フェンダー、ギブソン、マーチン、中古でも高値で取引される名品たち

ギターの誕生

弓から始まった弦楽器

誰でも気軽に始められて、堅苦しさがないというわけでポピュラーになった楽器、ギター。

そんなギターですが、歴史は非常に長く、弓から始まって、原型が生まれたのは紀元前3700年以前だといわれています。

はるか昔から、悠久の歴史を越えて、ギターは生まれて成長し、今現在の形になっていったわけです。

また、弦楽器のルーツが弓である、というのが一般的な見解ですが、弓に張った糸=弦だけではとても小さな音しか出せませんでした。

そこで、その音を大きく共鳴させため為に、いろいろな工夫がなされたと想像できます。

そして、古代の壁画や彫刻といった歴史的な資料を調べると、紀元前3700年あたりに、ギターに類似した弦楽器ができたのではないかと想定されたわけです。

音を大きくするための工夫

共鳴のさせ方でできた2種類の弦楽器

弦楽器は発展の過程で、共鳴のさせ方に違いが生まれ、大きく分けて二種類のタイプが生まれたそうです。

1つは、弦に大きな木の実のような箱をつけて共鳴させるタイプです。この方法からピンナムタオ、セレベスの棒琴、グリンバオ、シタール、リュートといった楽器が生まれました。

もう1つは、弦どうしを共鳴させるタイプで、キタラ、ロッタ、クロッタ、ハープ、リラといった楽器になっていきます。

ギターは、この二つの要素を併せ持っているそうです。その結果、紀元前3000年頃には、ギターの原型になる串状ネックリュートが完成したようです。

その後、ギリシャ時代には共鳴胴が板で組み立てられました。さらに接着されたブリッジが付けられ、弦楽器は大きく発展していきます。

しかし、その後1000年程の間、新しい進歩はなかったのですが、ヨーロッパにギターの原型であるリュートが持ち込まれた711年に大きく動き始めます。

ムーア人がイベリア半島を占領した際に、リュートがヨーロッパへ伝わります。15世紀になると、パバーンやガリアルドといった舞曲で使われました。

しかし、スペインへ伝わったリュートもそれほど広まらず、ビウエラと呼ばれる楽器に変わっていったそうです。

ビウエラというのは、中世の弦楽器全般を示す言葉でした。そのうちのひとつがヨーロッパで発展して、スペインの舞踊用に改良されて、今のギターへと変わっていったと言われています。

クラシックギターの誕生

複弦から6弦へ

16世紀から18世紀あたりまでギターは、複弦が主流でした。弦の数が4対から5対へと変化していって、4対のものがルネッサンスギター、5対がバロックギターと呼ばれました。

1700年代後半になって、巻き弦と呼ばれる技術が発明されました。そこでギターは大きく発展します。

さらに、高密度で重い弦が作れるようになり、複弦が必要なくなります。そして、低音を担当する6弦目が増えて、6コース単音弦というギターの形が完成します。

18世紀末あたりから19世紀にかけては、ギターの進歩にとっては革命的な時期です。大きく3つの変革に出会いました。

1.フィンガーボード

ネックとフィンガーボードが取り付けられて、さらに金属製のフレットが打ち付けられて音色と耐久性が向上します。

2.ギア式弦巻き

現代と同じような、ギア式の弦巻きが取り付けられました。

3.ファンブレーシング

ボディ内部におけるファンブレーシングが導入され、さらに音量のある楽器になりました。

19世紀の後半に、アントニオ・デ・トーレス・フラドが、コンサートホールでも演奏できる音量と音色のギターを開発しました。これがクラシックギターの完成です。

アントニオは、ギターの音量を増加させるために様々なアイデアを試し、ギターの発展に寄与したわけです。

そして、フランシスコ・タルレガがトーレスのギターを使用することでギターが再評価され、その後、様々な奏者が演奏して、世界中にクラシックギターが広まっていったのです。

現在の有名ギターの誕生

歴史に残るブランド名たち

C.F.マーチンがギターを作り始めたのは、アントニオ・トーレスがクラシックギターを制作したころと同時期です。

マーチンギターの誕生

波乱に満ちたマーチンギターの歴史

アコースティックギターの世界トップブランド、マーチンの創業者は、じつはドイツ人だったのです。その人物は、クリスチャン・フレデリック・マーティンです。

その以前、クリスチャン・フレデリック・マーティンの父ヨハン・ゲオルグ・マーティンは、ドイツのエルベ川そばの小さな村で、ヴァイオリンのケースや出荷箱などを製作していたそうです。

クリスチャンは、15歳の頃、ウィーンに行き、ヨーロッパで有名だったギター製作家ヨハン・シュタウファーに弟子入りします。

シュタウファーの工房でギター製作の技術を身につけたクリスチャンは、ドイツで楽器を作り始めますが、ヴァイオリン製作者ギルドの紛争に巻き込まれます。

そのなかで、苦悩を感じ、疲労の果てに、故郷を離れて、新天地アメリカへ渡ることにしたのです。

新天地アメリカでのスタート

1833年、アメリカで楽器店を始め、様々な楽器や楽譜の販売コーナー、裏部屋のギター工房といった、狭い場所から始まったマーチン楽器でした。

マーティン・ギターのヘッド・ストックにデザインされたいる、「C.F. Martin EST.1833」の意味は、この狭い場所でのスタートで創業したときの気持ちを引き継郷という意味だそうです。

1898年にはマーティン・ギターの商標が変更され、 C.F. Martin Co., NewYork から C.F. Martin Co., Nazareth Pa. になりました。

そして、一本一本のギターにシリアルナンバーの焼印が押すようになったのも、この頃です。

1900年代には弦の製造も始めます。ハンドワインディングのマーティン弦はシルクの芯に銀メッキの銅線を巻いたものでした。

この弦は、マーティン一家の手によって、手作りの封筒に入れられ販売されたそうです。弦の質も最高級で、入れ物もおしゃれでした。

現在のアコースティックギターのデザインはマーチンギターの作り出した物だと言われています。そして、現在でも大資本に買収されずに、一族経営で伝統を維持しているわけです。

マーチンギターの魅力

物と音、両面でのすばらしさ

まず、マーチンギターの魅力といえば、長年にわたって培われた技術から生まれる音の深みだといわれています。

どのギターを選んでも、音に深みがあって、弾く人と聞く人、双方が納得する音がでるというわけです。

そこには、それを最大限引き出す最高の技術が必要です。マーチンは長年に渡って培ってきた徹底した技術があって、それが注ぎ込まれた一品なのです。

また、多くのラインナップを揃えていることによって、弾き手の要求に応えることができる、というのもマーチンギターの持つ魅力の一つといわれているわけです。

マーチンギターの種類

さまざまな人気ギターの魅力

D-28

マーチンギターの中でも最も有名なモデルだといえるでしょう。最初に発売されたのは1931年です。世界中のアコースティックギターの手本になっている存在です。

D(ドレッドノート)

マーチンギターの定番で、15 5/8インチ幅、ネックスケールサイズは25.4インチ、力強い音が出ます。シンガーソングライターが多く使っています。

OOO(トリプル・オー)

エリック・クラプトンのシグネイチャーモデルで有名です。ボディ幅15インチ、ネックスケールは24.9インチと全体に小さめで、非常に弾きやすいモデルです。

OO(ダブルオー)

14 5/16インチと小柄なボディ幅でクラシックギターサイズです。指弾きをするプレイヤーに人気が高いモデルです。

マーチンギターに込めた精神

マーチン社の企業コンセプト

長いマーチンの歴史の中で、商品の取引方法、ギターのラインナップは多少変わっていきました。

しかし、ギター製作に対してのマーチン社の姿勢は創業以来一度も変わったことはないそうです。

1904年版のカタログには、フランク・ヘンリー・マーティンが序文を掲載していますが、このような内容です。

「どのように作れば、マーチンの音色がつくれるのか、そこには秘密はまったくありません。

私達は、ただただ、注意深くと忍耐強くギター製作を行っているだけなのです。

材料選びは厳格に行い、各部をていねいに組み上げ、全体のプロポーションを整えて、そして様々なポイントを入念にチェックする。

そういったことに、膨大な時間をかけます。これが高品質達成のためには必要だと言うことは確かです。

そして、演奏者がマーチン・ギターを弾いたときに、充分な満足を感じたなら、誰もマーチン・ギターが高価だと後悔することはないでしょう。」

ギブソンギターの誕生

趣味が高じて、会社設立へ

ギブソン・ギターコーポレーションは、創始者のオーヴィル・ヘンリー・ギブソン(1856-1918)が19世紀末に立ち上げた楽器工房から始まっています。

オーヴィル・ヘンリー・ギブソンが10平方メートルの楽器工房を開業したのは1896年でした。

そして、会社としてスタートしたのは、1902年だそうです。はじめの頃はバイオリンやマンドリン、クラシックギターの製造の会社でした。

そこから、現在に至るまでの100年以上、まさにギターのトップブランドとして君臨し続けてきたわけです。

ギブソンギターの歴史

音楽の歴史を作ったギブソン

1856年

オーヴィル・ヘンリー・ギブソンが誕生します。じつは、これよりも6年前にマーチンギターは「Xブレーシング」を発明しています。

1896年

楽器工房を開業を開業します。これは、趣味の延長のような物だったと言われています。

1902年

いよいよ、ギブソンギターの会社がスタートします。もちろんエレキギターは生まれていません。

1924年

アコースティック弦楽器用のコンデンサー型ピックアップを開発

1926年

フラットトップの製造

1936年

ピックアップを取付けたES-150やEH-150を発売

1937年

SJ-200(のちのJ-200)を発売

1942年

定番機種「J-45」がリリースされる

1941年

レスポールがソリッドボディエレクトリックギターの原型を作る

1952年

レスポールモデルが発表される。アーチトップのモデル他にはなかったのですが、当初はあまり売れ行きはよくなかったそうです。

1950年代末

エクスプローラー、フライングVを発表

1961年

SGが発表される

ギブソンのエレキギター

レス・ポールから始まった

1952年、ギブソン初のソリッド・ギターが誕生しました。レス・ポールの1952年型です。
ギブソン社がソリッド・ギターの制作に着手したときには、すでにフェンダーのブロードキャスターやテレキャスターが売れていたのです。

その頃はまだ、エレクトリック・ギターもフルアコースティックでアーチトップ・タイプのほうが主流としてみられていたのです。

当時のギブソン社の首脳も、伝統的なギター構造を無視したフェンダー・ギターになかばあきれつつも、ソリッドビターの市場への参入を決意したそうです。

それから1年あまりの期間をかけてソリッド・ギターを開発します。最初はメイプルで作られたが、後に、マホガニーにメイプルのトップというスタイルを確立します。

レスポールはフェンダーへの対抗意識から、ボディ・トップには豊かなアーチが削り出されたということです。

ギブソンのアコースティックギター

マーチンがライバル視

オーヴィル・ヘンリー・ギブソンはギターと木工が趣味だったそうです。そして、趣味でヴァイオリンやマンドリン、ギターを作って、演奏を楽しんでいたそうです。

この楽器が評判になって、売って欲しいといわれて、ギブソン氏は遂に独立して工房を開いたわけです。

彼は、曲げた木材にはストレスがかかっているから、削り出しの方が音響特性は優れているという信念を持ち、ボディを削り出す工法にこだわっていたといわれています。

ギブソンは1926年よりフラットトップの製造を開始しました。マーチンへの対抗と生産効率のよさからだといわれています。

1930年代に入って、人気を博していたマーチンのドレッドノートに対抗して、1934年からJ=ジャンボシリーズを生産しました。

そして、1937年にはSJ-200、のちのJ-200が作られ、キングオブ・フラットトップと呼ばれるほどの人気を得ます。エルヴィス・プレスリーが弾いていた物です。

J-45がリリースされたのは1942年です。J-45はなで肩のようなスタイルのためにラウンドショルダーと言われたそうです。

現在のギブソンのアコースティックギターの生産拠点は、モンタナ州ボーズマンのアコースティックギター専門工場だそうです。

ここでは約120名のスタッフがいて、一日80本のペースでアコースティックギターが手作りされているそうです。

現在のギブソンアコースティックギターのラインアップ

ラウンドショルダー(Jシリーズ)

「J(ジャンボ)」シリーズは、大型化により大音量化したマーチンの「ドレッドノート」に対抗する形で開発されました。

スーパージャンボ(SJシリーズ)

Jシリーズをさらに大型化させた「SJ-200」は、そのサイズと豊かな鳴りにより「キングオブ・フラットトップ」と呼ばれます。

スクエアショルダー(ハミングバードなど)

Jシリーズと同サイズで肩を張ったようなボディシェイプを、「スクエア(四角い)ショルダー」と呼びます。

「ハミングバード」はピックガードに描かれるハチドリ(Hummingbird)が目印のギターで、1960年にリリースされました。

ダヴ

ハミングバードと対をなすダヴは、ところどころに飛び交う鳩(Dove)のインレイが美しい高級機として限定生産されています。

「ソングライター」は、ギブソンが伝統に乗っかるだけのブランドではないことが分かる、モダンテイストのアコギです。

スモールボディ(Lシリーズ)

ドレッドノートが出る前のギターのサイズで1902年以来アーチトップモデルとして生産され1926年にフラットトップにモデルチェンジしました。

フェンダーギターの誕生

ラジオの修理工からのスタート

レオ・フェンダーが楽器メーカーを創ったのは1946年です。現在、本社はアメリカのアリゾナ州、製造はカリフォルニア州とメキシコに工場があるそうです。

もともと、レオ・フェンダーはラジオ受信機などの修理を行っていました。楽器メーカーになったきっかけは、スチールギターやアンプの製造を開始したことからだそうです。

当時、ソリッドギターはオーダーメイドでつくられていました。そんなとき、テレキャスターという量産型のソリッドギターを世界に初めて発売したのです。

その後もエレクトリックギターの先駆者として開発を続けてきました。

フェンダーギターの魅力

日本でも人気のエレキギター

フェンダーは日本においても非常に人気の高いギターブランドです。その人気の原因はどういったところにあるのでしょうか。

まず、その音。アタックが強いにも関わらず、透明感のある音色を出すことが出来るのが特徴だといわれています。

さらに弾いたときの感じが軽いので、長時間の演奏に耐えることができるというのも魅力になっていたようです。

こういったことから、多くの有名なギタリストが愛用することが多く、それを見た一般のユーザーが引きつけられていったのでしょう。

フェンダーギターの歴史

小さな工房が世界企業へ

1946年に始まる、フェンダーの輝かしい歴史。ロックからC&W、ジャズ、R&Bとすべての音楽ジャンルで使われてきました。

テレキャスター、ストラトキャスター、ジャズベースといったフェンダー製の楽器は、最高傑作のデザインだと、世界的にも評価されているのです。

1940年代

南カリフォルニアの発明家である、レオ・フェンダーがシンプルなソリッド・ボディのエレクトリックギターを用いて、音を増幅させることができると考えたのです。

1951年

後のテレキャスターギターと呼ばれるようになった試作品のソリッド・ボディのエレクトリックギターをつくりました。

これと同じ年、フェンダーはPrecision Bassという革命的な発明をします。ベースでフレットのある指板を用いて、ギターのように弾くことができました。

precisionは正確という意味で、正確な音程が出せるし、アンプで増幅できたので、ベーシストたちは喜んで使うようになったと言うことです。

この2つの楽器の歴史的な発売は、音楽界に新しい波を生み出す物として、その後の歴史を刻んでいくのです。

1954年

ストラトキャスターが誕生。多くのデザイン革新が多く組み込まれた斬新なギターは爆発的な人気になっていきます。

そして、デビュー以来、高い人気と影響力を誇ってきたストラトキャスターは今日までプレイヤーたちの信頼を獲得し続けているわけです。

1965年

健康上の理由から、レオ・フェンダーは会社をCBSに売却しました。

1981年

ウィリアム・シュルツが取締役に就任、劇的に品質を改善して、研究開発をすすめます。

1985年

CBSから、シュルツ率いる従業員たちがフェンダーを買収しました。カリフォルニア州コロナにフェンダーの旗艦工場を設立しました。

1987年

メキシコのエンセナダに二番目となる現代的な製造工場を新設しました。コロナ工場にフェンダーカスタムショップをオープンしました。

1991年

本社をコロナからアリゾナ州スコッツデールに移転。世界中に販売網を広げていきます。

フェンダーギターの特徴

世界初のソリッドギターから始まった

テレキャスター

世界で初めてのソリッドギターとして発売。発売された当時の名はブロードキャスターでしたが、他ブランドのドラムの名前と同じだったので改称、この名前になったそうです。

ストラトキャスター

1954年に開発、世界で最も有名なギターといわれています。世界中のギタリストが愛用してきました。

ムスタング

1964年にフェンダーの入門機として発売されました。ビブラートユニットが搭載されています。小さなボディでありながら、暴れるようなサウンドが表現できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク