肌によくない洗顔方法、洗いすぎがいけない理由とは?

キレイにすることは清潔?

肌のことをもっと知らないと大変なことに

洗顔を顔の汚れを落とすだけと思っていたら大変です。実は、落としていいものと落としてはいけないものがあるのです。

それを守れば、洗顔は美しい肌をつくるため、もっとも基本的なスキンケアということになります。

逆に、洗顔がきちんと行えていないと、乾燥肌やニキビなどの肌トラブルに繋がりやすいと考えられるんですね。

清潔志向が逆効果

余分な皮脂を落とすだけ

そもそも洗顔の目的は何でしょう。それは、余分な汚れや皮脂を落として、肌の水分と油分のバランスを適切な状態にすることになります。

顔の皮膚には、ほこりなどの汚れが皮脂や汗などで付着してしまいます。確かに、この汚れを残したままでは、つらいものがあります。

ただ、皮脂は完全に除去すると、乾燥肌になったり、常在菌のバランスを崩してしまったりするのです。

したがって、洗顔の一番大切なポイントは、こすりすぎずに汚れを洗い流すことということになります。

毎日の洗顔で心がけること

正しい洗顔法とは?

1.手洗い

まずは手を洗います。それは、手についている雑菌などが顔に移らないようにするためです。

2.ぬるま湯で顔を洗う

ぬるま湯で軽く予備洗いをして、汚れを落としやすくします。ぬるま湯は体温より少し低い、32~34度くらいにします。

3.洗顔料を泡立てる

洗顔料をしっかりと泡立てることで、肌と手の間に泡のクッションを作ります。それによって摩擦が軽減されます。

4.力を入れすぎずに洗顔する

皮脂の多いとされているTゾーンから洗います。黒ずみになりやすい鼻は、指の腹を使ってクルクルと洗い流します。

5.頬を洗う

ふつう、頬はTゾーンほど皮脂は出ていません。泡を乗せるようにして、こすり過ぎないように洗います。

6.仕上げ

最後は目のまわりやの付近など、皮膚が薄い部分を洗います。力を入れすぎないように注意します。

7.ぬるま湯でしっかりと洗い流す

ぬるま湯を手の平にためて、顔を手の平に近づけて、ぬるま湯を顔に付けるようにすすぎます。

8.清潔なタオルで顔を拭く

清潔なタオルを顔に当てて、水を吸い取るように水気を取ります。強くこすって摩擦が起きないようにします。

メイク落としのクレンジングに注意

小見出しh4:

「毛穴をきれいに」の落とし穴

間違った洗顔によって失われるものがあります。正しい洗顔では、酸化した皮脂やメイクなどの落とすべき汚れのみを落とすことが重要です。

過度な洗顔では、肌に必要な皮脂や、肌のうるおいを保つ角質層の細胞間脂質=セラミドや天然保湿成分まで洗い流してしまいます。

じつは、皮脂、細胞間脂質、天然保湿成分は、肌の水分保持に欠かせない重要な要素なのです。

特に細胞間脂質とNMFが水分を取り込んで、角質細胞を層状に保っているのです。こうして角層の状態がよくなれば、肌は乾燥やアレルゲンなどから守られます。

洗いすぎによって皮脂や細胞間脂質、天然保湿成分を洗い流すと、化粧水や乳液で保湿はそれほど効果がありません。

皮脂膜は数時間で回復しますが、細胞間脂質やNMFが失われてダメージを受けた肌のバリア機能は回復まで、数日から2週間を要すると言われています。

肌は自浄作用を持っています。したがって、汗やホコリは、ぬるま湯だけ十分に落とせるのです。

大切な皮脂は守らなければなりません。不要な汚れだけを落とす、正しい洗顔を身につけることが大切なのです。

肌が本来持っている力

回復力をサポートする洗顔

今までの話で伝えたように、過剰な刺激に繋がる洗顔方法ではかえってトラブルを引き起こすことになるのです。

皮脂を洗い過ぎると、肌が乾燥するだけではありません。刺激から肌を守ろうとして、角質が厚くなってしまい、毛穴が目立つことになるのです。

乾燥肌の人は、もともと皮脂が少ないわけですから、乾燥がひどい時に洗いすぎは禁物です。洗顔料の使用は夜1回だけで十分です。

それほど乾燥がひどくないときは、Tゾーンなど脂っぽい部分だけを中心に軽く泡をのせる程度で洗います。そして、酸化した皮脂や夜に使った化粧品の油分だけを洗います。

適度な洗顔をすれば、夜の間にバリア機能が回復します。したがって、朝に洗顔をしすぎると、せっかく回復したバリア機能が低下する事になると言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする