、アルコールや薬物などを取り込む行動が習慣になっていくと、快楽物質は強制的に分泌されてしまいます。

そのうち、その喜びを感じる中枢神経の機能は低下してしまうのです。快感やよろこびが感じにくくなると、ふたたび快感や喜びのために量や頻度が増えるのです。

そして、さらに快感やよろこびが感じにくくなって、そのうち、焦り、不安、物足りなさが大きくなり、悪循環が生まれるというわけです。

こうなると、適度、ということができなくなり、もはや自分の意志ではコントロールすることは困難になっていくのです。

脳はご褒美を求めてエスカレートしていくので、本人の意志は役に立ちません。それは、意志の弱さや性格の問題ではないのです。

ようするに、依存しているのは、本人というより、脳なんですね。ということは、誰でも依存症になる可能性があると言うことがわかるのではないでしょうか。

依存症という病気の治療法

一人の力では難しい

依存症では、飲酒、薬物、ギャンブルといったものを止めることはかなり困難です。しかし、まわりの助けを借りて、依存しない生き方にもどすことが可能なんです。

依存症も病気なのです。したがって、病気との付き合い方が重要です。治療を続けるには、正直に自分の気持ちを言える場所が必要だと言われています。

依存症では、孤立しないことがとても大切なんです。病気であることを恥ずかしいと思うのではなく、立ち直ることで回りを幸せにできるということに気付くことです。

止め続ける重要性

いったんご褒美を求める回路が脳にできると、脳を以前の状態には戻せないと言われています。自分では大丈夫と思っても、脳はそれを覚えています。

大切なのは、一人で抱えることなく、助けを借りて、回復を目指すことです。止め続ければ、問題のない社会生活に戻れます。

酒や薬物、ギャンブル以外のことにどれだけの時間をどのように使い、充実させていくか、要は、脳に別のことを覚えさせることが大切なわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする