梅前線と桜前線の違い、種類が多い梅の花の開花時期、見頃の情報

サクラほどはっきりしない梅の開花時期

梅見の時期は種類によっても違うから難しい

ふつう、梅の花は2月から3月が開花時期といわれていますね。しかし、もう、1月ごろに満開になっているのを見たりします。

だいたい、花梅は1~3月に、実梅は2~3月に咲くようです。品種によっては12月から咲き始める早咲きのものもあるほどです。

梅の花は、サクラなどに比べて休眠が浅いために、開花時期がそのときの天候で大きく左右されてしまうんですね。

高温で湿度がある程度高く、日照が多い年は開花時期が早まるそうです。逆に乾燥が激しかったり、気温が低い年はやや遅くなるんだとか。

梅前線は桜前線よりも早い

いち早く春の訪れを知らせる梅の花

梅前線は1月下旬から5月上旬まで、約3ヶ月間かけて、ゆっくりと日本列島を北上するんです。

梅で有名な和歌山県南部では、1月下旬~2月に開花します。全国では、だいたい2月上旬あたりに九州地方から梅の開花が始まります。

だんだんと北上して、京都での開花は3月の初めくらい。東京での開花は2月中旬~下旬くらいですね。

九州地方    → 2月上旬
四国・東海地方 → 2月中旬
関東地方    → 2月下旬
中国・関西地方 → 3月上旬
北陸地方    → 3月下旬
東北地方    → 4月中旬
北海道     → 5月上旬
このような感じで、日本各地でけっこうな差があることがわかります、.

同じ地方でも標高などによっても開花時期はずれますし、気温ほどではありませんが、日照時間にも梅の開花時期は左右されるそうです。

梅の種類によっても大きく変わる開花時期

早咲きの代表的な梅

紅冬至(こうとうじ)

野梅性一重/淡紅色/中輪 → 12月中旬~1月上旬

初雁(はつかり)

野梅性一重/白色/極小輪  → 12月中旬~1月中旬

八重寒紅(やえかんこう)

野梅性八重/濃紅色/中輪 → 12月中旬~1月上旬

冬至(とうじ)

野梅性一重/白色/中輪 → 12月中旬~2月上旬

遅咲きの代表的な梅

江南所無(こうなんしょむ)

杏性八重/紅色/大輪 → 3月中旬~4月上旬

記念(きねん)

杏性八重/薄紅色/中輪 → 3月中旬~4月上旬

白加賀(しろかが)

実梅/白色/大輪 → 3月上旬~下旬

豊後(ぶんご)

実梅/淡紅色/大輪 → 3月中旬~下旬

梅見の時期と開花時期は違う

ゆっくり花が開くのが梅の特徴

梅は、開花し始めてから、ゆっくり開花していきます。したがって開花時期から大体1ヵ月ほどで満開になるということになります。

ということは、各地域の開花時期の一カ月後が、だいたい、満開の時期ということになるわけです。

梅の花言葉はなにですか?

梅の全体的な花言葉としては、「高潔」「上品」「忍耐」「忠実」があるそうです。

白色の梅の花言葉としては、「上品」「気品」です。

赤色の梅の花言葉としては、「優雅」「忠実」です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする