ムスカリは和名ブドウヒヤシンス、種類と育て方、毎年咲かせるコツ

ムスカリとは?

青紫が鮮やかな、さわやか品種

原産は、ヨーロッパ南部、東部、コーカサス地方などです。植え付けの適している時期は秋です。

花の色は青紫色が多く、ふつう、ムスカリと言えばこの色を思い浮かべる人が多いでしょう。ほかに水色や白などもあり、最近はピンクの品も種出てきました。

ヒヤシンスととても近い品種だそうです。そのため、別名が「ブドウヒヤシンス」といわれます。ブドウのように房状に咲くのが理由なんですね。

地植えでも、鉢植えでもどちらでも栽培できます。また、水耕栽培も楽しむことができるそうです。

ムスカリの種類

いろいろな色がある

ムスカリは鮮やかな青紫色の花が春の花壇を彩るイメージですね。チューリップなどほかの花を引き立てる名脇役を演じてくれます。

とても丈夫で、育てやすい球根です。花壇の縁取りやマッス植えなどに向いています。
主な原種、園芸品種

1.レディブルー

淡青色

2.ピンクサンライズ

淡桃色

3.グリーンパール

淡黄緑色

4.プルモーサム

赤紫色で羽毛状の花。羽毛ムスカリ、ハネムスカリと呼ばれます。

ムスカリの育て方

植えつけ時期

ムスカリの球根の植え付け適期は、10月~11月です。ただし、10月に植えると、葉が長く成長してしまい、花の見栄えが半減するといわれています。

というわけで、球根は、11月上旬~中旬までに植えるほうが、葉の長さを抑えられて、花がきれいになります。

ムスカリは、弱アルカリ性の土を好みます。事前に、土壌酸度測定液であるアースチェック液で酸性度を調べます。酸度を弱アルカリ性にするには、苦土石灰を適量施します。

球根は、深さ4~5cmぐらいの植え穴を10cm間隔に掘って植えつけます。この位の距離が一番花の見栄えがよくなるようです。

水やりの方法

花壇植えでは、秋の植えつけの時から根が張るまでの約1か月間が大切です。土が乾いたらしっかり水をやります。

それからは、ひどく乾いたとき以外は、とくに水やりは必要ないでしょう。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、たっぷり水をやります。

肥料

庭植えの場合、よほどのやせ地でないかぎり肥料は必要ありません。ただし、開花後に追肥を施しておくと球根がより大きく太って、芽数もふえます。

病気と害虫

病気では白絹病にかかります。水はけが悪いと、白い糸のようなカビが生える病気です。石灰分を与えておくと予防になります。害虫はほとんど見られないようです。

作業

花がらは切り取ります。そのほうがすっきりするので見栄えがよくなります。植えっぱなしにすると、秋に葉が伸びて草姿が乱れるので、開花期に見苦しくなります。

早春の早い時期に一度短く刈り込みます。また、6月ごろに掘り上げて晩秋に植えつけるのもいいようです。

ムスカリを毎年咲かせるコツ

毎年楽しむためのポイント

6月頃になると、葉が黄色く枯れてきます。そのころに、球根を土から掘り上げ、球根を風通しの良い場所で陰干しします。

葉が枯れたら取り除き、球根だけを風通しの良い場所に保管します。そして、翌年の秋の植え付けの時期に植えたらいいわけです。

もし土の中に球根を植えっぱなしにするという人は、寒い冬を越すことができません。鉢ごと室内に入れます。

開花後の手入れ

花が終わったら、花がらと花茎を取り除きます。お礼肥えを施します。粒状の肥料がいいでしょう。7月上旬には葉が黄色くなるので、球根を掘り上げの時期です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする