成人式の服装レンタル、振袖かドレス、袴かスーツどれを借りる?

成人式の服装のマナーとは

特別に決まっていないからこそマナーが大切

成人式の服装にはそんなに厳格な決まりはあるわけじゃないです。しかし、マナー違反にならない、清潔感のある服装で臨むことは分かりきった話ですね。

もちろん、成人式は公式の場と考えられます。そして、新成人を祝福する式典ですよね。ということは、少なくとも周りを不快にしない清潔感ある格好は常識でしょう。

女性は振り袖が一番人気

ここ一番のおしゃれが人気の原因

女性に人気はやっぱり振袖です。成人式と言えばやっぱり振袖なんですよね。成人式に参加する女性の9割以上は振袖だといわれています。ワンピースなどの洋服を着用する人は、とても少ないみたいです。

最近は着物はレンタルする人が多いみたいです。その着物をレンタルするために予約を入れるわけですが、そのピークは、なんと成人式の1年前だそうです。

直前の予約では、好みの着物が予約できないことが多いみたいです。そういうわけで、着物のレンタルを考える場合は、早めに予約が必要だと言うことを忘れないでください。

美容院も満員御礼、振袖に似合う髪型は?

振袖に合わせる髪型は、最近はけっこう自由になっているようです。アップスタイルはもちろん、ゆるふわの巻き髪、ヘアアクセで飾ったボブなどもよく見かけます。

きちんとコーディネイトできていれば、好きな髪型で問題ないのでしょう。美容師さんとよく相談して、お気に入りの振袖ヘアスタイルにしてもらえばいいでしょう。

男性はスーツが主流

和服の紋付袴も底堅い

新成人がスーツをきれいに着こなすには、自分の体に合ったものを買うことです。とってつけたみたいな、借り物のスーツ姿にならないためにも、しっかりと選びましょうね。

スーツを選ぶときは、当然のことですが、必ず試着してチェックします。なお、スーツのボタンは下の1つを開けて着るのがマナーですよ。

袴を着るときの注意点

若々しさがでるように、品の良い着付けをしてもらうと好感度が上がるみたいです。

角帯を1~2㎝見せて袴をつけて、前裾は足の甲がぎりぎり隠れるくらいにして、後ろは少し上がるくらいが品のある裾丈ですね。

着こなしさえうまくいけばいい

振り袖を着こなす

女性が振袖を着るようになったのは、1960年代の高度経済成長期以降のことです。

そんなに古くからの習慣ではないみたいですね。それまでは女性もスーツ姿が主流でした。

フォーマルウェアをそろえよう

成人式で着る正装用の服装や装身具は、両親から贈られるのが多いみたいですね。この機会に、フォーマルウェアを新調することも多いでしょう。

女性でもし、着用するのがビジネススーツだとしたら、成人式の後に就職活動でも役に立ちますね。問題は、ビジネススーツでは少々地味だということ。

その場合はシャツを華やかなデザインにしてみたり、鮮やかなコサージュやブローチをつけるのもいいでしょう。

また、髪飾りやカチューシャでアクセントをつけるのもいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする