節分の献立、大豆以外にも節分そばやイワシ、汁物も豊富な行事食 | 新常識発見で気分爽快!

節分の献立、大豆以外にも節分そばやイワシ、汁物も豊富な行事食

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

節分の日に豆をまく意味がすごい

節分の豆まきにも作法がある

何となく、小さいころから豆まきがあった、程度で、あまり深く考えていなかったというひとがほとんどでしょう。

また、最近はマンション住まいで豆をまくにしても、家の中でちょっとまく程度だったり、豆まきの風習そのものをやめて、恵方巻きだけにしたり、といろいろでしょう。

節分といえば、豆まきと決まり文句みたいになっていたせいか、あまり深く考えてこなかったことがありますね。

たとえば、なぜ、豆まきの後に豆を食べるのかとか、鬼を追い払うのは何故なのか、とか炒り大豆を使う理由とかですね。

旧暦では立春がお正月の意味

節分とは文字の通り、季節の分かれ目です。ようするに立春、立夏、立秋、立冬の前日のことですね。

この日は季節の節目にあたるので、邪気が入ってきやすいとされていましたた。その邪気を鬼に見立てて、それを追い払う行事ができたということです。

また、今でもお正月を「新春」「迎春」と呼ぶように、昔は新年は春から始まっていました。

この春は太陽の動きから決めた日で、冬至と春分の日のちょうど真ん中になります。ようするに、冬と春を割った日だったわけです。

ただ、旧暦は月の動きがもとになるので、当時から数えて、2回目の新月が旧暦の正月になります。この違いは今でも、旧暦を見るとずれてしまいますね。

立春前日の節分はいわば“大晦日のようなもの”。今の節分は毎年2月3日ごろにやってきますが、昔は大晦日に相当する一大イベントだったんです。

春を迎える喜びが節分の行事に

春を迎えるということは、新年を迎えるにも等しいぐらい大切な節目だったわけです。そのため、室町時代あたりからは、節分といえば立春の前日だけをさすようになったそうです。

豆まきは、古代中国から伝来した追儺=ついなという行事に由来しています。平安時代の追儺では、鬼払いの役人が、桃の弓と葦の矢で魔物を追い払っていたそうです。

それが、次第に豆にとってかわり、室町、江戸時代には庶民の間に豆まきとして広がったといわれているんですね。

鬼を追い払う行事

陰陽道によれば、年越しにあたる節分の夜は、一年の中で陰から陽へと秩序が最も変わる日ということのようです。

この日には、普段姿を隠している鬼や魔物が出現しやすいと考えられて、豆まきは、それらを追い払うための行事として各地で行われてきました。

鬼というのは邪気の象徴

「おに」という日本語は「陰(おん)」に由来するそうです。「陰」とは目に見えない気、で邪気のことをさします。あわせて「おに」なのですね。

また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もありるそうです。

昔は、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を超えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えていたんですね。

また、鬼が住むのは鬼門である丑寅の方角です。それで、鬼は牛(丑)の角と虎(寅)の牙を持ち、虎の皮のふんどしをしているということなんです。全て、理由のあることだったわけです。

大豆をまく理由もある

大豆には穀霊が宿るとされてきました。そして、米に次いで神事に用いられてきたそうです。

米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適だったんですね。さらに、魔の目が豆=まめになり、豆をぶつけることで魔を滅する(魔滅=まめ)とつながっていったそうです。

炒り豆だけが意味がある

豆まきに用いられる豆は炒り豆でなくてはならないそうです。それは、生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと縁起が悪いからです。

また、「炒る」が「射る」にも通じていて、「魔目」を「射る」ことで「魔滅」となるわけですね。

節分には豆以外にも食べる習慣があった

それだけ大切にされてきた行事だから

節分には、節分豆以外にもけっこう有名な食べ物があります。最近では、特に恵方巻きやいわしが有名になりました。

恵方巻きはスーパーで沢山の種類が並んでいます。また、コンビニなどでも予約を受け付けているくらいです。

まあ、他にもいろいろな料理が節分の習わしとして伝えられてるわけで、中には、あまりお目にかかったこともないような料理もありますね。

では、なぜこんなに料理が大事にされてきたのか、それは、節分は旧暦では大晦日にあたるんです。だからこそ、1年を締めくくろうという気持ちが形になって残っているんです。

節分ならではの料理メニュー

焼きいわし

恵方巻き

けんちん汁

節分そば

福茶

こんにゃく

それぞれ全国的なものですが、地域によっては風習が違っていたりしますね。

焼きいわし

いわしを食べる理由は厄除け

いわしの臭いが鬼を遠ざけるということだそうです。しっかり味付けすれば、いわしの臭みが取れます。いわしは体に良い青背の魚なので、冬の健康維持にも最高です。

まず、いわしの頭をひいらぎにさして戸口において鬼の侵入を防ぎます。そのいわしを夜食べるんですね。

鬼の嫌いな臭いいわしの頭と痛いひいらぎのトゲというふうに考えていたわけです。いわしの頭をひいらぎの枝に刺したものを柊鰯、鰯柊と呼ぶこともあるそうです。

恵方巻き

恵方巻きは、関西からはじまった

関西発祥で、今では関東にも広がっているという感じですね。食べる理由は、どうもはっきりしません。いろいろあるんですが、どれもあやしいものです。

その年の恵方を向いて、食べ切るまでしゃべらない、などという食べ方が正しいというのも果たして?という程度だそうです。

恵方巻とは、節分に食べる海苔巻のことで、1年ごとに異なる方角を向いて、だまって1本を食べきるというんですが、不思議なイベントですね。

恵方巻の由来については諸説あって、大阪船場のおいらん遊びが元々の始まりだという説や大阪の海苔販売業者が、昭和の初めに幸運を呼ぶ海苔巻を広めたという説があります。
しかし、本命は1998年にセブンイレブンが始めた「丸かぶり寿司 恵方巻」という商品じゃないかと思います。

その他の節分の食べ物

節分豆も厄除けで最も一般的

豆まきすることで鬼を外に追い出すんですね。「鬼は外、福は内」と言って豆をまく方法が一般的です。

自分の年齢より1つ多く豆を食べるというのもありますが、きっと普通に行われているんでしょう。

節分そばは昔の年越しそば

そばは年越しそばのイメージがありますね。2月の節分で食べるのは何故でしょう。

これは、昔の大みそかは節分の日だったことわかると思います。ようするに、年越しそばだったんですね。その風習が今も残っている考えられます。

けんちん汁は栄養補給

けんちん汁は具材たっぷりです。いわしとの相性もいいものです。絶対的な理由はわかりませんが、冬の時期にしっかりと栄養を取ることを大切にしていたように思います。

こんにゃくは体を浄化

こんにゃくも節分に食べると良いとされているみたいです。節分の砂おろしとしてこんにゃくを食べる地域があるそうです。