緑内障予備軍とは、年齢との関係、手術をしても失明のリスクも高いわけ

40代以上の人は要注意。本当に怖い緑内障の危険性

緑内障の原因

緑内障は、眼圧などが上昇して、視神経を圧迫し、視野が狭くなる病気です。一説によれば、日本人の40代以上で20人に1人が緑内障を患っていると言われています。

この緑内障、何が怖いかといえば、自覚症状がないままに進行していくことにあります。そして、気づかないまま放置しておくと、失明の危険性さえあるのです。

40代を過ぎたら、眼科で定期的な診察を受けることが大切だということです。

元に戻らない視野

緑内障の治療方法

緑内障を発症し、視野が狭くなってしまったら、手術をしても元には戻りません。手術でも完治しないのです。

ですから、手術や目薬で眼圧をコントロールして、今以上にひどくならないようにする方法しかありません。現代の医学でも完治する手段がないため、早期発見、早期治療が肝心になります。

自分で発見できる緑内障

緑内障のチェック方法

自分が緑内障であるかどうかをチェックする方法があります。簡単な方法ですから、心配な方は試してみてください。

まず片方の目をつぶります。そして、開いている方の目の前に指を立てます。その後、もう片方の指を動かして、指の動きが見える範囲をチェックするのです。

正常な場合、鼻に近い方で約60度、耳に近い方で約90度は見えると思います。それよりも視野が極端に狭い場合、片方が異常に狭い場合などは、一度、眼科で検査を受けた方が良いでしょう。

似ている名前だけど別の病気。緑内障と白内障

白内障とは

白内障は、その名の通り、目の中にある水晶体が白く濁る病気です。この病気の人は、目を見ると白く濁っているので、一目でわかります。

緑内障とは違い、手術でほとんどが回復するので、緑内障ほど怖い病気ではありません。

緑内障と白内障

緑内障と白内障は、名前こそ似ているものの、全く別の病気です。そのため、緑内障と白内障の両方にかかってしまうこともあります。

白内障の原因は、加齢によるものが多いようです。80歳以上になると、ほぼ100%が白内障にかかると言われています。そのため、年間で100万件近くの手術が行われています。

緑内障にならないためにはどうすればいいの?

緑内障の予防方法

緑内障には、効果的な予防方法はありません。そのため、緑内障の兆しを早期に発見して、早期に治療を開始する必要があります。

自覚症状もない場合がほとんどなので、40代を超えたら、マメに自分で緑内障のチェックをして、少しでも異常が感じられたら、速やかに眼科で検診を受けるようにしてください。

どんな人が緑内障の危険性が高いの??

緑内障の危険因子

生まれつき眼圧が高い人がいます。そのような人は、緑内障になる危険性が高いと言えます。

また両親や兄弟に緑内障がいる人は、注意が必要です。しかし、緑内障のタイプによっては、遺伝が関係しない場合もあるので、身内に緑内障の人がいないからといって、安心してはいけません。

近視の人や高齢者の方も注意する必要があります。大切な目ですから、失明しないためにも、十分に注意してケアする必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする