一重まぶたとは?二重まぶたが進化したもの、日本人にも多い理由

一重と二重、その違いができるわけは?

日本人は全国的には二重が多い

じつは、白人や黒人などのまぶたは二重まぶたのみで一重まぶたはまず存在しないそうです。

一重まぶたが多く見られるのはアジアで、特に日本・中国・韓国などの北東アジアの北に位置する一部の地域に限定されるそうです。

日本人に一重の人がいるわけ

日本人が誕生する歴史

なぜ、日本人には一重まぶたが多いのでしょうか。日本人の7割が一重で二重の人は3割だそうです。

アメリカやヨーロッパにいる白人はほぼ全員二重まぶたですし、アフリカ系の黒人もほぼ全員二重まぶたです。

また、アジアでも、インド、東南アジア、中東のアラブ人やペルシャ人はほぼ全員二重まぶたです。

人類が誕生したのは、アフリカだといわれています。その後、一部の人々が食糧を追い求めてアフリカを離れていきました。

東南アジアやアジア大陸、中にははるか遠くシベリアに足を運ぶようになったといわれています。

日本に始めに来た人間は縄文人だとされています。縄文人は彫りが深い顔立ちをしており、まぶたは二重だったといわれています。

しかし、今から約2万年前の氷河期が大きく運命を変えます。シベリアに住んでいた人たちが寒さに適応するために、一重まぶたに進化したのです。

寒さから目を守るために、まぶたの脂肪を増やして、二重まぶたから一重まぶたになっていったわけです。

ようするに、元々が二重まぶただったのが、環境に適応するために一重まぶたに進化したというのが有力な説になっているそうです。

日本にやってきた進化人類たち

暖かい新天地を求めて大移動

その一重まぶたに進化した人達がシベリアから、暖かくて住みやすい土地を求めて、中国、モンゴル、朝鮮半島、そして日本へ移り住んだのですね。

当時は大陸と日本の陸続きでした。そのときに日本に移り住んだ一重まぶたに進化した人達が弥生人だといわれています。

このような背景があって、日本では一重まぶたの人と二重まぶたの人が混在しているというわけです。

日本人は、二重まぶたの縄文人と一重まぶたの弥生人の混血なので、一重まぶたの人と二重まぶたの人が混在します。

日本人に二重の方が多いわけ

遺伝のしくみが大きく関係

まぶたの遺伝子を調べてみると、二重まぶたは優性遺伝、一重まぶたは劣性遺伝となるそうです。

つまり、二重まぶた同士の子供は二重になる可能性が高く、二重まぶたの人と一重まぶたの人との子供も二重まぶたになる可能性が高いというわけです。

日本人は縄文人と弥生人の混血なので、二重の方が優性遺伝子なので、一重よりも多く生まれてので、7対3という割合になったというわけです。

昔、日本の美女と言えば、一重のすっきりした目元を持った人でした。二重の人は卑猥なイメージを持たれたと言うことが文献にも残っているそうです。

二重まぶたからそういった性的なニュアンスが排除されて、美しい目として見られるようになったのは、明治時代以降のことなんです。

しかし、一重まぶたは、世界全体でいえば希少な存在、東洋にしかいないというわけで、それを美しいと感じる外国人男性も多いそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする