女性服のサイズの仕組み、号数はなぜ奇数番号なのか、SMLとの違い

女性の服の仕組みってどうなっているの?

女性の服のサイズの仕組み

洋服のサイズにはS・M、Lほか何号と言っ表記方法があり、一度は目にした事がありますよね。この表記方法は日本特有の表記方法です。

海外では1・2・3と言った数字表記に外国の服も同じサイズでも作られた国によってはサイズが違う場合があります。

服のサイズの呼び方

なぜ号数は奇数なのか!

男性の服の服のサイズはS・M・L・LLの4に分類されていますが、何故女性の服のサイズにはS・M・Lの他に7号・9号・11号と奇数だけのサイズがある事に疑問に思った事はありませんか?

その理由は、戦後に洋服の小売商人がアメリカに視察に行った時にアメリカで当地のサイズ表記をそのまま日本に持ち帰っと事が始まりです。

当時の日本の婦人服のサイズは大雑把に「S・M・L」とあり、しかも、メーカーによってもその基準はバラバラで洋服を購入する時にサイズが合わなかったりとしたため号数を取り入れたと言われています。

その為、日本でのサイズ表記は2パターン存在するのです。では、何故号数は奇数表記なのでしょうか。

それは、号数がアメリカ表記という事から来ています。アメリカでは、成人サイズは偶数、ジュニアサイズが奇数で表示しているそうです。

しかし、日本では体が小さい為、アメリカのジュニアサイズが日本の成人女性にぴったりだった為日本の号サイズは奇数になったという事なのです。

【各国のサイズ表記】

・7号

およそSサイズに相当。(B80-82W60-62H86-88)・・・アメリカ4フランス36イタリア37

・9号

およそMサイズに相当。(B83-85W63-64H89-91)・・・アメリカ6フランス38イタリア40

・11号

およそLサイズに相当。(B86-87W65-67H92-94)・・・アメリカ8フランス40イタリア42

・13号

およそLLサイズに相当。(88-90W68-69H95-96)・・・アメリカ10フランス42イタリア44

何故フリーサイズ

フリーサイズはどのくらい

そもそもフリーサイズは必要なのでしょうか。洋服にはサイズがあるのに何故フリーサイズがあるのでしょうか。

フリーサイズとは名前の通りゆったりとした洋服の事を言い、ニット商品で伸縮性がが高い商品に使われる事が多くあります。

【良く使われる商品】

・ブラウス
・カーディガン
・ポンチョ
・パジャマ

これらの商品に良く使われる事があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする