腸活によって腸を健康に保ち、腸内細菌を正常化して、免疫力を高める

腸を整える方法で健康に

「腸活」で腸内細菌のバランスを整える

最近よく聞く言葉ですが、「腸活」というのは、腸内環境を整えることや、善玉菌を強化し、正常な腸内環境を維持するといったことをいうようです。

この「腸内細菌のバランスが良好」であるということで、理想的なバランスは、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、優勢な方につく日和見菌が7割だと言われています。

この日和見菌が善玉菌を応援してくれるためにも、腸内環境を善玉菌優勢にしておく必要があるというわけです。

腸内細菌は、腸内におよそ100兆個も棲息しているそうです。その種類も100種類以上あると言われているんです。

その腸内細菌の中でも、人の体にとって良い働きをするのがビフィズス菌、乳酸菌、納豆菌などで、善玉菌と呼ばれるものです。

この腸内の善玉菌の割合が増えると、腸内環境が整い、便通も良くなるし、肌の潤いアップにもつながります。

さらに、免疫力が上昇して、病気の予防にもなるし、おまけにダイエットにも役立つと、いいことばかりなんですね。

善玉菌を増やす

食物繊維がカギ

この善玉菌である腸内を整える細菌を育てることが重要なのは誰でもわかるでしょう。そのためのエサとなるのが食物繊維なんです。

食物繊維は、野菜や果物に多く含まれていますが、胃や腸でも消化されず、吸収もされません。そして、大腸まで直接届くんですね。

実は、食物繊維にも2種類あり、その働きには、決定的な差があります。

1.水溶性食物繊維

海藻のようなネバネバ食材に含まれています。

2.不溶性食物繊維

豆類やキノコ類に含まれています。
このうち、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサとなるのは、水溶性食物繊維のほうなんです。

したがって、善玉菌を増やすには、この水溶性食物繊維を豊富に含む食材を食べる必要があります。

ただ、不溶性の食物繊維も重要な働きをするので、欠かすことはできません。2種類の食物繊維は、どちらも腸の健康を保つ上で欠かせないわけです。

善玉菌を取り入れる

食べ物から腸活へ

善玉菌を豊富に含む食材を食べることも重要なことです。ヨーグルト、キムチ、納豆、チーズといった、発酵食品ですね。

特にヨーグルトは、乳酸や酢酸を作り出す乳酸菌やビフィズス菌が豊富なので、ぜひ取り入れたい食材です。

ただ、善玉菌を育てる食物繊維はほとんど含んでいないので、フルーツなどと一緒に食べることも大切です。

この乳酸や酢酸が腸内に多い状態では、悪玉菌が増えにくくなるそうです。また乳酸は腸を刺激し、便を送り出すぜん動運動を活発にしてくれるんですね。

便通を改善する

不要なものをおなかにためない

水に溶けない不溶性食物繊維を多く取ると、スムーズな排便を促してくれて、便秘を防ぐ効果が期待できます。

不溶性食物繊維を豊富に含む食材としては、えのき、しいたけ、まいたけ、エリンギ、あずき、おから、グリーンピース、いんげん豆、アーモンド、切り干し大根といったものです。

不溶性食物繊維が不足してしまうと、便の塊を作れません。すると、不要な排泄物が体に残ることになり、便秘になってしまうのです。

りやすくなります。上記の食材をしっかり摂って、便のかさを増やすことが、お通じの改善につながるでしょう。

朝起きたらコップ1杯の水

睡眠中は十二指腸からモチリンというホルモンが分泌されていて、腸に収縮運動が起こるそうです。

モチリンは十二指腸が空腹時に分泌されるので、寝る3時間前には食事を済ませるのが理想だといわれています。

また、朝起きてすぐは、腸の動きはほぼ止まっているので、1杯の水を流し込めば、腸に刺激を与えて、目覚めさせてくれます。

このときに、腸に圧力を加えるために一気に飲み干すのがいいそうです。重力がかかればいいので、液体なら牛乳やジュースでもいいみたいです。

階段を使って、腸に刺激を与える

階段を使うことで、振動が刺激となって腸が動くそうです。さらに足の血流がよくなるので、腸まわりの筋肉もおとろえないといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする