目の疲れの原因とは?目の充血やかすみ目、目のかゆみ視力低下の不安も

目の疲れとは?

どうして、こんなに目が疲れるの

インターネットやスマートフォンなどが普及している今、目の疲れを訴える人が急増しています。

ではその根本的な原因はどんなものか、状態、症状が進行するとどのようになるのか、また解決策は何なのか、考える必要があるようです。

目の疲れの原因

必ず原因があるはず

目が疲れる、目が痛い・重いといったとき、休憩したり、眠ったりすれば治るのは「疲れ目」治らなくて、症状が頑固に続くのは「眼精疲労」と、医学的には言われています。

目の疲れの日常生活から考えられる原因には以下の5つが挙げられます。

・デスクワークによる目の使い過ぎ

パソコンや携帯電話の画面を長時間見続けたり、手元で細かい作業を 行い目に負担をかけすぎると、目の中の細胞や筋肉が疲れてしまいます。

・度の合わないメガネやコンタクトレンズの使用

自分に合ってないメガネやコンタクトレンズをしていると、目の筋肉が無理にピントを合わせようとして、目が疲れやすくなります。

・老眼

老眼は40歳前後から始まる目の老化でピントを合わせようとする力が衰え、小さな文字を長時間読むようなことが続くと目が疲れ易くなります。

・自律神経の乱れによる血流の悪化

ストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れると、目の筋肉が緊張したり、涙の分泌量が減ることがあります。その結果、目の血流が悪化したり、目が乾きやすくなり目が疲れると言った症状が出ます。

・目の疾患やその他の身体の病気

目の疾患が原因の場合

近視、遠視、乱視、ドライアイ、斜視、白内障、緑内障。
これらが原因の場合は症状が進行すると失明につながるので早急に診察を受ける事をおすすめします。

身体の病気が原因の場合

風邪・虫歯・高血圧・低血圧・自律神経失調症・貧血など一見目とは関係のない病気とおもわれますがそれらが原因で『眼精疲労』が起こることもあります。眼科での治療とあわせてそれぞれの病気の専門医療機関でも治療を行う事をおすすめします。

目の疲れの症状

いろいろな症状が存在

目の症状としては、目がぼやける・かすむ、目が痛い、充血する、目が重い・しょぼしょぼする・まぶしい・涙が出る。体の症状としては、肩こり・倦怠感・頭痛・めまい・吐き気などがあります。

症状が進行すると・・・先程挙げたように疲れ目⇨眼精疲労というように進行します。では、眼精疲労が進行するとどのような状態に陥るのでしょうか?

具合的に挙げると神経過敏(目の奥、眉間の痛みが頻発)、頭痛(眼筋の凝りや、それを誘因とする片頭痛)、眼瞼痙攣(瞼、眼の下がピクピクするのが止まらない)、心の病(仕事のストレスに加え、眼の症状に対する不安から発症)と言ったことが挙げられます。

解消法

目のツボのマッサージ

目の疲れを軽減してくれるツボとして、目頭と鼻の間には「睛明(せいめい)」、眉頭には「攅竹(さんちく)」、眉尻と目尻の間から親指1本分うしろのへこんだところ、こめかみのあたりには「太陽(たいよう)」があります。

これらのツボを、指の腹を使って順にやさしく5秒ずつ×各3セット、刺激をしていきます。
爪を立てずにゆっくりと、そして強過ぎず痛気持ちいいと感じる力加減で押していくのがポイントです。

ホットタオルで血行促進

長い時間、細かい字をみたり、パソコンやテレビなどに見入った後は、ショボショボ目になりやすいですね。ショボショボするのは、目の血管が血行不良になってしまった合図。

熱めのお湯でしぼったタオルで目を覆うようにパックしましょう。目の周りの血管が広がり、血行が良くなります。(やけどに注意!)冷やしたい場合は温めた後に交互にやると効果的です!

その他にも温かいお風呂に入る、ビタミンが入っているサプリメントを摂取する、目に良いとされているブルーベリーや青魚を摂取すると目の疲れの改善にいいとされています。

目が疲れていると全身に支障をきたす事もあるのでまずは予防する事が大切です。

予防法

予防法と言っても日常生活の中で全て出来る簡単な事です。

・質の良い睡眠をとる(最低でも6〜7時間)
・パソコンを使用するデェスクワークでの仕事の場合は1時間目を使ったら10分程度の休憩をとる。
・就寝前は1時間前後スマートフォンなどの使用を控える。

どれも簡単に普段の生活の中で出来る事です。どれも少し意識出する事で出来る事なのでまずは目を疲れないように心掛ける事が大切という事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする