ポートフォリオは作品の一覧、実績のこと、経済や教育で使われる

就職、転職でも使用するポートフォリオの秘密

ポートフォリオとは

ポートフォリオの意味は、「書類入れ」や「折りカバン」といった意味になります。色々な書類をまとめるといった意味ということです。

元々は、イタリア語のポルタフォリオが語源と言われています。ポルタフォリオは「札入れの財布」という意味ですから、少し意味が違ってきていることがわかります。

そして現在では、ポートフォリオは、クリエイティブ業界、金融業界、教育業界で主に使用される言葉になっています。それぞれ、意味合いが異なる使い方をされていますので、これから詳しく見ていきましょう。

クリエイティブ業界では就職、転職の際に活躍するポートフォリオ

クリエイティブ業界でのポートフォリオ

クリエイティブ業界でのポートフォリオは、その人個人の作品集という意味合いで使用されます。イラストレーターであれば、今まで自分で描いたイラスト、WEBデザイナーであれば、今まで手掛けたホームページがポートフォリオになります。

ポートフォリオには、仕事上で手掛けた作品だけでなく、個人で制作した作品も含めることができます。

これらのポートフォリオは、就職、転職の際、面接で自分をPRするために使用されます。履歴書、職務経歴書以外に、ポートフォリオも一緒に提出することで、自分の実力、作風をわかってもらえることになるので、非常に有用です。

クリエイティブ業界は、実力世界ですので、マメにポートフォリオを準備しておくことが就職、転職で有利に働きます。

金融業界では商品リストとしてのポートフォリオ

金融業界でのポートフォリオ

金融業界でのポートフォリオは、金融商品の商品リストとしての意味を持ちます。

最近では、金利が低いせいもあって、個人投資をする人が増えています。そのような人たちが個人で保有する金融商品の一覧をポートフォリオと呼ぶのです。

また金融機関から販売されている保有商品は、リスクを分散するために様々な金融商品を組み合わせています。その組み合わせの一覧もポートフォリオと呼びます。

自分が購入する金融商品に、どのような金融商品が含まれているのかは、重要な情報となります。優れたポートフォリオを構成している商品は、人気の金融商品となります。

教育業界のポートフォリオは、生徒の個人情報

教育業界でのポートフォリオ

教育業界でのポートフォリオは、生徒個人の個人情報という位置づけになります。そのため、パーソナルポートフォリオとも呼ばれています。

例えば、課題で提出したレポートや美術の時間に描いた作品をファイルに収めて保管し、生徒の評価に使用するのです。最近では、活動の様子を動画に収めたものも保管するようです。

これらを生徒の評価に使用することで、従来の学力テストや知力テストだけでは評価しきれなかった部分まで評価できるようになります。個人の能力を総合的に評価できるため、様々な教育分野で使用されるようになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする