ノーベル賞を決める人は誰か、どこの国のどんな人?ノーベル賞の由来

ダイナマイトの開発から生まれたノーベル賞

多くの犠牲者を悼み、平和を望む気持ち

ノーベル賞のノーベルというのは人の名前です。スウェーデンの科学者、アルフレッド・ノーベルのことなんですね。

ノーベルは、ダイナマイトを発明しました。ノーベルが発明したダイナマイトは、それまで使われていた火薬や爆薬より安全でした。

爆発力も断然強く、土木工事などに利用されるようになったんですね。しかし、ダイナマイトの材料はニトログリセリンです。

これは液体でとても爆発しやすかったんです。そのために、ノーベルがダイナマイトを発明するまでに、ノーベルの弟も含めて、多くの人が事故で亡くなってしまったんですね。

戦争に使われたダイナマイト

さらに、ダイナマイトが戦争でも使われ、たくさんの命をうばいました。自分の発明のために、多くの人が亡くなったことに強く心を痛めていたそうです。

それで、ノーベルは、ダイナマイトの発明で得たお金を、平和や科学の発展に使いたいと考えました。そして、遺言として、そのお金をもとにして、世界の人々に役立つ研究や活動をした人に賞としておくるよう残したんです。

ノーベル賞が始まったのは1901年

第1回のノーベル賞は、ノーベルが亡くなって5年後の1901年です。ノーベル賞の授賞式は、毎年12月10日の午後4時30分からです。

これはノーベルが亡くなったのと同じ日、同じ時間で、そのとき人類に最大の貢献をもたらした人々に贈られるとされています。

ノーベル賞は5部門+1?

世界最高の賞といわれる所以

ノーベル賞には、物理学賞、化学賞、生理学・医学賞、文学賞、平和賞の5つの部門に加えて、スウェーデン銀行が1968年に創設した経済学賞があります。

それぞれの部門で毎年11、各部門3人までに賞がおくられています。人類のためになる偉大な発明や発見をしたり、すぐれた作品をつくりだしたりした人たちと定められています。

ところが、受賞者がどのように決まるかは公表されていないんですね。専門の選考委員が、あらゆる研究や作品の中から、最もふさわしいものを選ぶといわれているんですが、その選考基準は非公開です。

受賞者が発表されるのは、毎年10月です。受賞者には電話で知らされるんですよ。そして、12月の授賞式では、メダルと賞状、そして賞金がわたされるわけです。

日本人の受賞者について

日本人で初めて受賞したのは湯川秀樹博士

1949年、湯川秀樹博士が、日本人で初めてノーベル賞を受賞しました。受賞の理由は、1934年に発表した「中間子論」というものでした。

この理論は、すべての物質をつくっている目に見えないほど小さな原子、その中心にある原子核についての研究でした。

陽子と中性子をつないでいる物質を、中間子だということを予測したものです。その後、科学の分野では、朝永振一郎博士、江崎玲於奈博士、利根川進博士などが受賞しているんですね。

ノーベル賞の賞金は?

ノーベル賞の賞金は時代によって金額が変わってきているんです。2001年から2011年までは、一つの賞につき1,000万スウェーデン・クローナということで、今のレートに直すと、約1億2,500万円になります。

2012年からは800万スウェーデン・クローナで現在のレートでは約1億円になります。

ところで、科学系の賞では一つの賞を3人まで受賞することがよくあるんですね。そうなると、その800万クローナを受賞者で分配することになるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする