SUVとは?スポーツ・ユーティリティ・ヴィークルが世界的な人気

じわじわと人気が高まってきたSUV

世界的に高まる人気

最近の日本での自動車の人気は、一番があるのはハイブリッドカーで、次がコンパクトカー、そしてミニバンとなっていました。

また、維持費が安くつき、装備も充実してきている軽自動車が、国内の新車販売台数の約4割を占めてきたのです。

ところが、そんな中で、変化が起こってきています。それは、今まではボディが大きいとか、燃費が悪いといった理由で敬遠されてきたSUVが、国産、輸入車ともに人気が高まってきているということです。

最近のSUV人気では、トヨタのC-HR、マツダのCX-8、スバルのフォレスター、三菱のエクリプスクロスと言った車種に人気が集まってきています。

また、海外でも、ジャガーやアルファロメオも相次いでSUVを発表、ベントレーと言った超高級ブランドSUVも出てきました。

そのように、日本だけでなく、世界規模でSUVに注目が集まっているのは、それなりの理由があると言われています。

優れた走破性能を持つSUV

スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル

SUVは大きなタイヤが特徴で、車体の位置も高く、優れた走破性能を持ちます。段差も楽に乗り越え、背の低いクルマよりも、行動範囲が広くなります。

それは、スキーやキャンプといったレジャーにおいて、足元の悪い場所では圧倒的に有利です。

また、クルマの背が高いので、ドライバーの目線が高くなり、高い視点から、遠くまでよく見ることができて、安心感を生みます。

視界が良いので運転しやすく、背の高いわりに、運動性能もミニバンよりも優れているわけです。

さらに、後席を倒すと、荷室のサイズを大幅に拡大でき、子供を育てるファミリー世代にSUVが選ばれるわけにもなっているそうです。

というわけで、子供の送り迎えや買い物、家族での外出と、SUVがもてはやされているわけです。

SUVは世界的なトレンド

海外でも異常な人気の高まり

SUV人気は、日本だけでなく、アメリカでも同様です。ピックアップトラックと同じようなジャンルであるSUVも高い人気が続いています。

さらに、現在、世界一の自動車市場に成長した中国でもSUVの株が急上昇しているそうです。初めて購入したクルマがセダンだった人も、2台目のクルマとして、SUVを選ぶそうです。

と言ったわけで、モーターショーでも、SUVコンセプトカーの展示が増えてきましたそして、多くのメーカーは、新しい新型モデルを投入するわけです。

その結果、魅力的な新型モデルが投入され、SUV人気はさらに高まって行く、という循環が起こっているわけです。

今やSUVの独壇場

ライバル不在の市場

SUVがよく売れることによって、セダンがあまり売れなくなっているそうです。かつて、日本の自動車市場で、最もたくさん売れたクルマはセダンのカローラでした。

ところが2000年代になって、トップの座からカローラが転げ落ち、セダンの売り上げは、どのメーカーも悪化し、売れないことによって消えたセダンも続出したのです。

いつの間にか日本国内で販売されるセダンは激減し、売れているのは、プリウスか、コンパクトカー、ミニバンと言った具合でした。

そうした状況になり、コンパクトカーやミニバン以外が欲しい人が飛びついたのが、クオリティの高いSUVだったわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする