岩手県の名物料理、ひっつみの起源と種類、作り方

ひっつみとは?

岩手県に伝わる味

なめらかで、独特の喉越しで人気のあるひっつみ。老若男女へだてなく、身も心もあたためてくれる岩手県ふるさとの味です。

ひっつみは、とってなげ、つめりとも呼ばれます。小麦粉を用いた汁物の水団の一種の郷土料理です。

岩手県の北上盆地を中心とした地域が主な地域です。小麦粉を練って固めたものをひっつまんで汁に投げ入れて作られます。

その製法がそのまま名称につながっているんですね。食感としては、すいとんよりも、餃子の皮やワンタンに似ているようです。

ひっつみの起源

岩手や青森の南部に伝わる料理

農林水産省が選定した「農山漁村の郷土料理百選」というものがあります。そこに選ばれたひとつで、主な地域は岩手県です。

小麦粉をこねて薄く伸ばしたものを手でちぎり、お鍋の中のだしで煮込みます。季節の野菜といっしょに食べます。

具やだしは季節や地域によっていろいろあるようです。川魚や川のカニ、鶏肉、きのこなどさまざまな具材があります。

ツルッとなめらかで喉越しがよく、かみごたえがあって、ゆでたひっつみにきな粉と砂糖をかけると、おやつになるそうです。

ひっつみの歴史

ひっつみの名の由来

ひっつみの名の由来は、「手で引きちぎる」事を、岩手県方言で「ひっつむ」と言うことから名付けられたそうです。

「ひっつみ」は、地域によっては「とってなげ」、「はっと」、「きりばっと」とも呼ばれています。

ひっつむの名の通り、手でちぎっては鍋に入れ、魚肉や野菜、山菜、きのこ、川ガニなど山海の幸と一緒にいただくんですね。

鍋に入れる時のそういった風景から、地域では「とってなげ」とも呼ばれるわけです。

ひっつみの作り方

ひっつみの調理のコツは?

岩手県の家庭では鶏肉や豚肉、海の幸などお好みの材料を入れるようです。鶏肉を入れる際は岩手県では南部どりを使うそうです。

南部どりは煮込んでも固くなりにくいので、ひっつみにぴったりだというわけです。

ひっつみの生地に色々練りこむのもまた、楽しみ方のひとつです。例えば、七味唐辛子やごま、カレー粉などを練り込みます。

さらに、ひっつみにきなこをまぶして黒蜜をかけると、ひっつみスイーツということになり、子どものおやつにもピッタリです。

ひっつみ作り方

<材料>

・小麦粉   300g
・水     200cc
・日本酒   大さじ2~3
・しょうゆ  大さじ3~4
・塩     小さじ1~1.5
・だし汁   8カップ
・鶏もも肉  1枚
・ごぼう   80g(約0.5本)
・人参    80g(約5cm)
・きのこ(舞茸,しめじ,生しいたけ等)適量
・長葱    1本
・みつ葉,せり等 適量

<作り方>

1.深めのボールに小麦粉と、水を入れて、耳たぶくらいの柔らかさにこねてまとめます。ぬれぶきんをかけて2時間位ねかせます。

2.鶏肉はぬれぶきんをしぼってきれいにふいて、一口大に切ります。

3.ごぼうは大きめのささがきにします。水にはなしたら、アクぬきします。

4.人参はたんざく切りにし、きのこはそれぞれ食べやすい大きさ、生しいたけは薄切りにします。長葱は斜め切り、みつ葉やせりは3~4cmの長さに切ります。

5.鍋にだし汁、ごぼうを入れて火にかけます。少し煮えたら人参と鶏肉を入れ一煮立ちさせて、アクをとり、日本酒と、醤油、塩で調味します。そこへきのこを入れます。
6.1の生地を左手に持ち、右手を水につけながら薄くのばして、食べやすい大きさにちぎって3の鍋に入れていきます。
7.ひっつみが煮えて浮きあがってきたら、長葱を加え、更にみつ葉やせりを入れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする