サッカーとフットボール、呼び名の違いは歴史にあった

国によってサッカー?フットボール?

国によって呼び名が違っている

日本では、サッカーと普通に呼んでいるけど、じつは、日本サッカー協会というのは本名はJFA=Japan Football Associationなんですよね。

ようするに、サッカーじゃないんです。フットボールなんです。正式には、フットボールというのが正しいんでしょうか。

じゃあ、なぜ、サッカーなのか?疑問がわき上がってくるのは、当然でしょう。日本国内で2つの名称が存在するスポーツ、どういうことなのか。

じつは、日本にサッカーが伝わってきた経緯が、2つの名称を広めてしまったと言うことなんです。

サッカーの呼び名が生まれたわけ

日本人には理解できない呼び名の由来

「サッカー」という言葉自体は英国が発祥なんだそうです。1863年に、英国でフットボールのルールを共通するための協会が設立されました。

英語では、それは「Association」となります。サッカーはその協会が定めたルールのフットボールのことを指します。それで、「Association football」と呼ぶのです。

その「Association football」から「soc」だけを抜きだして、「soccer」という呼び名が生まれ、定着したというわけです。

フットボールにもいろいろ

○○フットボールの数々

じつは、国によって独自のフットボールがたくさん存在します。たとえば、米国でフットボールと言えば、アメリカンフットボール(アメフト)を意味するようなものです。

同じように、世界にはfootballがつく競技は意外とあるんですね。カナダのカナディアンフットボール(Canadian football)は、アメフトに似たスポーツ。

カナダでは、アイスホッケーに次ぐ人気のスポーツです。また、オーストラリアのオーストラリアンフットボール(Australian football)。

これは、オーストラリアで最も人気のあるスポーツです。フッティー(footy)、オージールールズ(Aussie rules)と呼ばれ、日本ではオージーボールといいます。

ラグビーは、協会名も日本ラグビーフットボール協会というようにラグビーフットボール(rugby football)というのが正式です。

サッカー(soccer)という言葉は、おもに米国やカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどで使われている言い方です。

英国やヨーロッパではフットボール(football)と呼ぶのが一般的です。南米でも「futbol(フトボル)」と呼んでいます。

FIFAの呼び名の由来

略語はフランス語から

じつはサッカーの世界連盟である、FIFAというのは、フランス語の頭文字なんですね。Federation Internationale de Football Association というそうです。

これを英語にすると、International Federation of Association Football になります。
Fedrationは「連盟」という意味で、Associationも「組合」や「連合」などという意味になり、言葉が重複します。

これは、先ほど行った、サッカーの言葉の由来と関係します。ようするに、フランス語のFootball Associationも英語のAssociation Footballも、サッカーそのものを意味する言葉なんですね。

ようするに、FIFAのうしろのFAがサッカーという種目を表すんだということになります。

その方法で日本サッカー協会の呼び名を作れば、JFAFになる、というお話です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする