ヨーグルトってアトピーにいいのか、腸内環境正常化に期待できる効果

腸内環境とアトピー

体内の免疫システムと深い関係

アトピーのさまざまな症状は、体内の免疫システムの過剰反応の結果だといわれています。

そして、かゆみなどの症状がでるわけで、その免疫システムは、小腸や大腸に存在する免疫細胞の状態に、とても大きく依存しているといわれています。

ようするに、腸内環境の正常化によって、体全体の免疫システムが正常に保たれるということになり、結果としてアトピーなどのアレルギー症状が抑えられるというわけです。

よく知られていることに、善玉菌と悪玉菌という菌が腸内には存在していて、善玉菌は人体に良い影響をもたらし、悪玉菌は悪影響を及ぼす可能性があると言うことです。

この2つの菌はバランスが重要で、菌のバランスが崩れてしまうと、悪玉菌は有害物質を出し、免疫システムが異常になってしまうわけです。

このバランスを元に戻すためには、善玉菌の数を増やして、バランスを調整することで腸内環境を整える必要があるのです。

ヨーグルトは、善玉菌を生きたままの状態で腸内まで運ぶ可能がある食品だともいえます。

ただし、製品によって含んでいる乳酸菌の種類や量もさまざまです。アレルギー対策に合うヨーグルトを選ぶ必要があるわけです。

腸内細菌とは

生きるために欠かすことのできないパートナー

人の腸内の壁には、微生物が隙間なくぎっしりと生息しているそうです。ちなみに、1人の人間の体内にいる腸内細菌は約300種類、数は100兆個といわれています。

その腸内細菌には、人にとって、どう関わるかによって大きく3つに分けられているそうです。

一つ目が、乳酸菌に代表されるような善玉菌で、二つ目がウェルシュ菌に代表される悪玉菌、そして、三つ目がどちらにもなる、日和見菌と呼ばれる中間菌なんです。

そして、このうちの日和見菌のはたらきは、善玉菌が増えれば善玉菌に、悪玉菌が増えれば悪玉菌として振る舞うものなのです。

悪玉菌のはたらき
悪玉菌は体内で発がん物質を作り出したり、アンモニアや硫化水素などの有害物質を作ったりします。

それによって、下痢や便秘、高血圧やガン、動脈硬化など、さまざまな症状の原因を作ってしまうわけです。

また、悪玉菌がつくりだした有害物質は、自律神経の働きを乱すことになります。そのために、アレルギー性疾患に悪影響を与えるといわれています。

アトピーと腸の深い関係

善玉菌が増えるとアトピーは改善される

昔から、健康は腸から、などといわれていました。それは、きっと経験的にわかっていたことだと思いますが、今は、腸内細菌との関係で明らかになっています。

便秘も腸内細菌のバランスを整えれば改善されることがわかってきましたし、そうなると、ヨーグルトにも大きな意味が出てきます。

ヨーグルトが乳酸菌だけでなく、善玉菌であるビフィズス菌を含んでいたり、ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖を含んでいたり、といったことの重要性です。

ヨーグルトの乳酸菌やビフィズス菌が腸内の善玉菌を増やすことで、アレルギーに強い体質を作ることが可能なのです。

食物アレルギーでアトピーや湿疹が出るという現象も、腸の中の菌のバランスがよくなれば、アレルギーが起こりにくくなる、ということなのです。

ヨーグルトは毎日の積み重ね

効果は人それぞれ

ヨーグルトを食べることで、アトピーが改善されるのは、腸内環境の改善だと言うことがわかりました。

しかし、このことは、一日二日で、薬のように効くというものではないこともわかると思います。

さらに、人によって、腸内環境は違います。ビフィズス菌の割合も人によって違うわけで、早く環境が改善できる人もいれば、いつまでも変わらないという人もいます、.

ようするに、薬と同等の効果をヨーグルトに期待するのは、間違っているといえそうです。

場合によっては、サプリメントを併用することで、比較的早く結果を出せるかも知れません。

子どものころ、アトピーがひどかったのに、年齢とともに自然と治ってきたという場合は、腸内の免疫システムが次第に改善されていったことだと考えられるそうです。

ということは、子どものアトピーにはヨーグルトの摂取によって、免疫バランスを改善できる可能性が高いと言うことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする