赤ちゃん初めての絵本、読み聞かせはいつから始めて、何を選ぶか

読み聞かせは絶対にしたい

どんな絵本がいい?

“子どもに何かしてあげる”というと、何を思い浮かべますか?毛糸で何かを編んであげたり、たくさん話しかけてあげたり、思い浮かぶものは山ほどあると思います。

絵本もそのうちの1つですよね。ですが、絵本っていつから読んであげたらいいのか、何から始めればいいのかって、迷ってしまいます。

そもそも、赤ちゃんに読み聞かせをして、どんな効果があるのでしょうか。

赤ちゃんに読み聞かせをする意味

心の発達に間違いなくいい

赤ちゃんは体内にいる時から、外にいる音が聞こえているというのは、聞いたことがありますよね。その頃から絵本を読み聞かせるのも、いいと言われています。

ママやパパとのコミュニケーション手段にもなっているんです。子供の心の発達面に良い影響があることがわかっています。

集中力や言語力、想像力は赤ちゃんの脳の活発化に繋がるんですよ。

読み聞かせを始めるタイミング

いつから始めるのがいいか

言葉を理解していない赤ちゃんに、絵本を読み聞かせるタイミングって、難しいですよね。先ほども書いたように、大きいお腹に向かって絵本を読むことも、無駄ではありません。

1ヶ月からでも、2ヶ月からでも、あなたと赤ちゃんのタイミングでいいんですよ。絵本にも、音が出るもの、線が簡単なもの、手触りが違うものなど、様々な種類がありますよね。

どんな本を選んでも、コミュニケーションを取ることはできます。あなたが読んであげたいと思うもの、赤ちゃんが好きそうだなと思うもの、なんでもいいんですよ。

赤ちゃんへ贈る初めての絵本

絶対外せない定番

赤ちゃんへの初めての物は、どんなものでも迷ってしまいますよね。そんな方のために、おススメの絵本の選び方をご紹介します。

0ヶ月

0ヶ月の赤ちゃんは、目があまり見えていません。そのため、音に関する絵本を選んであげるといいですよ。擬音語や、赤ちゃんの言葉の絵本、音や音楽が鳴る絵本などがオススメです。

この系統の絵本は、1歳過ぎまででも使うことができます。弟や妹ができた時に、子どもが赤ちゃんに読み聞かせるのにも、簡単でオススメですよ。

2.3ヶ月

少し目の見えてきた赤ちゃんには、色がハッキリしていて、形が単調なものを選ぶと喜びます。まだまだ目がハッキリと見えていない赤ちゃんも、赤や青などの原色は、ぼんやりと認識できるようになってきます。

小さく英語のスペルが書いてあるものもあるので、選び方によっては長く使うことができますよ。

4.5.6ヶ月

この頃になると、目もある程度見えてきて、ママやパパの顔を見て笑うようになりますね。いないいないばあで喜ぶ赤ちゃんも、いると思います。

そんな時は、いないいないばあをしている本や、色々な表情が載っている本を選んであげるといいですよ。

その他にも、絵本の中に遊べる仕掛けのあるものや、飛び出す絵本など、子どもの興味を引きやすい絵本もオススメです。

無印の絵本ノートというものがあります。真っ白い何も書かれていない絵本に、妊娠中や、初めて会った時の気持ちなどを簡単なイラストと共に描いて、自作絵本を作成できます。

描くのが好きな方は、オリジナルの絵本も、気持ちが伝わってオススメですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする