緑茶と烏龍茶、紅茶、プーアル茶にさんぴん茶とジャスミン茶の違い

緑茶か烏龍茶か、どっちのが体に良いんだろう??

日々健康を気にしているあなたは何を飲んでいる?

多くの日本人は普段からお茶を飲む機会があると思いますが、最近ではスーパーや薬局などにダイエット茶や美容・健康によいお茶などが並びます。

お茶の美容・健康作用は注目されているようです。緑茶と烏龍茶では、どちらがより体にいいのでしょうか。

緑茶の効果

緑茶を飲むといいことがある?!

緑茶には、「カテキン」という成分が一番多く含まれています。中でも、煎茶や番茶に多く含まれています。緑茶にカテキンが多く含まれている理由は、発行されていないお茶だからです。

お茶に含まれる「カテキン」がダイエットに良いと紹介されているのを聞いたことがある人も多いかもしれませんが、これは本当で、カテキンはポリフェノールの一種です。抗酸化作用、血糖上昇抑制作用や、コレステロール上昇抑制作用、整腸作用があると言われています。

また、脂質を燃やす働きをする酵素を活性化させる効果もあり、食べるものの脂質や溜まってしまっている脂質を分解・燃焼する効果があることが分かっています。

烏龍茶の効果

烏龍茶を飲むといいことがある?!

烏龍茶は、緑茶を半発酵させたものにあたります。上記で紹介した健康に良い「カテキン」は発行によって失われてしまう成分なので、半発酵されている烏龍茶には、緑茶のようにカテキンが多く含まれていないです。

しかし、だからと言って烏龍茶の方が緑茶よりも体に良くないわけではありません。烏龍茶は発行する過程で、烏龍茶重合ポリフェノールという成分ができます。

この烏龍茶重合ポリフェノールは、脂肪の吸収を抑えて、溜まった脂肪を排出する効果があります。ポリフェノールなので、効果はそれだけでなく、カテキン同様、抗酸化作用、血糖上昇抑制作用や、コレステロール上昇抑制作用、整腸作用などの効果も持ち合わせています。

より体にいいのは、、、

選ぶポイントは体を冷やすかどうか

緑茶と烏龍茶の健康作用について、ほとんど差はなく、同じような効果を持っているということがわかったかと思います。

つまり、どちらも体によいお茶であるということになります。しかし、1つだけ注意するべきポイントがあるとするならば、緑茶は体を冷やす性質があるということです。

つまり、体を冷やさないためには烏龍茶の方がよいと考えられます。最近では、冷えは体の機能を弱めてしまうなどと言われることもありますので、総合して考えると烏龍茶の方が健康的なのかもしれません。

緑茶、ウーロン茶、紅茶の違い

違いは茶葉のつくり方

じつは、緑茶もウーロン茶も紅茶も、いわゆるお茶といわれるものは、すべて学名が「カメリアシネンシス」というツバキ科の樹木からできているそうです。

ただ、その樹木の育て方にも違いがあるので、逆に、、まさか同じ種類の樹木だとは想像できないというのが正直です。

そして、この樹木の葉を乾燥させてお茶にするわけですが、そのとき、お茶の葉に含まれる物質が酸化します。

その酸化の度合いによって、緑茶、ウーロン茶、紅茶などの種類のお茶が生まれたというのがお茶の広がりになっているんですね。

お茶の発酵は酵素の働き

酵素による酸化度合いの違い

ふだんよく飲むお茶の中に、発酵茶というものがあるそうです。お茶の葉を発酵させるわけですが、一般的な発酵とは少し違うのですね。

発酵食品の中で、すぐにイメージするのは、味噌や納豆、ヨーグルトでしょう。これは、細菌や麹と言った微生物のはたらきによって、食品を変化させます。

ところが、お茶の発酵は、それとは違うんです。お茶の葉にはポリフェノールオキシダーゼと呼ばれる酸化酵素があるそうです。この酵素による発酵です。

この酵素には、お茶に含まれる、カテキンなどのポリフェノールを酸化させる働きがあるんですね。

通常の葉では、酸化酵素とポリフェノールは別々に存在しているんですが、茶葉を揉むと両者が混ざり合って、酸化酵素の働きが促進されます。

これによって、茶葉の色や香味が徐々に変化していくわけです。これをお茶の発酵といって、いろいろなお茶を作るしくみになるそうです。

お茶の違いは発酵の違い

世界中のお茶の違いは、製法の違いなのです。そして、緑茶と烏龍茶と紅茶の大きな違いは、茶葉の酸化度合いの違いなんですね。

烏龍茶や紅茶が、緑茶に比べると茶葉の色が赤いのは、これは茶葉に含まれるポリフェノールが酸化して赤くなるからなんですね。

発酵の違いで生まれるお茶の違い

6種類に分類することができる

1.不発酵茶(緑茶)

いわゆる煎茶などです。蒸す、炒る、煮るなどの熱を加えることで酸化酵素の働きを止めます。発酵が行われないので、茶葉の鮮やかな緑色が残るわけです。

2.弱発酵茶(白茶)

発酵を軽く行ってから作られるお茶です。太陽光や室内に放置して自然に萎れさせた後、そのまま乾燥させます。あっさりとした上品な香りです。後味が甘いのも特徴です。

3.半発酵茶(青茶)

これがウーロン茶です。発酵をある程度行った後に熱を加えて、酸化酵素の働きを止めます。緑茶と紅茶の中間に位置します。

4.発酵茶(紅茶)

十分に発酵させてから作られるお茶です。果物や草花などの香りや芳醇な味わいが特徴です。

5.弱後発酵茶(黄茶)

日本ではなじみのないお茶です。酸化酵素を使わずに、もんこうという方法で発酵させたお茶です。

6.後発酵茶(黒茶)

中国のプアール茶が有名です。茶葉を加熱して酸化酵素の働きを止めてから、乳酸菌や酵母などの微生物を用いて発酵させたお茶です。

いわゆる発酵について

お茶との違い

普通、一般に発酵と呼ばれるのは、酵母菌や乳酸菌、納豆菌のような微生物のはたらきによって行うものです。

微生物は、自分の体内にある酵素を使って、有機化合物を酸化させ、エネルギーを得ます。そのとき、微生物はアルコールや有機酸、二酸化炭素などの物質を生成します。

お茶の発酵は、茶葉の中にある酵素が、茶葉に含まれるタンパク質である、ポリフェノールを酸化させるので、いわゆる発酵とは少し違うわけです。

ただし、プーアル茶は酸化発酵ではなく、緑茶の状態の茶葉に麹菌をまぜて発酵させて作ルので、発酵食品と言うことになるわけですね。ります。

プーアル茶は麹の発酵によって、有機酸が生成されるので、少し酸味があります。また、プーアル茶には、熟茶と生茶があり、麹によって発酵させているのは熟茶だそうです。

さんぴん茶とは?

沖縄の定番茶

沖縄で食事すると、必ず出てくるのがお茶です。それも、決まって、「さんぴん茶」。ほんのりと香りのよいおいしいお茶です。

しかし、そのお茶、どこかで飲んだことがあるよな、なんて思っていたら、調べてびっくりです。沖縄で定番の、さんぴん茶その秘密です。

実は、さんぴん茶は、中国のジャスミン茶と非常によく似ているのです。というより、ジャスミン茶そのもののような気がしてきます。でも、呼び名が違う。なぜでしょう。

ジャスミン茶との違い

さんぴん茶の名前の由来

ではその呼び名ですが、実はそれもルーツは中国なんですね。実は、中国ではジャスミン茶のことを中国語では「シャンピェンチャ」(香片茶)というのだそうです。

もうこれでお分かりだと思います。そうなんです。何を隠そう、さんぴん茶はジャスミン茶そのものなんですね。

シャンピェンチャの呼び名が、沖縄に入って、なまって「さんぴん茶」になったというわけです。ただ、さんぴん茶は本場のジャスミン茶に比べると柔らかく、まろやかだと言われています。

さんぴん茶とジャスミン茶の違い

というわけで、さんぴん茶とジャスミン茶は、基本的には同じものです。というより、そもそもジャスミン茶という茶葉があったわけではありません。

緑茶やウーロン茶の茶葉にマツリカいわゆるジャスミンの香りをつけたものがジャスミン茶です。

さんぴん茶の効能

さんぴん茶のリラックス効果

さんぴん茶にはジャスミンの花に含まれているベンデルアセデートとリナロールという香り成分が含まれているので、あの香りがします。

その香り成分は、自律神経の緊張を緩和する効果を持っているそうです。したがって、ストレスによる負担を抑えたり、脳をリラックスさせてくれる効果が期待できるということです。

さんぴん茶の覚醒効果

さんぴん茶には、コーヒーとは比べるほどではないですが、カフェインは100mlあたりに15〜17mg含まれているそうです。

これは、ほどよい覚醒効果だと言われていて、朝の目覚めをよくする効果もあるということです。朝起きて一番にさんぴん茶を飲むのはいいことだし、仕事の合間に飲むのもいいですね。

カフェインを比較

さんぴん茶のカフェイン含有量は100mlあたり15〜17mgで、コーヒーや紅茶、煎茶と比べても少ないので、カフェインが気になり人にとっては、さんぴん茶はおすすめです。
・コーヒー:60mg/100ml
・紅茶:30mg/100ml
・煎茶:20mg/100ml

さんぴん茶の楽しみ方

さんぴん茶のおいしい入れ方

適温の80度で茶葉を蒸すのがおいしく飲み方だと言われています。

熱いお湯を急須に入れ、それを一度、全員分の湯呑みに入れるのです。それから、湯呑みの湯を急須に戻したあたりで温度は適温の80度くらいになるそうです。

沸騰したやかんから茶碗や湯呑みに注ぐだけだと、約8度〜10度下がるだけです。

次に、急須に茶葉を入れ、湯呑みのお湯を注いでから、30秒〜1分ほど待ちます。

湯呑みに最後の一滴まで注ぎきってからゆっくりと飲みます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク