節分の由来、季節の分かれ目の鬼と豆、恵方巻き、福茶の意味と習慣

節分には豆以外にも食べる習慣があった

それだけ大切にされてきた行事だから

節分には、節分豆以外にもけっこう有名な食べ物があります。最近では、特に恵方巻きやいわしが有名になりました。

恵方巻きはスーパーで沢山の種類が並んでいます。また、コンビニなどでも予約を受け付けているくらいです。

まあ、他にもいろいろな料理が節分の習わしとして伝えられてるわけで、中には、あまりお目にかかったこともないような料理もありますね。

では、なぜこんなに料理が大事にされてきたのか、それは、節分は旧暦では大晦日にあたるんです。だからこそ、1年を締めくくろうという気持ちが形になって残っているんです。

節分ならではの料理メニュー

焼きいわし

恵方巻き

けんちん汁

節分そば

福茶

こんにゃく

それぞれ全国的なものですが、地域によっては風習が違っていたりしますね。

焼きいわし

いわしを食べる理由は厄除け

いわしの臭いが鬼を遠ざけるということだそうです。しっかり味付けすれば、いわしの臭みが取れます。いわしは体に良い青背の魚なので、冬の健康維持にも最高です。

まず、いわしの頭をひいらぎにさして戸口において鬼の侵入を防ぎます。そのいわしを夜食べるんですね。

鬼の嫌いな臭いいわしの頭と痛いひいらぎのトゲというふうに考えていたわけです。いわしの頭をひいらぎの枝に刺したものを柊鰯、鰯柊と呼ぶこともあるそうです。

恵方巻き

恵方巻きは、関西からはじまった

関西発祥で、今では関東にも広がっているという感じですね。食べる理由は、どうもはっきりしません。いろいろあるんですが、どれもあやしいものです。

その年の恵方を向いて、食べ切るまでしゃべらない、などという食べ方が正しいというのも果たして?という程度だそうです。

恵方巻とは、節分に食べる海苔巻のことで、1年ごとに異なる方角を向いて、だまって1本を食べきるというんですが、不思議なイベントですね。

恵方巻の由来については諸説あって、大阪船場のおいらん遊びが元々の始まりだという説や大阪の海苔販売業者が、昭和の初めに幸運を呼ぶ海苔巻を広めたという説があります。
しかし、本命は1998年にセブンイレブンが始めた「丸かぶり寿司 恵方巻」という商品じゃないかと思います。

その他の節分の食べ物

節分豆も厄除けで最も一般的

豆まきすることで鬼を外に追い出すんですね。「鬼は外、福は内」と言って豆をまく方法が一般的です。

自分の年齢より1つ多く豆を食べるというのもありますが、きっと普通に行われているんでしょう。

節分そばは昔の年越しそば

そばは年越しそばのイメージがありますね。2月の節分で食べるのは何故でしょう。

これは、昔の大みそかは節分の日だったことわかると思います。ようするに、年越しそばだったんですね。その風習が今も残っている考えられます。

けんちん汁は栄養補給

けんちん汁は具材たっぷりです。いわしとの相性もいいものです。絶対的な理由はわかりませんが、冬の時期にしっかりと栄養を取ることを大切にしていたように思います。

こんにゃくは体を浄化

こんにゃくも節分に食べると良いとされているみたいです。節分の砂おろしとしてこんにゃくを食べる地域があるそうです。

福茶

豆まきで用いた節分の豆でお茶を出したもの福茶です。豆まきで用いる節分の豆は神聖なものですから、その豆を使ったお茶はとても縁起の良い飲み物とされているんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする