アディダスの誕生、ロゴの由来とオリジナルスニーカーやジャージコーデ

目次

アディダス社の由来

ダスラー兄弟商会が起源

アディダスは、ドイツのバイエルン州に本社があります。今や、総合スポーツ用品メーカーとして、世界に広がっていますね。

起源は、1920年で、ドイツ・ニュルンベルク近郊のヘルツォーゲンアウラッハという町ででした。

靴職人の息子のルドルフ・ダスラーとアドルフ・ダスラーの兄弟が、靴の製造会社として「ダスラー兄弟商会」を設立したのが始まりです。

ところが、1948年に、ルドルフとアドルフの間で意見が対立しました。そのために、「ダスラー兄弟商会」は解消になってしまい、アドルフがアディダス社を設立したのです。

社名の由来

adidasという社名の由来は、創業者のAdolf Dasslerの名前から来ています。Adiが愛称で、「Adolf(Adi) Dassler」の愛称とセカンドネームの間をとって「adidas」と名付けたというのが通説です。

また、別説もあり、「All Day I Dream About Sports」の頭文字をとったというものです。これは直訳すると、「一日中、スポーツの夢を見ている」という意味になるそうです。

アディダスのロゴマーク

創業時のカンパニーロゴ

アディダス社が設立された翌年、1949年にadidasの文字上にスリーストライプスのスパイクを配したロゴが商標登録されました。

1971年には月桂冠をモチーフにしたトレフォイル=三つ葉のロゴが発案されます。これが1972年から1995年までアディダスの正式ロゴとして使用されたそうです。

ベスト・オブ・アディダス

アディダスのロゴは、1991年に初登場しています。パフォーマンスロゴ、エキップメント、スリーバーといった呼び名で有名になりました。

じつは、このロゴは、本格的な競技用のウェアやシューズなどに使われ、最高機種であるベスト・オブ・アディダスを意味していたそうです。

しかし、その後、一般ユーザーのなかで人気が高まって、ついに、1997年、一般の商品にも使われることになったと言うことです。

スリーストライプスの登場

アディダスのシンボルといえるスリーストライプス(3本線)は、アディダスの創設者であるアディ・ダスラーによって1949年にロゴとして商標登録されました。

このマークはアディダスのスポーツシューズなどに使用されているスリーストライプがモチーフとなっているといわれています。

当時の革製のスポーツシューズは、履くうちに中足部分が伸びてしまうので、それを3本のバンドで補強したのが始まりだったそうです。

その機能のためのデザインが、「3本線の靴=アディダス」というイメージとして浸透していったといわれています。その後のロゴデザインには常にこのスリーストライプが入るようになったわけです。

現在アディダスのロゴは4種類

アディダス スポーツパフォーマンス


アスリートの最高のパフォーマンスを実現します。未来に向けての達成すべき新たな挑戦を意味するそうです。

アディダス オリジナルス


伝説の名品や世界を代表するクリエイターやデザイナーとのコラボレーションなどをストリートスポーツウェアとして展開します。

アディダス スポーツスタイル


スポーツとファッションの融合により、新たな価値創造をしたファッショングループを総称しています。

アディダス ブランド


多様なアディダスのサブブランドを傘下に構えるアディダスブランド全体を表現しています。

アディダスの快進撃

他のブランドのシューズを圧倒

オリンピック等で活躍

アディダスは快進撃を続けます。ヘルシンキオリンピックでは、西ドイツの選手全員がアディダスのシューズを履き、あらゆる方面から注目されるようになりました。

当時のアディダスシューズは、ハイレットというスニーカーを発表し、後にスタン・スミスと呼ばれます。その後、不屈の名作といわれるスーパー・スターを発表しました。

その後、スタン・スミス、スーパー・スター、さらにクロスカントリーシューズの名作カントリーといった不動の定番モデルを次々に完成させていきます。

アディダスは創始者のアドルフ・ダスラーの「選手と共に競技を発展させる」という精神を貫き、それによってヒット商品を生み出し、世界1位の売上げを誇るようになったわけです。

サッカーや男性向けだけじゃない強み

スポーツメーカー世界2位のアディダスの業績は絶好調です。首位のナイキに次いで、3位以下を大きく引き離しています。

アディダスは2020年までの中期戦略を立てています。東京、ニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、ロンドン、上海の6都市をキーシティー=重要都市に位置付けて、投資を集中させるそうです。

また、靴生産をロボット化するデジタル化や女性向け商品の展開で攻勢をかけるという考えだそうです。

東京をキーシティーにするわけ

東京の特徴を2つあげています。

1つめは、ファッションのトレンドで、流行の多くが東京発祥になっていて、世界的に影響力があるということです。

もう1つは、日本の消費者は、デジタル技術に親しんでいて、精通しているということだそうです。

今までも多くのテクノロジーやイノベーションが日本から生み出されて来たが、2020年の五輪の開催も大きなイノベーションを生み出すと予想しているそうです。

例えば、超軽量ランニングシューズのadizeroや、アルミの小片が肌に接触して冷感をもたらすCLIMACHILL(クライマチル)というウェアのように、日本で誕生したテクノロジーがグローバルで展開されているそうです。

世界戦略の方向性

生産スピードの向上

生産に関して、速さに重点を置いて、生産拠点をアジアからヨーロッパに戻し、製造や納品にかかる時間を短縮するというものです。

トレンドや売れ行きに合わせ、店舗と生産部門を直接つなぎ、来店客がカスタムオーダーしたスニーカーを15分以内で作るといったことも目指していくそうです。

アーティストとのコラボ

例えばカニエ・ウエストとコラボでは、創造性を存分に生かしているといわれています。

世界のシューズ業界を牽引するアディダス

ナイキとの一騎打ち状態

近年、アディダスは北米でのシェア拡大の取り組みにかなり力を入れていて、それが莫大な利益につながっているといわれています。

いまや最大のライバルである、ナイキと僅差の争いを繰り広げている状態だそうです。

今後の新製品のヒットと、その売り上げによって、今後の市場シェアはどうなっていくのか予断を許さない状態だと言われています。

スニーカー革命を牽引する二大ブランド

フライニット

ナイキが縫わないシューズを開発して、2012年、アッパーをニットで編み上げたランニングシューズであるフライニットを発表しました。

フライニットの登場によって、生産にかかるコストや時間、素材の切れ端などを削減できました。そして、アッパーの軽量化が実現、さらにシューズのデジタル生産へと進んでいったのです。

スピードファクトリー

アディダスは、インターネットと製造装置をダイレクトにつなぎ、画期的な生産効率の向上を目指してスニーカーの全自動工場であるスピードファクトリーを開発しました。

ニット機やミシン、ロボットアーム、3Dプリンタなどの最新鋭のデジタル機械をインターネットと直接つなげ、一人一人のためのマスカスタマイゼーションを実現したというものです。

より早く消費者に届けるため、ドイツのアディダス本社の近くに建設し、シューズだけでなくアパレルも含めて稼働しました。

アディダスはこのスピードファクトリーを米国でも完成させ、いずれは日本を含めた全世界での消費地生産を目指しているそうです。

フューチャークラフト.ループ

アディダスが開発した、フューチャークラフト.ループは、これまでソールに使用していた熱可塑性のあるTPUをアッパーも含めた全部材に使用したものだそうです。

単一素材で製造することで、素材の完全循環というコンセプトを実現したものだといわれています。

アディダススニーカーの種類

注目され続けるアディダスブランドシューズ

スタンスミスやスーパースターのリバイバルヒットは目を見張るものがありました。そして、最近はハイテクスニーカーも話題になっています。

レディース、メンズそれぞれの人気のスニーカーの特徴をあげてみました。

adidas STAN SMITH


アディダス史上で最も売れたスニーカーといわれています。スタン・スミスはアメリカのテニスプレイヤーの名前です。

彼の偉業を称えるために、1973年にテニスシューズとして発売されたものです。復刻されて、大きな話題を呼んだものです。まさに、上品で爽やかさなイメージがいつまでも人気を保つ秘密でしょうか。

adidas SUPERSTAR


これこそがアディダスを代表する、定番中の定番モデルです。このモデルは2015年に生誕45周年を迎えたそうです。

さらに、80sヴィンテージデラックスという復刻モデルが発売されて、日本でも再ブレイクしました。

adidas ULTRA BOOST


ミッドソールにBOOSTフォームを使用、クッション性と反発性に優れたアウトソールで疲れにくさをアピールしたランニングシューズです。

街履きにもピッタリするスタイリッシュなデザインが人気で、結構入手困難状態が続いています。

adidas PURE BOOST


ULTRA BOOSTと同様、BOOSTフォームを搭載したランニングシューズです。ハイテクシューズをストリート用にアレンジしたことで、ファッションアイテムとして人気を得ました。

adidas TUBULAR

新作が続々と登場、ストリートシューズとして大胆なデザインが人気の一品になっています。

adidas ZX


ファッションシーンで愛され続けるスニーカーです。スリッポンタイプなど多くのモデルがリリースされました。

adidas GAZELLE


1966年に多目的用のトレーニングシューズとして誕生しました。著名人にも多く愛用され、キャンパスやスーパースターと並ぶ代表モデルへと成長しました。

スマートなディティールと、豊富なカラーバリエーションで男女問わず人気のモデルになっています。

adidas CAMPUS


スーパースターなどと並んでスニーカーの代表とも言える地位を得たのがキャンパスです。

70年代に登場したトーナメントの後続モデルとして80年代に登場しました。シンプルで飽きのこない、まさに不朽の名作とも言えそうです。

adidas COUNTRY


クロスカントリーに特化したランニングシューズです。1973年に誕生して以来、高いクッション性とシンプルなデザインが支持されました。

スーパースターやスタンスミスと並ぶアディダスの代表的モデルへと成長し、長く愛され続けているモデルです。

アディダス・オリジナルスや他のブランド

アディダスが展開するブランドの種類

アディダスには、次のようなブランドが存在します。

・adidas
・adidas originals
・adidas neo
・adidas by Stella McCartney

アディダス・オリジナルス(adidas originals)とは?

アディダス・オリジナルスは、adidasの三角形の基本ロゴとは少し違います。青い三つ葉マークの、アディダスのスポーツ系のタウンウェアブランドです。

アディダスの中ではヴィンテージ・レトロ系レーベルといった感じだと言えそうです。衣料のほか、靴・バッグ・小物系も取り扱っています。

男女両方に対応していますが、オンラインストアを見る限りでは、メンズのほうが種類が豊富だと言えそうです。また、キッズ商品も揃っています。

商品の中心価格帯は1〜2万円くらいだそうで、同じくアディダスブランドのadidas neoより価格設定は高いようです。

アディダス・ネオ(adidas neo)とは?

正式の呼び名はadidas neo labelで、adidasのスポーツカジュアル系レーベルです。最新トレンドをデイリーに楽しめるように、スポーツカジュアルスタイルを提案するレーベルだそうです。

メンズ、ウィメンズのアパレルからスニーカー・アクセサリーへと幅広いラインナップを揃えます。

adidas originalsは比較的メンズ重視でしたが、それに比べると、アディダス・ネオは男女の商品数は同じくらいのようです。キッズ商品はありません。

adidas originalsに比べると商品数はまだ少なく、中心価格帯が5000円から1万円くらい、adidas originalsよりも安いようです。

adidas by Stella McCartneyとは?

世界的な女性デザイナーであるステラ・マッカートニー氏によって展開されている、女性のためのハイエンドスポーツウエアをメインにしたレーベルです。

主に、ジョギング・ランニング中に使用することを意識した商品が多いのが特徴です。

スポーツとファッションのどちらも犠牲にしたくない欲張りな女性のために、パフォーマンスと美しさを兼ね備えたスポーツウエアを提供しています。

ただし、スポーツ衣料を中心に、スポーツ・ランニング系の靴やバッグなども扱っています。

あくまでも女性向けスポーツ専門レーベルで、中心価格帯は1万円から2万円くらいです。

世界一売れたスニーカー、アディダス・スタンスミス

2001年に復刻された往年の名品

2001年にアディダスオリジナルスで、1972~96年まで使用されていたトレフォイルロゴをシンボルとして、復刻させました。

スタンスミスのファーストモデルは1973年に登場しています。その元になったのは、ハイレットというモデルだそうです。

ハイレットは1965年に発売されたシューズで、1963年の全仏オープンで活躍したロバート・ハイレット氏を記念して作られたモデルです。

白を基調としたクリーンな配色や特徴的な通気穴などはそのままスタンスミスに受け継がれているそうです。

スタンレー・ロジャー・スミスとは

1946年にアメリカのカリフォルニア州に生まれ。アメリカを代表するプロテニス選手です。

約10年間の選手生活で通算100勝を挙げています。1987年に国際テニス殿堂入りまで果たし、テニスコーチとしても名が知られています。

スタンスミスの特徴

シンプルなデザイン

配色は2色で、アッパーに使われる素材はレザー。スニーカーとして必要なパーツ以外は装飾しないというデザインが特徴だそうです。

アッパーに使われている素材はガラスレザーという、なめした牛革をガラスに貼付けて乾燥させたのちに、樹脂でコーティング、光沢感の強い素材です。

ベンチレーションホール

サイドの穴は通気を良くする役割を果たすそうです。このベンチレーションホールが施されたモデルは画期的で、評判になったそうです。

スタンレー氏のプリントが施されたシュータン

現行モデルと比べヴィンテージモデルともにスランスミス氏の顔がプリントされています。

バックに施されたロゴと色」

カラーの呼び名は、紺はニューネイビー、緑はフェアウェイ、赤はレッドと言うそうです。

ABC マート限定モデルとは

スタンスミスがABC マートで入手できます。しかし、アディダスオリジナルスの現行品との価格差があります。

ABCマートでは、低価格な限定モデルが販売されているんですね。一見してその違いはわからないもので、使われている素材が実は違うそうです。

どちらもアッパーには天然皮革が使われていますが、ABCマート限定モデルの天然皮革にはより廉価な革が使用されているそうです。

かかとのバックパッチには合成皮革を使用してコストを抑えているということです。全体的に柔らかい素材を使っているので、限定モデルの方が柔らかくいはき心地になっているそうです。

アディダスとプーマの関係

仲良くやっていけるはずだったのに

靴職人の息子として技術を磨いた兄ルドルフ、弟アドルフのダスラー兄弟は、1920年に2人で「ダスラー兄弟商会」を創設しました。

そして、ブランドとしての転機になったのは、1936年のベルリンオリンピック、大会の開催期間中に当時陸上界最速のジェシー・オーエンスを多額のロイヤリティで口説いたのです。

そして、自社の靴を履いて出場させることに成功、その結果、金メダルを獲得したことでダスラー社の名声は一気に高まったわけです。

戦争が二人の仲を決定的に引き裂いた

分裂の原因は政治思想だといわれています。兄弟はともにナチスに入党、どちらかといえばルドルフの方がよりナチス寄りだったとか。アドルフは少し距離を置き、それがルドルフとの間に亀裂を生じさせたそうです。

さらに、戦後、ルドルフが武装親衛隊参加の容疑でアメリカ軍に逮捕されたとき、密告したのがアドルフだという噂が立ったそうです。

こういった経緯で二人の仲違いが決定的となって、戦後すぐにダスラー兄弟商会は解体・分裂となりました。

その後、兄ルドルフはプーマを設立、弟のアドルフはアディダスを設立したわけです。

スーパースターの奪い合い

ペレとプーマ

アディダスは三本線、プーマは二本線といった風に、フォームストライプをブランドアイコンにしてシューズの開発競争とシェア争いを激化させました。

当初は、サッカードイツ代表やバイエルン・ミュンヘンがアディダスのシューズを採用して優勝、世界ブランドへの階段はアディダスが一歩リードします。

プーマも負けじと、ドイツ国内外の有名選手へのシューズ提供に成功します。ペレ、マラドーナ、クライフなどがぷ同社のシューズを愛用。ワールドカップでペレがPKを蹴る際にタイムを要求。足元が大写しになったことでサッカーシューズの代表ブランドとして世界に認められました。

そして、1960年代になると、アディダスはスタンスミスやスーパースター。プーマはスウェードなど、全世代に通用する大ヒット商品を生み出します。それぞれ現在まで続く定番商品となっていますね。

ヨハンクライフとプーマの関係

ワールドカップのオランダ代表がアディダスとサプライ契約を締結したためにプーマとの専属契約が成立していたヨハン・クライフが二つの契約に挟まれる形となりました。

そこで、クライフはプーマとの専属を優先、チーム内でただ一人二本線ストライプのユニフォームを着用して試合に出場したということでした。

ダスラー兄弟の死、低迷へ

アディダスは二代目のホルスト・ダスラーが51歳で急死し、その後の事業継承に失敗して売上げ世界一から陥落、ナイキ・リーボックの後塵を排します。

プーマはアルミン・ダスラーに継承されて、売上げを爆伸させましたが、安価に靴を売りさばく手法のため、安物のレッテルがはられ、そこから脱するのに10年以上かかったといわれています。

1990年代に奇跡の復活

ダスラー家と縁を切ったアディダスとプーマは新たな経営体制のもとで見事に復活します。

アディダスは売上げ高で世界一に返り咲き、プーマも企業としての独立を保って売上げ三位につけ流ようになったといわれています。

アディダスがゴルフから撤退した

ゴルフ用具市場が縮小している

アディダス傘下にあったテーラーメイドゴルフを、米投資ファンドのKPSキャピタル・パートナーズに売却しました。

実は、ナイキも、ウェアやシューズ類を除くゴルフ用具事業から撤退したということがあったばかりです。

スポーツ用具界の2強が揃いも揃ってゴルフ用具の分野から手を引いてしまったわけです。

テーラーメイドは多くの優秀なプロプレーヤーを抱えていて、そこでかなりの成果を上げているそうです。

優勝争いでプーオフで両者がともにテーラーメイドのクラブを使うほどだったのです。そのスーパーブランドを、アディダスは惜しげもなく手放すわけです。

アディダスのCEOは、長期的な戦略として、中核事業であるフットウェアとアパレルに集中して投資する、として、ゴルフ部門はシューズやウェアの分野に絞るという計画を明らかにしたそうです。

世界のゴルフ用品市場は1年で1割縮小した

アディダスグループ内でゴルフ部門の売り上げは、2012年がピークで13億4400万ユーロ、日本円にして約1680億円に達して、全体の9%を占めていたそうです。

しかし、2016年の売り上げは約8億9200万ユーロ、日本円で約1115億円と、4年で3分の2に減ってしまい、グループ全体の4.6%になってしまったというわけです。

2016年8月にゴルフ用具事業から撤退したナイキのゴルフ部門の売り上げも、2013年の7億9200万ドル日本円で約871億円から、2016年は7億600万ドル日本円で約777億円と、3年で1割以上減少しているそうです。

結論から言えば、世界で一番大きい北米と日本の将来の市場を冷静に予想して、ゴルフ用具のビジネスには利益上のうまみがないと判断したということなんですね。

不動産ブームが終わり、ゴルフコースも使われなくなった

世界一のゴルフ大国は米国ですが、そのゴルフ人口は、2005年には約3000万人いたのに対し、2015年には2500万人を割ったといわれています。

不動産バブルに沸いた2000年代は、ゴルフ場とセットで開発した住宅地が高く売れたということで、必要のないゴルフ場まで造られてしまい、家が売れなくなると、コースも使われなくなってしまったそうです。

また、新たな巨大市場として期待された中国でも、様々な問題があって、ゴルフ場の閉鎖が相次いでいるそうです。

日本でも、ゴルフ人口は減り続けている

日本でのゴルフ人口の減少も凄まじいようです。2001年には1340万人だったゴルフ人口が、2015年には760万人にまで減少してしまっているということです。

アディダスのジャージのコーデが人気

ブーム再燃、アディダスのジャージパンツが流行

最近、街でアディダスのジャージパンツを履いている人を、よく見かけます。

このアディダスのジャージブームの背景には、アスレジャーファッションがあるという話です。サイドラインの入ったパンツのトレンドが後押ししているようです。

アスレジャーは2016年あたりから流行の兆しがありました。アスレジャーとは、アスレチックとレジャーを組み合わた造語です。

ファッションとしては、休日にジムに行くようなラフなスポーツウェアを中心にコーデされたスタイルのことを言うようです。

そして、アスレジャーコーデの中心アイテムが、アディダスのジャージパンツと言うわけです。他にも、スニーカー・ジョガーパンツ・スウェットパンツ・ヨガパンツ・レギンスといったアイテムが必要です。

元々はアメリカのレディースファッションがトレンドになって、メンズにも波及していったファッションコーデだと言えそうです。

アスレジャー+ラインパンツ=アディダスジャージパンツ、と言うのトレンドの流れが生まれるので、アディダスのジャージパンツがトレンドアイテムとして注目が集まるのは自然なことだと言うことです。

ジャージを街着として使う

アディダスのトラックパンツは、ジャージのなかでも特にオシャレ着として取り入れられているアイテムです。

基本的なデザインで、最も特徴的なのはアディダスの三本線。一目でアディダスだとわかる、シンプルでなおかつインパクトがあります。

アディダスの筆箱が人気アイテムに

アディダスのスポーティーなデザインを文房具で

総合筆記具メーカーの三菱鉛筆株式会社が、アディダスジャパン監修の「アディダスステーショナリーシリーズ」というシリーズを展開しています。

そして、新作として、人気のシャープペンシルである、クルトガとソフトペンケースを組み合わせて発売しています。

アディダスステーショナリーシリーズは、様々なスポーツ競技において挑戦を続けているヤングアスリート世代向けに、アディダスのスポーティーなデザインの文房具を販売しています。

新学期には買い替え需要が増すので、ヤングアスリート向けに人気のシャープペンシルクルトガと、ソフトペンケースの新デザインがぴったりというわけです。

アディダスステーショナリーのデザイン

スポーツ好きの児童や中高生が日常的に使用する文房具でもアディダスデザインはとても人気のあるアイテムです。

また、ソフトペンケースは大容量の収納力を持ち、デザインもスタイリッシュでとても人気が高いものだといわれています。

ボックスタイプは、上フタが大きく開くことで、何が入っているかが確認しやすいだけでなく、出し入れも容易になっているのが特徴だそうです。

流行に左右されずに人気があるデニム調の生地が、性別を問わず人気を保っているということです。

他にも、収納力をさらに高めて定番で人気があるダブルポケットタイプや、優れた柔軟性と弾力性を持っていて、落下した時にも内容物を保護できるセミハードタイプも人気だそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク