口腔内常在菌とは?善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れて、生命に関わる

全身に住み着く常在菌

常在菌との付き合い方

常在菌というのは、人の体の中や口腔内、皮膚などに住みついている微生物のことを言います。

常在菌が多い順としては、腸、口、鼻、皮膚といった具合です。そのうち、口腔内にいる常在菌の種類は約500~700種類といわれています。

口腔内にはいろいろな細菌がすんでいて、それぞれ集落(フローラ)を形成していています。

たとえば、歯の表面では細菌の固まりがバイオフィルムで覆われているのです。歯と歯 肉の溝には空気を好まない細菌がすんでいます。

また、舌の表面にも別の細菌が多く存在しているのです。頬の粘膜にも多くの細菌が常在しており、バイオフィルムを形成しています。

ふつう、口腔内の多くの細菌は毒性をほとんど持っていないのですが、なかには、状況によって弱毒を持つ場合があります。これが、悪玉菌になります。

そして、歯みがきがしっかりできていない状態で、食べかすがあると、これが細菌の栄養になり、菌の繁殖がすすむわけです。

この繁殖が進んでしまうと、もう唾液の抗菌作用だけではどうにもならず、歯周病やむし歯になるわけです。

むし歯をつくるミュータンス菌

主に親からうつる

ミュータンス菌は、赤ちゃんの頃に、母親、父親、など周囲の人からうつります。そして、常在菌として、住み続けることになります。

じつは、この菌は普段、口腔内が清潔であれば、人に害を与えるような細菌ではないのです。ところが、歯にくっついて増殖する性質があるんですね。

また、糖分が好きで、糖分を栄養にして酸を作り出します。そして、プラークという集落を作って、周りをネバネバにし、歯が定着しやすくするのです。

口腔内に糖分が多いほど、ミュータンス菌が酸が作り、プラークはバイオフィルムというさらにはがれにくいバリアになってしまうのです。

このとき作り出される酸が歯のエナメル質は溶かし、そのうち、穴があき、むし歯はどんどん進行していきます。

細菌はさらにバイオフィルムの中にいるので、強いバリアの中でどんどん増殖して、加速的にむし歯は進行するのです。

P・G菌は歯周病の原因菌

常在菌の代表格ジンジバリス菌

歯周病の原因菌をP・G菌(ジンジバリス菌)といいます。これは、空気を嫌う嫌気菌で、空気に触れるとすぐに死んでしまいます。

しかし、弱い細菌にもかかわらず、プラークやバイオフィルムの中や、歯ぐきの溝、いわゆる歯周ポケットの中に入り込んで、増殖できます。

そしてP・G菌は増殖すると酵素を出します。その酵素が歯を支える歯槽骨を溶かしながら歯周ポケットの奥へ奥へとすみかを増やしていくのです。

この歯周病菌に対して、体の抵抗力があれば、症状は停滞していますが、体の抵抗力が弱まると、歯周病は一気に進行してしまうのです。

常在菌は一度、口腔内に定着すると、完全に無くすというのはできません。したがって、日頃の手入れ、食事習慣、定期検診などでコントロールすることが重要なんです。

高齢者の肺炎の原因菌

口腔内常在菌と誤嚥

高齢者になると、口腔機能が低下します。自浄作用や、唾液の免疫力の低下や清掃能力の低下が起こります。

口腔機能が低下すると常在菌の老廃物が停滞してしまい、環境が汚れていきます。そして、さらに細菌の増殖が起こります。

ただ、これらの細菌も口腔内では病原性を発揮しないのです。口腔から肺組織などに入りこんだときに病原性が発揮されます。

これを「異所性感染」と呼ぶそうです。そして、高齢者で問題となる異所性感染が『誤嚥性肺炎』なんです。

歯周病の原因菌を中心とした嫌気性菌以外の菌も誤嚥性肺炎の原因になるそうです。というのは、もともと口腔内には弱毒性の日和見菌が多く存在します。

これが、不顕性誤嚥によって肺に入り込んでしまうと、肺炎を起こすことになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする