鼻からの胃カメラが入らないとか痛いとか、それでも口からより楽な訳

体のことをもっと大切にしたい

人間ドック、検診、絶対に受けたい

健康に気を使って、体のことを調べたい、という方は多いですよね。そんな時に気になるのは、胃カメラではないですか?

胃カメラって、苦しそうだったり、痛そうなイメージがありますよね。ですがそんな胃カメラは、胃がんやポリープ、胃潰瘍やピロリ菌の有無まで調べられる、とても優れたものです。

健康を気にするのならば、是非やっておきたい検査ですが、胃カメラ自体への不安もありますよね。

そもそも内視鏡とは

小型カメラを胃の中に入れる?

内視鏡とは、体の中を撮影できる管のことを言います。この管の中には、ライトやカメラ、処置をするための鉗子、水や空気を送るためのノズルが入っています。

あの細い管にこんなに機能があるなんて、すごいですよね。

胃カメラが経口より経鼻へ

多くの人が受け入れた理由がある

少し前までは、胃カメラは経口が当たり前でした。ですが経口内視鏡は、「オェ」となったり、痛かったりで、とても苦しいものだったんです。

ライトやカメラだけではなく、鉗子なども入っているので、昔の技術では経口しかできないほどの太さの管しかありませんでした。

その結果「オェ」となる人が続出し、その苦しさが、患者から経口内視鏡で検査することを遠ざけました。

検査の必要な人も来なくなってしまったり、一度検査してからまた苦しさを味わいたくなくて、来なくなってしまう、ということが多くありました。

誰でも「オェ」となるのは嫌なものですよね。そこで研究が重ねられて、細い管を開発することができたことで、経鼻内視鏡をすることができるようになりました。

経口と経鼻の大きな違いは、「オェ」とならないことです。「オェ」とならないことで、検査に来る人が増えたといいます。

鼻からだと痛い?

痛いイメージは食わず嫌い?

鼻腔内の形は人それぞれですが、中には内視鏡が入らないくらい狭い方もいます。鼻から胃カメラを入れることで、粘膜が擦れ、痛みや出血につながります。

今は、麻酔や出血を抑える薬もありますので、一昔前よりは楽に胃カメラの検査を受けることができるんです。

それでも痛みを感じたり、出血する方も少なからずいるので、注意してください。ですが、内視鏡は進化していて、昔に比べると随分と受け入れやすいものになりました。

経鼻内視鏡の方が「オェ」とならない、痛みや出血がある場合もある、欠点はありますが、それでも経口内視鏡よりは受け入れやすくなっています。

もちろん、鼻からは痛いから嫌だ、経口でもなんともなかった、という方は経口内視鏡でいいんです。初めてだから怖いな、という方はお医者さんに話を聞いてみたらいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする