風邪薬、市販薬と処方薬の違い、風邪に効く薬はない、薬を飲む意味

市販薬と処方薬の効能の違い

早く治るのはどっち?

風邪をひき仕事や育児などで中々病院に行くことができたい時などついつい、市販の薬に頼ってしまいますよね!

そこで、思うのが市販薬と 処方薬って何が違うのか疑問に思った事はありませんか?これから寒くなり風邪を引く回数も多くなる季節になります。

市販薬と処方薬!成分の違い

どんな成分か知りたい!!

市販薬

自分で選ぶことができるのが、市販薬です。市販薬はドラックストアやインターネットで自分で選び購入する事ができます。

市販薬はいろいろなしょうじょ総合的に対処できるように作られています。総合的に対処できるということは、様々な成分が少しずつ入っているということです。

よって、治したい症状に効く成分は、ごくわずかである可能性があります。軽い症状の場合に「市販薬」はおすすめです。

処方薬

お医者さんが選ぶのが処方薬です。処方薬とは医師が診察し、患者の症状にあった薬を処方し、個々の患者に適した用量で処方された薬です。

処方箋により薬剤師が調剤し薬の説明をして患者へ渡されます。

市販薬の有効成分は2種類

処方薬があくまで基準

要指導医薬品・第1類医薬品

処方薬と同じ有効成分が入っていますが、処方薬の1/2〜1/3に抑えられているものもあります。

第2類、3類医薬品

ひとつの薬にさまざまな有効成分が入った総合的な薬で、合併症や副作用が起こらないように安全な用量で作られています。

処方薬の有効成分は1つの症状に対し処方されます。風邪で受診した場合熱や頭痛、喉の痛みなど様々な症状に応じて必要な薬を処方します。

風邪薬は効かない?

風邪薬は飲まなくても治る

風邪をひくと風邪薬を飲んだ方が良いのか悩みますよね。よく風邪は自然と治るものと言われていますがなぜ風邪を飲むのかというと風邪を治すのではなく緩和してくれる作用が風邪薬にはあるのです。

では、なぜ、市販薬や処方薬が売っていたり処方されるのかというと、先ほども言いましたが風邪の症状を緩和する事が目的です。風邪で高熱が出た場合はぐっすりねれない事があります。

早く風邪を治す場合はゆっくり寝て免疫力を上げる事が大切です。ぐっすり寝る為も薬で症状を和らげる必要があるため市販薬や処方薬はあるのです。

風邪薬は風邪を治すてにあるわけではなく症状を和らげる為にあるのです。早く風邪を治す為にはしっかりと体を休め栄養のある食べ物を食べ免疫力をあげることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする