スピリチュアルとはどういう意味か、占いとの違いと本当の意義とは?

精神世界に浸っていてはダメ!

あくまで、現実に生かせることが大切

スピリチュアル、目には見えない、不思議な世界ですね。そうなんです。スピリチュアルなできごととか物事は、決して、目でみることはできないのですよ。

体で感じるというのがほとんどです。だから、言葉や文字にあらわすことも難しいのです。

スピリチュアルな体験っていいますね。あれは、ほんとうに、日常の中に隠れています。そして、ひょんなことから体験するわけです。

その場合、人によって体験した時の感想や感情はそれぞれです。それぞれのひとが、不思議な体験をしたという、言葉では表しにくい感覚が残るものなんです。

その体験が内面を見つめ直すきっかけに

一番の利点は自分自身を見つめること

スピリチュアルな体験をするということで、自分自身を振り返り見つめなおすことにもつながったと言うことをよく聞きます。

その、スピリチュアルな体験がきっかけとなって、本来の自分のあるべき姿を考え直してみた、というわけです。

また、新しい自分へのスタートになったりすることもあるようです。まさに、不思議な体験が自分自身を変えるパワーを持っているのですね。

自分は自然の一部にすぎないということに気づく

自分がちっぽけな存在だと感じる

圧倒的な大自然に囲まれていたり、なにか自然の脅威にであったりすると、人間は何てちっぽけな生き物なのだと感じることがあるにちがいありません。

ほんとうに、大きな自然の前では人間は小さな存在なんです。というより、人間も偉大な自然の一部であると考えることです。そして、人間は自然とひとつになれる存在なのです。

霊的世界は決して怖いものではない

スピリチュアルは英語に訳すると霊的なという意味になります。そのために、オカルト的なイメージをもっている人が多いように思います。

この、「霊的な」というのは、「霊が~」といったふうなオカルト的な話ではありません。まさに、大自然や地球という言葉とリンクしていると考えた方が正しいのです。

スピリチュアルという言葉を聞いて、身構えたり、怖がってしまっては台無しです。自然と接して気持ちが落ち着く、そんな心地よいものが本来のスピリチュアルです。

なぜ、スピリチュアルな世界に救いを求めるの?

世界の見かたや接し方が変わる

スピリチュアルな体験を、体で体感したら、きっと素敵な変化がおとずれるに違いないと思います。

今まで、生きることに悩み、苦しんでいたひとも、スピリチュアルな世界を体験することで変わることができるのです。

現実世界から逃避していても解決しない

現実には、目の前のあらゆる出来事と向き合わなければいけないわけです。そこに向き合うエネルギーというものがなかったら逃げてしまうしかないですよね。

スピリチュアルな世界にはまりこんでいるだけで現実に向けてのエネルギーを得ていない人は、地に足をついて生きていないことになりますね。

実際問題として、あなたの現実世界はどうなっているのでしょう?本当に大切なことは、そこですよね。そこに向かうためのエネルギーをぜひ手に入れてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする