ハットトリックの語源、クリケットからサッカー、ラグビー、ダーツへ

3点入れたら帽子?

言葉だけでは、何のことやらわからない

ハットトリックという言葉の意味は、だいたい誰でも知っていますね。サッカーで、ひとりの選手が1試合で3点ゴールを決めることを言います。

この用語では、1試合に同じ選手が3得点することをいいますが、6得点をダブルハットトリック、9得点をトリプルハットトリックというようです。

さて、モータースポーツのF1でもハットトリックという言葉を使うこと、知っていましたか。

これは、ひとつのレースでポールポジション、優勝、ファステストラップの3つを獲得することを言うそうです。

日本ではサッカーの方がこの言葉を耳にすることが多いのですが、F1では昔からハットトリックという言葉は使われていたそうです。

その歴史は、最初のハットトリックは、ファン-マヌエル・ファンジオという選手が1950年のモナコGPで記録したものです。

クリケット由来の3点

日本人にはイメージが湧きにくい

さて、ハットトリックという言葉はどこから来たのでしょう。これは、イギリス発祥のクリケットに由来しているといわれています。

日本ではなじみのないスポーツですが、クリケットは野球の元になったスポーツだといわれています。

投手はボーラーといい、ウィケットという柱と横木に向かってボールを当て、それに対して打者がバッツマンとよばれ、ウィケットを守るためにボールを打ち返すのです。

ウィケットの横木を落とせば打者はアウトになります。3人の打者を連続でアウトにするのは、野球以上に難しいといわれています。

そして、この偉業を成し遂げた選手には、高級な帽子が贈られました。それくらい、大変な名誉なこととされていたのです。

この帽子を送ったトリックという言葉が、サッカーでも使われたんですね。1試合で3得点すれば、ハットトリックとなるわけです。

アイスホッケーでもハットトリック

一人で三点はやはりすごい

サッカーだけでなく、アイスホッケーでもハットトリックという言葉を使います。1試合に1人で3得点を取ることですね。

じつは、これは、ラグビーでも使われるんです。1試合に1人で3回以上のトライをすることがハットトリックと呼ばれます。

さらに、ダーツでもハットトリックという用語が使われているそうです。

ハットトリック以外の呼び名は?

3点以上、それ以外は?

ハットトリックは3点、という単位で使われることになっているそうです。基本的に使われるのは3点がハットトリックです。

もし、6点取れば、ダブルハットトリック、9点でトリプルハットトリックなるそうです。

しかし、イタリアではこれ以外の呼び名も使われているようです。2点がドッピエッタ、3点はトリプレッタ、4点はポーカーと言うそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする