ハットトリックの意味と語源、クリケット、ラグビー、F1からダーツ

3点入れたら帽子?

言葉だけでは、何のことやらわからない

ハットトリックという言葉の意味は、だいたい誰でも知っていますね。サッカーで、ひとりの選手が1試合で3点ゴールを決めることを言います。

この用語では、1試合に同じ選手が3得点することをいいますが、6得点をダブルハットトリック、9得点をトリプルハットトリックというようです。

さて、モータースポーツのF1でもハットトリックという言葉を使うこと、知っていましたか。

これは、ひとつのレースでポールポジション、優勝、ファステストラップの3つを獲得することを言うそうです。

日本ではサッカーの方がこの言葉を耳にすることが多いのですが、F1では昔からハットトリックという言葉は使われていたそうです。

その歴史は、最初のハットトリックは、ファン-マヌエル・ファンジオという選手が1950年のモナコGPで記録したものです。

クリケット由来の3点

日本人にはイメージが湧きにくい

さて、ハットトリックという言葉はどこから来たのでしょう。これは、イギリス発祥のクリケットに由来しているといわれています。

日本ではなじみのないスポーツですが、クリケットは野球の元になったスポーツだといわれています。

投手はボーラーといい、ウィケットという柱と横木に向かってボールを当て、それに対して打者がバッツマンとよばれ、ウィケットを守るためにボールを打ち返すのです。

ウィケットの横木を落とせば打者はアウトになります。3人の打者を連続でアウトにするのは、野球以上に難しいといわれています。

そして、この偉業を成し遂げた選手には、高級な帽子が贈られました。それくらい、大変な名誉なこととされていたのです。

この帽子を送ったトリックという言葉が、サッカーでも使われたんですね。1試合で3得点すれば、ハットトリックとなるわけです。

アイスホッケーでもハットトリック

一人で三点はやはりすごい

サッカーだけでなく、アイスホッケーでもハットトリックという言葉を使います。1試合に1人で3得点を取ることですね。

じつは、これは、ラグビーでも使われるんです。1試合に1人で3回以上のトライをすることがハットトリックと呼ばれます。

さらに、ダーツでもハットトリックという用語が使われているそうです。

ハットトリック以外の呼び名は?

3点以上、それ以外は?

ハットトリックは3点、という単位で使われることになっているそうです。基本的に使われるのは3点がハットトリックです。

もし、6点取れば、ダブルハットトリック、9点でトリプルハットトリックなるそうです。

しかし、イタリアではこれ以外の呼び名も使われているようです。2点がドッピエッタ、3点はトリプレッタ、4点はポーカーと言うそうです。

クリケットの特徴

のんびり続く英国の紳士のスポーツ

クリケットは野球と同様、攻撃側と守備側に別れて戦います。しかし、攻撃と守備は1回ずつなんです。それでも7時間くらいかかるそうです。

図のように、球場の真ん中にピッチとよばれる20メートルほどの縦長のスペースがあります。そこに写真のようなウィケットと呼ばれる、三本の棒を刺したものをおきます。

まず基本は、ボールを投げてこのウィケットを倒せば1アウト。これをボールド=Bowledといいます。

また、ノーバウンドでボールをキャッチしても1アウトで、これは、コート=Caughtといいます。

普通では、10アウト取るか300球投げることで攻守が交代することになっています。投手は6球ごとに1オーバーと行って、違う投手に交代していきます。

なかなかアウトにならないときもある

打者はアウトになったら次の打者と交代ですが、アウトにならなければずっと打席に立てますし、走り続けることができます。

投手はボウラーと呼ばれ、助走をつけて投げてもかまいません。ただし、投球時に肘を曲げてはいけないのです。ワンバウンドもOKです。

2オーバー連続しての投球と60球を超える投球は出来ません。11人のうち5人以上がボウラーになります。

打者をバッツマンといい、打ったらピッチの反対側に走り、反対側にもバッツマンがいて、2人とも反対側に行けば1ランで1点になります。

走っている間にボールでウィケットを倒されるとアウトになります。ファールやデッドボールという概念はありません。

球場の外枠にバウンダリーと呼ばれるラインがあります。打球がノーバウンドでバウンダリーを越えると6ラン、バウンドしてから越えると4ランです。

クリケットの歴史

クリケットの起源は?

これには、諸説があります。というのは、はっきりと起源に関して明記された書物がないみたいなのです。

中でも、クリケットの起源に関してもっともらしいのは、13世紀に羊飼いが仕事の疲れを癒すために始めたゲームだと言う説です。

羊飼いが棒状のスティックを使って、投げ込まれる石から味方のゲートを守ったわけです。

この素朴な遊戯が、その後、庶民の娯楽として確立し始めて、17世紀初頭には現在のクリケットに近いものになったと言われています。

そして、18世紀前半には、多くのクリケットクラブが生まれて、貴族や富裕階級の間で人気が高まって行ったといったようです。

クリケットと野球の違い

クリケットから生まれた野球

まず、試合の人数が、クリケットは11人同士、野球は9人同士です。グラウンドもクリケットは楕円形、野球は扇形です。

クリケットでは、楕円形グラウンドの中央に、20m幅でウィケットと置きますが、野球は、本塁、一塁、二塁、三塁を置き、本塁と投球板の間は約18mです。

ゲームとしては、クリケットでは、ウィケットが倒された場合とノーバウンドで捕球された場合がアウトで、野球では三振とノーバウンド捕球、塁に達する前の送球などがあります。

クリケットでは投手は、肘を曲げて投球できません。助走してもいいし、ワンバウンド投球もかまいません。野球では肘は曲げてもいいし、助走禁止、ワンバウンドは認められません。

クリケットは、ウィケットを倒されない限り空振りしてもアウトになりませんが、野球では打者が3度空振りすると、三振です。

クリケットでは、打者は、アウトにならなければ何度でも打撃できます。野球では、アウトもしくは走者になれば、次打者が打ちます。

クリケットには、ファールはありません。また、打者がアウトになりそうなら、走らなくてもいいのです。

得点はクリケットでは、走者二人が1回入れ替わると1点得点になります。野球では、走者が、4つの塁をすべて回って1点得点になります。

クリケットでは球が直接スタンドに入ったら6点、ワンバウンド以上でスタンドまで到達すれば、4点です。

攻守交代もクリケットは10アウト、野球は3アウトですし、イニング数もクリケットが2イニングか1イニング、野球では、9イニングです。

日本におけるクリケットの実態

80年代後半に広がり始める

本格的な日本人のクリケットのクラブは1987年に慶應義塾大学で誕生しています。そして、1989年に専修大学と中央大学にクリケットクラブができてそれが、始まりです。

関西地域には、1991年に同志社大学にクラブが誕生しました。

それ以前に、外国人主導で既に1983年に東海地域に静岡クリケットクラブが誕生しています。その後、静岡県や愛知県を中心に外国人のクラブが広がりました。

1985年には東京の江戸川区にもクラブができています。その後、前橋市や平塚市に外国人のクラブが誕生しています。

また1998年には岐阜県の各務原市に小学校のクラブが誕生しました。また、大学を卒業したメンバーによる社会人のクラブが男女問わず、毎年設立されています。

そして、外国人主導のクラブにも日本人が所属しているので、日本でもクラブ数、競技人口は確実に増加傾向にあるといえそうです。

ソフトダーツ上達への道のり

「プロライセンスの取得のハードルは意外と低い!?」

ソフトダーツにかなり熱中し始めた人たちが必ず通る道というのが、「動画サイトでソフトダーツのプロ選手の試合を見る」ということでしょう。

ここでは、ソフトダーツのプロになるための道のりや、プロ選手が実際にはどのくらい稼いでいるのかをご紹介致します。

ダーツのプロライセンス

ダーツのプロへの道は2つ

日本のソフトダーツ界においてプロになるためには、以下のプロ団体のプロテストに合格し、ライセンスを取得する必要があります。

・PERFECT
・JAPAN

「PERFECT」はスポンサーにPHOENIXが専属でついており、開催される大会はすべてPHOENIXの機械で行われます。PHENIXのテスト内容は、書類審査、筆記試験、実技試験と別れており下記の内容をクリアすればライセンスの取得が可能です。

書類審査

・経歴
・作文「私にとってダーツとは」(2018年9月現在のテーマ) 800字以内

筆記試験

・ダーツの基礎知識(100点満点中70点以上)

実技試験

・男子

・501を5レッグ中に1レッグクリアで合格
条件①24ダーツ以内
条件②ダブルアウト
条件③セパレートブル適用

・女子

・701を5レッグ中1レッグクリアで合格
条件①30ダーツ以内
条件②マスターアウト
条件③ファットブル適用

「JAPAN」はスポンサーにDART LIVEが専属でついており、開催される大会はすべてダーツライブの機械で行われます。

JAPANのテスト内容は、筆記試験、実技試験と別れており、書類審査はありませんが、実技試験のハードルが格段に高いことを考えると、PERFECTのライセンスを取得するほうが容易であると思います。

筆記試験

・SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN規定から出題

実技試験

・男子

・SHOOT OUT 5500点以上
・701を2連続でクリア
条件①21ダーツ以内でクリア
条件②マスターアウト
条件③セパレートブル適用
・クリケットカウントアップでスタッツ5.1以上を2連続でクリア

・女子

・SHOOT OUT 4500点以上
・501を2連続でクリア
条件①18ダーツ以内でクリア
条件②マスターアウト
条件③ファットブル適用
・クリケットカウントアップでスタッツ3.5以上を2連続でクリア

男子の例で考察してみると、PERFECTは、8ラウンドで501をクリアとすればよいので、BBフラレベルでクリアできると考えられます。

しかし、JAPANの701を7ラウンドでクリアするためには、Aフラ以上の実力が必要となりますし、2回連続クリアする必要があるため、確実にプロのライセンスを取得しやすいのは、PERFECTであると言えるでしょう。

プロ選手の年収は?

ソフトダーツはまだまだマイナースポーツ

世の中にはたくさんのプロスポーツ選手がいます。日本のプロ野球選手の年収は平均3500万円以上で、多い選手でなんと5億円にもなりますが、ソフトダーツはまだまだ世界的に見てもマイナーなスポーツです。

したがって、日本人の平均年収は20万円と一般的なサラリーマンと比較しても低く、一流のプロダーツプレイヤーでも、1500万円~2000万円と、プロ野球選手と比べると劣って見えてしまうかもしれません。

プロ選手の年収の内訳は以下となっています。(一流選手)

・トーナメント賞金
・スポンサー契約料
・ダーツグッズなどのモデル
・ダーツショップやダーツバーでの給料

多くのプロダーツプレイヤーは、トーナメント期間以外は、ダーツショップで社員として働いていたり、ダーツバーの店員として働いていることが多いのが実情です。

以上のように、他のスポーツと比較すると、プロライセンスの取得は、ソフトダーツは比較的にハードルが低いと感じます。

しかし、一流のダーツプレイヤーとして賞金やスポンサー契約料などのプロとしての活動だけで生計を立てるには、並大抵のダーツスキルでは困難なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク