プリン体と痛風の関係、高尿酸血症、尿路結石につながる食べ物とは

とにかく痛い、痛風の原因をさぐる

痛風の恐ろしさは突発的

昔は、痛風はぜいたく病とも言われました。たしかに、痛風になった人は中年のおじさんだったものです。

しかし、最近の痛風患者は30代の男性が最も多いそうです。また、成人男性の4人に1人が痛風予備群と言われているんですよ。

痛風は初期症状はありません。そして、ある日突然にやってきて、キリで穴を開けられたような痛みに襲われます。

発症すると歩くことさえ困難になり、ときには救急車で運ばれる人もいるほどなんです。

尿酸値を下げることで痛風を避けられる

血液中の尿酸量のことを尿酸値と言うんです。名前だけ聞くと、尿の酸性度かな、と思ってしまいそうですが、尿酸値は血液中の尿酸の濃度のことを言うんですね。

この尿酸の値が高くなると、血液中に溶けきれなくなった尿酸が結晶化し、これが尿酸塩です。この尿酸塩が関節から剥がれ落ちる時にですね、なんと、白血球が敵だと認識し攻撃してくるわけです。これが痛風発作です。

プリン体と尿酸の関係

体に欠かせないプリン体の正体

ビールのCMでプリン体ゼロなどと言うのは聞いたことがあるはずです。かといって、じゃあ、プリン体っていったい何なの、といわれたらほとんどの人はわかりませんね。

じつは、プリン体は細胞の核にある核酸を構成する重要な成分なんです。そう、私たちの身体の中にも、食べ物の中にも存在しているんですね。

細胞が新陳代謝すると、体内でプリン体が発生します。それに加えて食べ物を通じて取り込まれたプリン体が肝臓で分解されて、尿酸という物質になるんです。

これで、やっと尿酸が出来上がるメカニズムが見えてきたと思います。さて、肝臓で分解された尿酸はどうなるんでしょう。

プリン体は、腎臓で濾過され、その一部が尿や汗となって体外に排出されます。それ以外は細胞や血液に溶けこんで体内にプールされるんですね。これが、血中の尿酸濃度なんです。

健康体の場合、体内にプールされる尿酸の量は一定に保たれています。これが何らかの理由で尿酸が過剰に作られたり、体外への排出がうまくいかなかったりした場合、血液中の尿酸の量が上昇してしまい、一定量を超えると尿酸が結晶化するわけです。

そして関節などに付着して、痛風の一歩手前の状態が起こります。

プリン体さえなければ、では解決しない

高尿酸血症を改善しないといけない

痛風を予防するには、尿酸の原材料であるプリン体を断ち切ってしまえばいいように思えますが、それは全く間違っています。

まず、プリン体は、細胞の核にある核酸を構成する主成分です。だから、細胞があるところには、かならずあるんです。

そして、それは、なければならないものです。しかもプリン体全体量のうち、体内で作られるものは80%から90%にもなるんですよ。。

したがって、食べ物からのプリン体を減らすだけでは、痛風予防にはならないことは一目瞭然ですね。

本当の痛風の原因を知る

高尿酸血症が増加している理由

1.内臓脂肪

内臓脂肪が多いと痛風リスクが高まるんです。内臓脂肪と尿酸値は明らかにリンクします。内臓脂肪が過剰になると分泌されるアディポネクチンという物質の量が減少して、尿酸値が上昇するんです。

内臓脂肪型肥満は男性に多い肥満だといわれます。内臓脂肪型肥満は見た目ではわからないということも多いので、健康診断の内容から判断します。

2.激しい運動

運動によって内臓脂肪を含む脂肪が減少すれば痛風リスクは低減するはずですね。しかしマラソンのような激しい運動や筋トレのような無酸素運動は、身体の中のエネルギー源からプリン体を生成してしまって、逆に尿酸値が上昇してしまうんです。

また激しい運動を行うと、腎臓への血流量が減少します。そうなると、腎臓からの尿酸排出量が減少してしまうわけです。

痛風などの生活習慣病を防ぐには、心拍に過剰な負荷をかけずに長時間続けることのできる、ジョギングやウォーキングのような有酸素運動が好ましいと言われるのはそのためです。

3.アルコール

アルコール自体が尿酸値を上昇させます。肝臓がアルコールを分解するエネルギーでプリン体の代謝が進んで、尿酸値を上昇させてしまうんですね。

また、血中の乳酸濃度が上昇すると、腎臓の尿酸排出機能が低下してしまいます。すなわち、アルコールも、尿酸の増加と排出の低下ということを引き起こしているんです。

4.肉中心の食事、コンビニ食

伝統的な日本食から、肉食中心の食生活への変化が、日本における若者の痛風患者の増加につながっているといわれます。

さらに、ジャンクフードやコンビニ食と言った貧弱な食生活も痛風患者増加の要因だともいわれます。

野菜に比べて肉には圧倒的に多くのプリン体が多いんです。また肉は酸性度の強い食べ物で、尿酸は酸性度の強い血液に溶けにくいんです。

そして、溶けきれなくなった尿酸が結晶化しやすくなるわけです。

またコンビニ食やジャンクフードには加工食品なので、消化酵素がほとんど含まれていません。そのために肥満になりやすいんです。

酸性度も高く、痛風に限らず糖尿病などの生活習慣病も招きやすくなるといわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする