秋田のしょっつる鍋の意味と起源、おいしい食べ方

秋田のしょっつる

魚醤とは?

しょっつるは塩魚汁と書きます。秋田を代表する調味料のことです。魚を塩で漬け込んで発酵させます。

その後、2~3年もの醸成工程を経て、骨が溶けて形がなくなってから火を通して保存します。

魚醤とよばれる調味料の1つで、日本では、石川県の「いしる」や香川の「いかなご醤油」と共に日本三大魚醤といわれています。

海外では、有名な物に、ベトナムの「ニョクマム」、タイの「ナンプラー」などがあります。

ハタハタとしょっつる

しょっつる鍋と言えば、やはり秋田名産の魚「ハタハタ」が有名です。寒い冬にぴったりの、心と身体をあたためてくれる郷土料理です。

毎年11月~12月になると、産卵のためにハタハタが、男鹿半島を中心とする秋田県沿岸に現れます。

大きさは15~20cm程度です。ウロコがないのが大きな特徴です。肉はほんのり甘みも感じられ、身離れのよい柔らかさが格別です。

しょっつる鍋には、ハタハタ以外にも、鱈や鯛などの白身魚が使われます。また、新鮮な魚介のほかに、白菜やネギ、豆腐やしらたきなど、旬の野菜やきのこなどが合います。

作り方は、昆布などのダシに具材を入れ、あとはしょっつるで味付けをするだけのシンプルなものです。

どのような具材でも、素材のおいしさが引き出されてくるのは、調味料「しょっつる」の魅力といえるのです。

しょっつる鍋のおいしさ

秋田で味わうしょっつる鍋

男鹿半島へ行って、旅館でしょっつる鍋を頼むと、だいたいは子持ちハタハタ、白菜、ネギ、しらたき、豆腐、えのき、春菊の具材が出てきます。

スープは透明で、味は寄せ鍋に似ていますが、ハタハタはさっぱりしていて、カレイに似た味がします。

しょっつるは、ハタハタを主な原材料して塩や麹で発酵、熟成させた魚醤です。大豆を原料とする醤油に比べると、よりマイルドでコクのある味わいが人気です。

しょっつる鍋の歴史

秋田で発展した料理

しょっつる鍋は、秋田の冬の定番鍋としても知名度が高く、秋田県の各地の郷土料理店などでしっかりと味わえます。

そのしょっつるの歴史をたどっていくと、そのはじまりは江戸時代までさかのぼることができるそうです。

かつて、ハタハタが大量にとれた時代がありました。そのことは、各家庭でも自家製のしょっつるが作られていたそうです。

長い間、秋田の食生活を支えてきたのが、しょっつるなのです。現在は、以前ほどハタハタが獲れないので、秋田県内の醸造所で、しょっつるが製造されています。

しょっつる鍋のおいしい食べ方

手軽なレシピを紹介

<材料>

はたはた    4尾
白菜      1/8個
まいたけ    1/2パック
長ねぎ     1本
木綿豆腐    1/2丁
春菊      1/3束

<だし汁>

水       600ml
しょっつる   大さじ2
「ほんだし」  小さじ1

<作り方>

1.はたはたの内臓とエラを取り除き、水洗いして水気を拭きます。
2.白菜は4cm幅に切り、まいたけは小房に分けます。ねぎは斜め切りにし、豆腐はひと口大に切ります。春菊は食べやすい長さに切ります。
3.鍋にだし汁を入れて火にかけ、2.の白菜・まいたけ・ねぎ・豆腐、1.のはたはたを加えて煮ます。全体に火が通ったら、2.の春菊を加えてひと煮だちします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする